タグ:うちのごはん ( 65 ) タグの人気記事

お祝いのバインチュン

お祝いのバインチュン_f0153497_20151602.jpg
ご挨拶が遅れましたが、
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。



ところで、
ベトナムのお祝い料理に欠かせないバインチュン。
フエちゃんの日本在住のお友達から
送っていただきました。ありがとう
(後日、詳細記事載せます)



お祝いのバインチュン_f0153497_20201983.jpg
ベトナムハムとベトナム風煮凝りも一緒に
いただき、お正月の食卓がぱっと華やぎました。
いやもう、
さすがプロの仕事。
めっちゃ旨くて驚きましてございます。



お祝いのバインチュン_f0153497_20232401.jpg
こんな感じでドッカーンと宅配便が
届いたざーますのよ(笑)


お祝いのバインチュン_f0153497_20265234.jpg
そして、
手抜きの購入お節料理セットを並べました。
家で作ったのは、
黒豆・煮しめ・海老のつや煮・焼豚・クルミ入りごまめ
あとは年末恒例の鶏ガラスープストックを大量に仕込んだだけ。


いやあ、
人間いちど手抜きを覚えると、
しかも歳とってくると、
やたら楽をしたがりますなあ。
こーなるともう駄目ですのう。




息子一家は昨日帰っていきましたが、
今年は大変な置き土産を残しまして。
・・・結構手ごわい風邪です。

孫二人は、
せっかく日本にやってきたのに、
風邪の症状が思わしくなく、
休日救急診療所にかわりばんこに
診察に通ったりして、
お正月を楽しめなかったばかりか
ほとんど遊びにも出かけませなんだ。
可哀そうというより他ないです。

そうこうしているうちに
息子も感染し、夫とわたしにも来たし。



ねえ聞いてよ、奥さん。
家中に蔓延するウィルス対策として買った
置き型の除菌剤やスプレーやらジェルやら
除菌ティッシュ等々が総額1万円超えっすよ。
しかもアレ本当に効き目あるのかな?
ほぼ気休め程度なのかもね(悔し涙)


まあ少し、ゆっくりと身体を休めて
なるべく早く治すよう心がけなくては。


by fukuzzz | 2020-01-04 20:57 | 日記 | Trackback

次男リクエストで排骨飯

次男リクエストで排骨飯_f0153497_12272204.jpg
「レンコンの頂き物があるからあげるー」
と、次男と嫁さんが突然家に来まして。


次男リクエストで排骨飯_f0153497_12323547.jpg
でかい立派なレンコンで嬉しかったです。
手土産の美味しいケーキもごちそうさま。

珈琲と一緒にケーキを食べ、
世間話のひとつもして帰るのかと思ったら唐突に、

かーちゃんの排骨飯が食べたい。
かーちゃんの中華、うちの嫁に伝授しておいてよ。
え?・・・まさかの展開(汗)

そんな大した腕じゃないけど、それではと
狭いキッチンに3人で立って共同作業いたしました。


次男リクエストで排骨飯_f0153497_12424409.jpg
で、
失敗しちゃったよん。
どうも長年作ってないので勘が鈍って上手くいかない。
この頃は胃もたれするから揚げ物を敬遠しているせいなのか、
敗因は油の温度と衣付けの不完全さでした。
次男たちはそれでも喜んでくれましたが。。

よって、
TOP画像は昔の画像です(HP時代のやつ)
ご参考までにレシピもついでに。

材料(4人分)
豚ロース肉   4枚
青梗菜orターツァイ 適量

【漬けダレ】
醤油・みりん 各大さじ1
にんにく・ごま油 適量
カレー粉 大さじ1


【あん】
鶏ガラスープ  1.5カップ
オイスターソース 大さじ1
酒(あれば紹興酒)大さじ1
あればXO醤    適量
みりん      大さじ3
醤油       適量
ごま油      適量


【調味料・その他】
衣用の片栗粉・小麦粉(1:1の割合で)
水どき片栗粉  適量
サラダ油 適量
ご飯



つくりかた
【1】豚肉は筋切り後、カレー粉をもみ込むようにまぶし、合わせた漬けダレ調味料に漬ける。

【2】青菜は食べやすく切り、塩と油を加えた熱湯でさっと茹でておく。

【3】鍋にあんの調味料を合わせ、味を整えて片栗粉でとろみをつけ
仕上げに香り付けのごま油をたら~りと。

【4】豚肉に粉をまぶし、中温→高温の油でからっと揚げて切り分ける。

【5】器に盛りつけたごはんに豚肉を乗せ、あんを温めて青菜を加えて
軽く味を絡ませてから盛り合わせる。残りのあんを丼に回しかけて完成。



次男リクエストで排骨飯_f0153497_13382721.jpg
そんな次第で、
次男と嫁さんはお腹いっぱいになって帰っていきました。
冬場はこんなコッテリ系もたまにはいいかも。

今度わたしの料理レシピをコピーして渡しておこう。


by fukuzzz | 2019-12-09 14:22 | 日記 | Trackback
ブランチ横浜南部市場レポ 1_f0153497_19540629.jpg
昨日、久しぶりの晴天に誘われてぶらりと市場探検してきました。
あちこちに食べ物が溢れかえっている市場は活気があり、
ひやかして歩くだけでもわくわくドキドキしてきますね。
市場独特の賑わいが楽しいのはもちろん、なんてったって安い!


ブランチ横浜南部市場レポ 1_f0153497_20095723.jpg
前回紹介し損ねたブランチ横浜南部市場です。
駐車場が大きくて車も止めやすいのが良い(駐車料金もかなり良心的)



ブランチ横浜南部市場レポ 1_f0153497_20170347.jpg
野菜・魚・肉の店は品物が豊富でとにかくお安い。
またブランチ内にはカフェなどの飲食店もありまして。



ブランチ横浜南部市場レポ 1_f0153497_20150207.jpg
肉屋の中の弁当パラダイスコーナーやら、
うまそうなパン屋(とくにサンドイッチ類に惹かれました)だの、
ケバブの移動販売等々よりどりみどり。


ブランチ横浜南部市場レポ 1_f0153497_20233860.jpg
こげな可愛い休憩所だってございます。
疲れたらソフトクリーム食べながらちょいと一休みもええね。



ブランチ横浜南部市場レポ 1_f0153497_20293521.jpg
しかも場内にはスーパーやドラッグストアにセリアまであるんです。

セリアの先にはバーベキューコーナーを完備しているらしく、
使用料を払えば市場で買った品々を焼いて食せるのだという話。


いやあ、あの南部市場がいつの間にか
家族で楽しめるフードパークに変身していたなんてね・・・。
嬉しいなあ、今後は大いに利用させてもらいましょう。


ブランチ横浜南部市場レポ 1_f0153497_20455385.jpg
でもって、
色々と買い込んで(市場に来ると何故かハイテンションになってしまうのよ)
魚屋でこんなものを発見。まぐろのすき身ね。


ブランチ横浜南部市場レポ 1_f0153497_20511229.jpg
こちら本日の夕飯です。
大振りに切った大根を前日からじっくりと煮含ませておき、
そこに生姜汁と酒を振ったまぐろを投入して味も少し濃いめに補正。
焼ネギと辛子を添えて食べました。
残ったまぐろのすき身は明日マグロフレークにしてみよう。

お次は昔ながらの横浜南部市場の様子を


by fukuzzz | 2019-11-30 21:22 | 日記 | Trackback
息子がちょこっと帰って来たので_f0153497_13231674.jpg
タイ赴任中の長男が出張で日本に来まして。
なんでも大切なお客さんの接待だとかいって、毎晩午前様でべろんべろんになるまで
飲んで帰ってまいりますが。。



ですので、
ここに載せた料理は帰国した初日の夕飯に
息子へ食べさせたものです(以来、毎晩深夜帰宅ですから)

息子がちょこっと帰って来たので_f0153497_13311903.gif
小ぶりの牡蠣で作った牡蠣めしとか、
蕪のさらっと炒め、生ダラの子和え、レンコンの大蒜きんぴらやサラダ、
それと、でっかい秋鮭の粕漬も焼きました。

けっこうバンコクって日本食レストランのレベルが高くて、
下手な日本の料理屋より美味しかったりするのです(焼き鳥なんかはとくに)
だもんで、わざわざ和食を作る必要もなかったんだけど、
とりあえず新鮮な日本の魚介と野菜の料理を食べさせたくってね。

まあ、息子にはおおむね好評でしたわい。良かった良かった。




息子がちょこっと帰って来たので_f0153497_13525251.jpg
そうそう。
↑は、グルメなブロガーさんの記事で見かけて購入した漬物容器。
ずしっと分厚いフタ部分が重しの役割をするから、適当に切った野菜を入れて
あとは塩振って混ぜくりフタをして放置すればよろしいので。
上がってきた水を捨てて、そのまま食卓に出せるという点も超便利。
ありがとう6さん、すっごく重宝してまっせ。

息子がちょこっと帰って来たので_f0153497_19594742.jpg
固い柿と大根と酢・塩・砂糖を少々入れた柿なますバージョン。
夫婦二人前の漬物だとこのぐらいの量が丁度いいですね。




興味がありましたら、
KINTO 漬物容器 380mlでググってみて。


by fukuzzz | 2019-11-12 14:18 | 日記 | Trackback
夫作の干し肉で中国風餅炒め_f0153497_14161393.jpg
手間暇かけた干し肉で作った餅炒めです。

トックを一晩水に漬け置き、少量の生姜・唐辛子と切った材料を一緒に炒めて
塩コショウすれば完成。
ちゃちゃっと美味しく出来ます。

★ネンガオという中国餅を使うのが本式なのですけど、
粘りが強く、餅同士がくっついて食べにくくなるため韓国のトックを使いました。
干し肉が手に入らない場合はフツーに豚の薄切り肉でもいけます。
(但しちょっと物足りなさもあるから味を足して工夫してみてくださいな)

また、干し肉は各種炒め物、炊き込みごはん、スープ、さっと炙って酒のツマミ等々、
いろいろと使えて便利なええもんです。



以下、ざっとですが干し肉の作成過程を。
夫作の干し肉で中国風餅炒め_f0153497_14323931.jpg
豚バラ肉とロース肉を塩に漬けた後、水に漬けて塩出し。


夫作の干し肉で中国風餅炒め_f0153497_14352380.jpg
塩が適当に抜けたところで、中国醤油の濃い口・花椒・紹興酒・蜂蜜・唐辛子・大蒜
生姜等々のタレを作り肉を漬け込む。


夫作の干し肉で中国風餅炒め_f0153497_14395007.jpg
肉に味が染み込んだら水けを切り、あとは風通しの良い場所に吊るして10日間ほど。
(鳥除けや虫除けのため、うちは窓辺のカーテンレールに吊るしまして)



夫作の干し肉で中国風餅炒め_f0153497_15033501.jpg
そして出来上がりがこちら。
最近は何故か暖冬ばかりで、干し肉作成に必要不可欠な寒さがイマイチ足りません。

今年はどうかなあ・・・?
早くも夫は鼻息荒く作る気満々ですが。

うまくいったら今度はレシピなんぞも(テキトーですけど)ご報告しますね。

by fukuzzz | 2019-10-29 15:18 | 日記 | Trackback

夫の作るごはん

夫の作るごはん_f0153497_15144630.jpg
長年酷使してきたガステーブルがボロボロになってきたので、
東ガスのショールームに下見に行ってきました。

↑これカントリー風っていうの? 
可愛くディスプレイされたキッチンも同じフロア内にあったりして、
乙女趣味の夫は、自分もこんな台所で料理したいとかシミジミ申しておりましたっけ。

そげな乙女オヤジの作るのはほとんど洋モノ。
退職してから以前にも増して料理する回数が多くなってきました。
まあね、かわええキッチン好きっていう気持ちもわからないではないけど、
わたしゃ可愛げのないサッパリした台所が好きだから無理だってば。



夫の作るごはん_f0153497_15543761.jpg
一応どの料理も美味しいです。と絶賛しておこう(笑)

だけどダントツに好きなのは、
右下の干し肉(これだけ中国風干し肉で手間暇のかかる分だけ旨いです)
元々真冬に作られる保存食のため、ここ数年間の温暖化のせいで作れなかったのですが、
今年は干す場所を北側に移して再挑戦するそうです。
うまくできるといいね。


その暁には、干し肉をスライスしたのをトックと白菜で炒めたうんまい中国料理を
一緒に食べませう(和食と中国料理はわたしの担当なんですわ)

by fukuzzz | 2019-10-24 16:27 | 日記 | Trackback

今年の梅干し2019

今年の梅干し2019_f0153497_12584586.jpg
梅干しを作り始めて早くも6年目。
去年は怠け癖が出てとうとう記事もUPせずでしたが、なかなか出来が良くて梅仕事にも自信がついてきた今日この頃です。
この調子でこれからも毎年梅干し作りに励みたいものです。

数年前に梅干しの作り方を変えて以来、赤紫蘇を入れるのは止めて今は白梅干しオンリー。
以下、ざっと作り方をご紹介。



【材料】
梅1㎏に対して約9%の粗塩と50mlのホワイトリカー。
梅1㎏につき1枚のジッパー付きポリ袋。
    
【作り方】
黄色く熟した梅を買い求め、竹串などでヘタの掃除をした後
水でざっと洗い、ひとつずつ清潔なクッキングペーパーやふきんで拭く。
(↑ここが梅干し作りで最も面倒な作業工程ですかね)

さてそれが終わったら、ジッパー付きのポリ袋に梅1㎏を投入後90gの粗塩を振り入れます。
続いて50mlのホワイトリカーを回しかけ、テキトーにしゃかしゃか振って中身を混ぜる。
最後にできるだけ袋内の空気を抜き、1㎏×2の二段重ねして上に重石を乗っけたら終了。


今年の梅干し2019_f0153497_13483430.jpg
重石の代用品ですけど、うちでは恐れ多くも高橋和巳大先生の全集をスーパーの袋に
突っ込んだのを梅の重しとしています。残念なことに読んだ記憶はとんとありません。



今年の梅干し2019_f0153497_13442172.jpg
1㎏入りの梅ポリ袋を二段重ねし、重しを乗っけて通気性の良い涼しい部屋に置きます。
そのままの状態で1か月~1か月半ほど放置(たまに重しを取って梅の具合をチェックして)



今年の梅干し2019_f0153497_14005466.jpg
恐るべしホワイトリカー効果。
たとえ減塩でもカビひとつ出ることもなく、梅酢がたっぷり上がってきました。



今年の梅干し2019_f0153497_14192160.jpg
あとは本格的な梅雨明けを待って2~3日ほど土用干しすればいいのです。
フルーティーで美味しい梅干しが完成です。
今までの経験から、あんまりしっかりと干しすぎると梅干しが固くなっちゃうのでご注意。
ね、簡単でっしゃろ?

ただ、
なんたって減塩梅干しですので、出来上がり後は容器に入れて冷蔵庫に保存してください。
それと、だいたい1年以内に食べ切ってしまうこともポイントです。

by fukuzzz | 2019-08-25 14:45 | 日記 | Trackback

今年の梅干し2017

今年の梅干し2017_f0153497_15104013.jpg
お久しぶりでございます。
気が付けば早くも8月の最終日となりました。
厳しい暑さに七転八倒するのも、これでおしまいになるといいんですが。


さて、
今年の梅干しですが、梅雨明け後の悪天候続きで思うように土用干しもままならず、
ついに処暑を過ぎてからの最終工程とあいなりまして。
今年は曽我の梅4キロを(ちょっと少ない)いつものように焼酎と塩で漬けこみ、
たまたま赤紫蘇をシーズン中に買い忘れたので、そのまま紫蘇なしの白梅にしました。夫は断固たる赤紫蘇入りの梅干し派ですが、わたしは白梅も大好きなので。
ほっほっほ

そんなこんなでようやく出来た今年の梅干し。
自分で言うのもなんだけど良い出来です。大事に大事にいただきます⌒.⌒




今年の梅干し2017_f0153497_15422099.jpg
雨続きの夏で野菜がやたら高騰しています。。
夏のお楽しみだったぬかみそもそろそろ店じまいでしょうか。


by fukuzzz | 2017-08-31 15:54 | 日記 | Trackback

蝦子麺で香港焼きそば

蝦子麺で香港焼きそば_f0153497_14491602.jpg
気が付けばもう7月。
梅雨間近なのか、なにやら蝉まで本格的に鳴き始めた今日この頃。
ああ、暑いのイヤだ。。鬱陶しいのう。
こうなると台所に立つのも辛くなり、ついつい手抜き料理の方向へと走るのが夏のお決まりパターンです(冷奴とぬかみそは毎日の定番料理)



で、まあ、どんなにイヤでもお腹は空くし飯は作らにゃいかん。
たまには中華料理系だって食べてみたい。めんどくさいけど。
そんな時にはコレが便利↓
蝦子麺で香港焼きそば_f0153497_15182112.jpg
比他好というメーカーの蝦子麺。「しゃーずみぇん」と読むらしい。
なんてことはない蝦風味の乾麺ですが、これがなかなか旨いんです。
(近頃はカルディでも同様の麺が手に入りますが正直イマイチです)


1.乾麺を茹でる湯を沸かす間にネギと生姜を食べやすく切る。

2.湯の中に乾麺投入後に箸でほぐしながら茹で、湯切りしておく(1~2分程度)

3.鍋に油と生姜を加えて加熱。

4.生姜の香りが立った鍋に麺投入、ざっくり炒めたらネギも入れちゃう。

5.オイスターソースのみで味付けたら、最後にごま油をタラリで完成。


蝦の風味と旨味がしっかりしているから、具材もあれやこれやと加えず、味付けもごくシンプルにするとええ感じの香港風焼きそばになります。



蝦子麺で香港焼きそば_f0153497_15540869.jpg
この間、
蝦子麺を仕入れがてら、久しぶりに中華街へ行ってみました。
そこで食べた「巻揚げ」という料理です。春巻きちゃうねん、巻揚げですねん。
切り干し大根やタケノコや椎茸、エビに叉焼などを豚の網脂で巻いてカラリと揚げた熱々のやつを、からし醤油でいただくという大変けっこうな一品。

これも自作してみたけど、網脂を巻きすぎて巨大化&脂っこくなってしまい残念無念。
いつか成功したら載せますね。いつになるか分からんけど(^^;

by fukuzzz | 2017-07-07 16:24 | 日記 | Trackback

「今日は何?」

「今日は何?」_f0153497_15430810.jpg
うちの夫、もともとマメなたちではあるけれど、結婚以来数十年というもの
会社帰りには必ず電話してまいります。

「ただいま~、いま駅に着いた」
そして必ず、
「今日は何?」←その晩の夕食の内容を尋ねている


やる気が無くて、手抜き料理のときも別に文句は言わない(言わせない)ので
そのぶん気は楽ですけどねえ・・・こと、食べ物に関する執念は凄いです。
昨年の12月頃など、体調絶不調であった時はほとんど毎日がポトフとか
ポトフとかポトフでした。
(お腹の調子が悪くて、軟らかく煮たスープ類しか食べられなかったんで)
でも、夫は文句も言わず黙って食べていましたね。我慢して。
その辺はありがたかったです。

快方に向かっている今は、なるたけ夫の嗜好を取り入れた夕飯をと努力中。
我が家は子どもたちも独立してしまって二人だけの食卓になるわけですが、

やっぱり「旨い!」の一言が作り手としては嬉しいからね、
少しだけ頑張っちゃう⌒.⌒


by fukuzzz | 2017-02-23 16:04 | 日記 | Trackback

これでいいのだ。とは到底思えなくなった今日この頃


by fuku