タグ:おいしいもの ( 32 ) タグの人気記事

ベトナムではいよいよ明日から旧正月(テト)が始まります。
フエちゃんや孫たちもお里帰りしていることでしょう。
ハノイではイトコがいっぱいいて楽しく遊んでいるだろうな。



さて、
ベトナムの旧正月といえばバインチュンが付きもの。
youtubeで少人数用バインチュンの作り方を見つけました。
可愛いミニサイズですので初心者でも作りやすいかと。


ラゾン(ゾンの葉っぱ)は手に入りにくいとは思いますが、
ベトナム食材店で取り扱いがあるかもしれません。
要は煮ているうちに中身が出てこないように
完全密封すればよいわけで。
何か他の物でも代用できるかなあ?

緑豆は蒸したり茹でたりしてすり潰した後で裏ごしします。
(水分多めの方がボソボソしなくて旨いよ)
それともうひとつ、
肉の下味に使用するのはベトナムの紫色した小玉ねぎ。
あとニョクナムとか塩コショウだと思います。



以上、
ざっとご紹介しましたが、
作る気満々な方々はどうぞトライしてみてくださいな。



家庭で作るバインチュン動画_f0153497_08154064.jpg
今頃、お正月の支度で忙しくしているだろうベトナムの親戚たち。
どうぞみなさんで良いお年をお迎えください。



ポチっとしてくれると嬉しいです

by fukuzzz | 2020-01-24 08:24 | ベトナム | Trackback
ベトナムハムと煮凝り、そしてバインチュン解体法_f0153497_14393078.jpg
手前にございますのが、
豚耳・豚足・タン・キクラゲ等を煮詰めて
型入れして作った煮凝り。
コラーゲンたっぷりで豚の様々な部位の
旨さが凝縮しております。うんまい!!

右にあるのは、
滑らかでむっちり美味しいベトナム・ハム。



ベトナムハムと煮凝り、そしてバインチュン解体法_f0153497_14454799.jpg
こんなふうにバナナの皮に包んで蒸してあります。
豚肉は極限まできめ細かくすり潰してあるのか、
ハムというより魚肉ソーセージに近い感じ。
あっさりと美味しくパクパク食べられます。




ベトナムハムと煮凝り、そしてバインチュン解体法_f0153497_15005546.jpg
さて、
以前にもご紹介しましたが、
バインチュンの解体の仕方などをご説明。
(またフエちゃんにやってもらったのよ)



ベトナムハムと煮凝り、そしてバインチュン解体法_f0153497_15044834.jpg
出来立てのバインチュンは柔らかく、
包丁ではきれいにカットできません。
まずはラゾンの葉っぱを丁寧に剥がして
いきましょ。


ベトナムハムと煮凝り、そしてバインチュン解体法_f0153497_15073366.jpg
バインチュンを縛ってあった紐(竹皮のもある)
を洗って6等分に切り、
バインチュンに貼り付ける
ように置いていきます。



ベトナムハムと煮凝り、そしてバインチュン解体法_f0153497_15102081.jpg
はい、このように放射状に置きます。




ベトナムハムと煮凝り、そしてバインチュン解体法_f0153497_15112711.jpg
そこへお皿をぱふっと被せ、



ベトナムハムと煮凝り、そしてバインチュン解体法_f0153497_15125907.jpg
気合とともにエイヤッとひっくり返す。




ベトナムハムと煮凝り、そしてバインチュン解体法_f0153497_15145021.jpg
無事ひっくり返したら、
配置した紐をクロスさせてバインチュンを
スカスカ切っていきます。



ベトナムハムと煮凝り、そしてバインチュン解体法_f0153497_15195000.jpg
最初に十字に切っていくのがコツです。
(中の緑豆や豚肉がこぼれちゃうからね)
はい、あっというまにできあがり。



ベトナムハムと煮凝り、そしてバインチュン解体法_f0153497_15223421.jpg
しっとりクリーミーな緑豆に
ほろほろの豚肉。
そして絶妙の味付け。
まさしく、
絶品バインチュンでございました。
ごちそうさまでした。
ほんっとにほんっとに美味しかった。




★こちらのバインチュンを送ってくれたのは
フエちゃんのお友達で静岡県富士市の方。
なんでも昨年の11月に日本人の御主人と
居酒屋さん「わがまま」を開店したと聞きました。

夜は居酒屋さんで、ベトナム人の奥様は
ランチ時にこういったベトナム料理を
お客さんに出しているとのこと。
(㏂11:00~㏘14:00がランチタイム)
そう、
まさに知る人ぞ知る的な
本格ベトナム料理スポットここにありです。


お店の情報を漁ったら、
地元の不動産屋さんのブログに記事が載って
おりましたが、直リンは避けたいので
キーワードのみ載せておきます。

☆静岡県富士市の不動産
「ハートフル・ホームズ」のブログ内
以下のタイトルで記事があります。

「本日、11月18日オープン!!
居酒屋『わがまま』#富士市中央町」

興味のあるお方は
各自ググってみてください。




ていうか、
実に美味しいしまた食べてみたいな。
地元の人が羨ましいったら。。



by fukuzzz | 2020-01-07 16:03 | ベトナム | Trackback

お祝いのバインチュン

お祝いのバインチュン_f0153497_20151602.jpg
ご挨拶が遅れましたが、
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。



ところで、
ベトナムのお祝い料理に欠かせないバインチュン。
フエちゃんの日本在住のお友達から
送っていただきました。ありがとう
(後日、詳細記事載せます)



お祝いのバインチュン_f0153497_20201983.jpg
ベトナムハムとベトナム風煮凝りも一緒に
いただき、お正月の食卓がぱっと華やぎました。
いやもう、
さすがプロの仕事。
めっちゃ旨くて驚きましてございます。



お祝いのバインチュン_f0153497_20232401.jpg
こんな感じでドッカーンと宅配便が
届いたざーますのよ(笑)


お祝いのバインチュン_f0153497_20265234.jpg
そして、
手抜きの購入お節料理セットを並べました。
家で作ったのは、
黒豆・煮しめ・海老のつや煮・焼豚・クルミ入りごまめ
あとは年末恒例の鶏ガラスープストックを大量に仕込んだだけ。


いやあ、
人間いちど手抜きを覚えると、
しかも歳とってくると、
やたら楽をしたがりますなあ。
こーなるともう駄目ですのう。




息子一家は昨日帰っていきましたが、
今年は大変な置き土産を残しまして。
・・・結構手ごわい風邪です。

孫二人は、
せっかく日本にやってきたのに、
風邪の症状が思わしくなく、
休日救急診療所にかわりばんこに
診察に通ったりして、
お正月を楽しめなかったばかりか
ほとんど遊びにも出かけませなんだ。
可哀そうというより他ないです。

そうこうしているうちに
息子も感染し、夫とわたしにも来たし。



ねえ聞いてよ、奥さん。
家中に蔓延するウィルス対策として買った
置き型の除菌剤やスプレーやらジェルやら
除菌ティッシュ等々が総額1万円超えっすよ。
しかもアレ本当に効き目あるのかな?
ほぼ気休め程度なのかもね(悔し涙)


まあ少し、ゆっくりと身体を休めて
なるべく早く治すよう心がけなくては。


by fukuzzz | 2020-01-04 20:57 | 日記 | Trackback
羽田空港・国際線ターミナル1_f0153497_21021715.jpg
バンコクへ帰る息子を見送って羽田空港へ。

こうして何度息子ファミリーを見送ったことだろうな。
何度経験しても別れの時はちと寂しくなるってのが人情ですな。



羽田空港・国際線ターミナル1_f0153497_14304805.jpg
この日は気持ちのよい秋晴れ。
ガラス越しの空が眩しくてきれいでした。




羽田空港・国際線ターミナル1_f0153497_21033257.jpg
たぶん息子が乗り込んだヒコーキと美人なCAさん。
(結婚指輪がきらりと。お仕事頑張ってくださいな)




羽田空港・国際線ターミナル1_f0153497_21073929.jpg
展望台も広々していていい気分。
平日の午前中だったせいか人もあまり居ないしね。




羽田空港・国際線ターミナル1_f0153497_13324638.jpg
空港内にはお江戸日本橋を小サイズで復元したという、
「はねだ日本橋」もありますよ。
聞くところによれば贅沢にも総ヒノキ造りなんだそうで、
実際に触れて歩いてみたりすると無垢材の良さを実感できます。
ほんとうに気持ちのええもんです。



羽田空港・国際線ターミナル1_f0153497_15015807.jpg
そして、
羽田空港に来ると必ず立ち寄る江戸小路のニンベン出汁バー。



羽田空港・国際線ターミナル1_f0153497_15140624.jpg
本枯鰹節と昆布でとった出汁です。
いやなに、出汁はうちでもしょっちゅう取るけれど、
さすがに本枯は日常使いにはお恐れ多くて使えへんで。

味付け用に塩や醤油も置いてあるが、あえてそのまま飲むんです。
いや、実にうんまいわ・・・。
体の細胞のひとつひとつに染み込んでくるような滋味と美味。



羽田空港・国際線ターミナル1_f0153497_15223445.jpg
日本に生まれて良かったと思える美味しさでした。
もしわたしが入院してしまったらこれ頼むよねと、
夫には何度も言ってありますんで。
でも忘れるだろな絶対に(笑)


お次は江戸小路もちらっとね

by fukuzzz | 2019-11-16 15:45 | 日記 | Trackback
ベトナム流の食事スタイル_f0153497_16183364.jpg
日本でも花見の時期には、敷物の上にご馳走を並べてみんなで車座に座って飲んだり食べたり
して楽しむ風習がございますが、ベトナムでは家に人が集まると(多くの場合、テーブルに
座りきれないほど大人数)必ず下画像のようなもてなし方をします。



ベトナム流の食事スタイル_f0153497_16524555.jpg
只今フエちゃんの実家に帰省中のグズリーナ。
ノンラー(ベトナムの三角帽子)がよく似合ってますな~。

ちょうど夏休み中でもありますので、他家に嫁いだ姉さんたちもそれぞれ旦那さんや子どもを
引き連れてお里帰りしているようです。
いや、こういった集いは何も夏休みに限らず、なにせ家族第一主義の愛に満ちたベトナム人
ですので、ことあるごとにお互いに都合を付けては寄り集まっているんだそう。

でもって、
やっぱり大人数だと、このような形が楽だし何より寛げるんだとか。楽しそうだよね。
わたしたち夫婦がフエちゃんの実家にお邪魔した時は、相手が日本人だというので
気を遣ってくれたのか、座卓の上に料理が所狭しと並べてありましたが。

ちょとこれ・・・車座に座って飲んだり食べたりするやつイイネ。
面白そうだなあ、やってみたい! というか、絶対今度やるし⌒.⌒

ちなみに、食べるの大好きで集まるのも大好きなベトナム人は、
コンニチワという挨拶代わりに「ごはん食べた~?」と日常的に声を掛け合うんですよ。



by fukuzzz | 2019-08-23 16:09 | ベトナム | Trackback

崎陽軒のハロウィン弁当

崎陽軒のハロウィン弁当_f0153497_14092156.jpg
何だか面白そうだったからと、夫が昨日買ってきたお弁当です。
ハロウィン気分で黒い炒飯? へえ~崎陽軒もがんばるなあ(笑)
では早速中身を見てみましょう。


崎陽軒のハロウィン弁当_f0153497_14425161.jpg
はい、こんな感じです。
黒々とした炒飯は、中国のたまり醤油を使って風味と香ばしさをプラス。
おかずも充実していて、かなり食べごたえがあります。
ハロウィンだから南瓜やら紫色のピクルスも入ってるのよ。
(全体のボリュームがありすぎてちと胸焼けしちゃったけど)





でもね……
崎陽軒のハロウィン弁当_f0153497_15330839.jpg
崎陽軒には隠れた名品ともいわれる『横濱チャーハン』てのがありましてね。
この弁当、冷めても旨い炒飯とおかずの絶妙なバランスがええのです。
わたしゃやっぱりこっちの方が好きかな~。
分量的にもちょうどいい感じだしね。

by fukuzzz | 2017-10-24 15:38 | 日記 | Trackback

美味しいものが好き

この間、子ども達がわたしの誕生日を祝ってくれまして。
誕生ケーキが二つもあるゴージャスさでありました(笑) ありがとうね!
(ちなみに左画像は、フエちゃんお手製のものです)
どちらのケーキも美味しく、ウホウホと喜んで食べました。
美味しいものが好き_f0153497_14093604.jpg

実はこの間の血液検査で、血中コレステロール値が正常値に戻ったと分かりましてね。(たちの悪い風邪→自律神経失調症への道を辿った最悪パターンの末に激やせ)

努力もせずに一気に体重が落ちたせいで、皮肉にもコレステロール値が下がったのです。ただし中性脂肪値は、まだ少し高めなので要注意だそうです。
とりあえずコレステロールを下げる薬をやめてみることにしました。
とはいえ、一か月後にはまた血液検査が待っています。。念のためにということで。。イヤだな



美味しいものが好き_f0153497_14302136.jpg

上画像はお店で食べた美味しいものや自作飯の数々。
天丼とかね、こってり中華や卵料理に魅惑のイタリア~ン。
この数年間はじっと我慢の子で、野菜中心の食事を心がけてたまに冒険してみる
ぐらいの気持ちで、これらのご法度食を遠慮しながらチマチマ食べておりました。

う~ん・・・・・・
それも、もう少しの我慢だ。
もう少しだけ我慢すれば、またモリモリとおいしく食べられるようになるんだから。

かといって、
「元の木阿弥」とか「またしてもリバウンドしてデヴ」という悲惨な事態は、極力避けるように注意したいと思います。
なんたって健康第一ですもんね(←けっこう本気)


by fukuzzz | 2017-03-17 15:11 | 日記 | Trackback
【ベトナムカフェ方式】コーヒーの淹れ方_f0153497_1823379.jpg

フエちゃんのおねーちゃんは、学生時代にハノイのカフェでアルバイトしていたことがあったのだそうで、この度の来日でたまたま我が家にお泊りしたおねーちゃんに、
あちらのカフェで定番の淹れ方を指導してもらいました。



【ベトナムカフェ方式】コーヒーの淹れ方_f0153497_1825862.jpg

カフェでは、ベトナムコーヒーのこくと風味を引き出すために、ごく少量のバターを
金属フィルターの内側に丁寧に塗り付けていたんですね(内蓋部分の内側にも忘れずに)指にラップを巻いてやると手が汚れませんよ。


こうすることにより、フィルターの穴からコーヒーの抽出液が一気に落ちてしまうことを防ぎつつ、微かにバターの香りが付くんだそうで。

たしかにこうして淹れたコーヒーには、現地のカフェで飲むベトナムコーヒーの美味しさが見事に再現されておりました。
(バターの油分はフィルターに残るようで、ろ過されたコーヒーはきれいなものなんです)


そうなんだよね・・・
ベトナムコーヒー飲んだ後、なぜかほんのり香るバターの存在感が長年の疑問だったのでありますが。いえね、元々ベトナムコーヒーはローストする段階でバター投入するらしいのだけど、煎った豆自体には殆どバター風味は残らんのよ。不思議なことに。



【ベトナムカフェ方式】コーヒーの淹れ方_f0153497_1832082.jpg

さて、
細挽きにした豆をフィルターに入れ、内蓋を閉めたら少しだけお湯を注ぎまして、
豆を膨らませるために一呼吸置きましょう。
あとは分量のお湯をつぎ足し、外蓋をフィルターに乗せてじっと待つだけ。

少しばかり抽出時間は長めになりますがぜひ一度お試しを。
いやはや、聞いてびっくり、飲んで納得の裏技でございます。



【ベトナムカフェ方式】コーヒーの淹れ方_f0153497_2115507.jpg

これからの季節は練乳を入れて飲むカフェ・スァ・ダーも旨いよねぇ。

by fukuzzz | 2016-05-10 19:14 | ベトナム | Trackback

ベトナムごはん

ベトナムごはん_f0153497_1714502.jpg

しばらく料理関係の話がご無沙汰だったので、本日はベトナム人によるベトナムのごはんを少しだけご紹介します。上画像は水で湿らせて使用するベトナムのライスペーパー。

・・・ですが、ベトナム現地で売っているライスペーパーはもっと薄くて柔らかなもので、包んだ具材の水分だけでしっとりして扱いもラクチンなんだとか。



ベトナムごはん_f0153497_1715546.jpg

春巻きの具はきくらげたっぷり、ベトナム産の干しキノコに人参に少しだけひき肉。

硬いライスペーパーのせいで少し手間取ったけど、フエちゃんのおねーちゃんは器用にくるくると春巻きを作ってみせてくれました。

フライパンに少々の油を注ぎ(揚げないんだね)じっくりゆっくりと焼きあげて、
タレはニョクマム+レモンの絞り汁と唐辛子に砂糖を調合。

いや、ホントにこれは美味しかったですわ! 
春巻きは野菜どっさりなのが旨いのね、揚げないから胃もたれも無し。




ベトナムごはん_f0153497_17163157.jpg

こちら入院前のフエちゃんが作ってくれた料理。
厚揚げ豆腐をくりぬいてひき肉とネギを詰め、粉をはたいてこんがり焼き付けたところにトマトと香味野菜にくりぬいた分の豆腐のあんかけ。優しい味の美味しい家庭料理でした。

わたしら日本人からみると、料理素材の組み合わせや調味料の使い方が良い意味で
想定外なのが毎回ものすごく勉強になります。



ベトナムごはん_f0153497_1717329.jpg

そしてこれは、ホビロンという食べ物なんですがね。

要するにアレです、孵化する前のアヒルの卵。
これをボイルしてベトナムの香味野菜や調味塩と一緒に食します。

ビビることはない。白魚のおどり食いよかまだマシ・・・とはいうものの、やはり
なんまんだぶなんまんだぶと心の中で手を合わせちまった(笑)

だがしかし、かなりの美味であることは間違いないです。
卵のような鶏肉のような不思議な旨さが口中いっぱいに広がるのでございます。
機会があったら、ぜし一度お試しあれ。ベトナム人の国民食ともいうべき滋養に
あふれる食べ物です。



ベトナムごはん_f0153497_17175478.jpg

今回はフエちゃんのお母さんやおねーちゃんと合宿したおかげで、野菜たっぷりで
旨くてヘルシーなベトナム家庭料理を満喫いたしました。ありがたや。

でね、
わたしもちょこっと料理したのだけど、二人ともお昼に作ってみた豚骨ラーメン
(スープと生めんがパック詰めになってるやつ)にいたく感動していましたっけ。
お母さんは相当気に入ったのか、お土産に絶対買って帰る! と豪語しておった。
これは是非、新横浜のラー博に二人を案内せねばと思う今日この頃。

by fukuzzz | 2016-04-08 18:43 | ベトナム | Trackback
金沢 おもしろ美味しいスポット その1_f0153497_13563723.jpg
はい、この魚がどっさり入った1箱まるごと900円です! 見間違えではありません(笑)
いくら郊外の小さな漁港とはいえ、これはあんまりなお値段ですよね。
(ああ、大鍋いっぱいにブイヤベースなんぞ作って食べたら、さぞかし旨いだろうなあ。。)


ということで、
来春の新幹線開通に向けて、街中が熱く盛り上がっている金沢に行ってまいりました。
今回は小松空港でレンタカーを借り、そのまま市内をぐるぐる巡るスタイルだったので
気軽にちょっと郊外まで足を伸ばしました。
(とはいっても、金沢の街は狭いので車で約15分も走れば到着します。また金沢駅からは
たしかバスも出ているはずですが)



金沢 おもしろ美味しいスポット その1_f0153497_14433558.jpg

金沢港いきいき魚市は、鄙びた漁港に建つ魚の直販市場です。



金沢 おもしろ美味しいスポット その1_f0153497_1455071.jpg

ご覧の通り規模は小さく、並ぶ店とて近江町市場のような賑やかさや華やかさとは無縁の地味さ。
通うのは圧倒的に地元民で、情報通の観光客以外はほとんど立ち寄りません。



金沢 おもしろ美味しいスポット その1_f0153497_15152076.jpg

ですので、
観光客価格ではないのと、売り子さんたちも変に観光客慣れしてないところに好感を持ちました。
この干物がまた安いし旨いんですよ~! 
思わず、お世話になった方々や親戚にまとめて地方発送してもらっちゃって^^



金沢 おもしろ美味しいスポット その1_f0153497_15323149.jpg

わが家用にお持ち帰りした干物。
いったん醤油に漬けてから干した醤油干しの鯛や穴子で炊き込みごはんを、
糠さば(別名へしこ)はアンチョビ代わりに使ってぺペロンチーノでも、
そして、ふっくら身の厚いカレイは焼きたてをフーフーしながらいただきます。



金沢 おもしろ美味しいスポット その1_f0153497_1527541.jpg

こちらのマルヤ水産では干物全般はもちろん、イカ墨の入ったままの丸干しスルメイカや、ここでしか売っていない加賀のとろりと甘い醤油が美味でした。


う~ん・・・それにしても、あの1箱900円の魚は惜しいことをした。
次回はきっと!!! と密かに誓うのでありました。


鄙びた漁港エリアには、意外な見所や旨いもんがあるものです。 その2につづく

 
by fukuzzz | 2014-10-16 16:00 | 日本の旅 | Trackback

これでいいのだ。とは到底思えなくなった今日この頃


by fuku