タッカンマリ横丁へ

f0153497_1412736.jpg

さて、美味しいカニを満喫した後ホテルで一休みし、夕飯に何食べようかと相談したのですが…
歯の治療中で肉などとても噛みきれないワタクシ。

焼き肉とかそういうものは勘弁して欲しいのん、と夫に言いましたらブチ切れましたわ。

「かっ、韓国に来て、肉も喰えんのか~~~っっっ!!!」



・・・ええい、コイツめ昨日から肉・肉・肉と五月蠅いこと! (-_-;)(-_-;)(-_-;)
第一アンタが韓国に来たのは3度目じゃねーか、1回ぐらい焼き肉食べなくてもいいんじゃね?

「せっかく韓国まで来て韓国まで来て韓国mくぁwせdrftgyふじこlp 
ぐぉお~~~っっ!!!(肉食獣の雄叫び)」





・・・でまあ、そのような食い物を巡る低レベルな内輪揉めもあり、
すったもんだの末、双方の妥協案として柔らかい鶏なら食べられるということで
タッカンマリという、まるごと鶏一羽を使った鍋を夕飯に選択した次第でございます。





f0153497_14161645.jpg

しかし、こんな通りをフラフラとひやかしながら歩くのは楽しいなあ~♪

観光客の溢れる小綺麗な街や明洞あたりの繁華街もいいけど、何だか歩いているうちに
自分の精気がどんどん吸い取られて行くような、そんな気がするんですよ。

逆にこうした夜の盛り場とか、朝の市場を歩くと元気をもらえるみたいです。私の場合は^^

ええと、タッカンマリ横丁はまだかいな?






f0153497_14193511.jpg

ようやくタッカンマリ横丁に到着するも、夫がガイドブックと首っ引きで当たりを付けた店が
なかなか見つからなくて往生しましたわい(汗)

で、ウロウロと横丁を彷徨い歩いているうちに、店先のオバチャンに半ば拉致られて
入ったのがこの店。

店内はほぼ満員。
日本人はワシらだけ、もちろん日本語は全く通じないのでありました^^;





f0153497_1421087.jpg

席に着くなり運ばれてきた洗面器のような大鍋には、半煮え状態の丸ごと鶏がたっぷりの
スープにぷかぷかと浮かんでおりました。

…と、店のオバチャンがニコニコ笑いながら、いきなり大きな鋏で鶏の解体作業に
入ったのであります。

す、すばやい! 手際が素晴らしいっっ!! ワンダホー!!!





f0153497_14244330.jpg

ぶつ切り鶏満載の鍋に点火後、オバチャンは韓国語で話しかけながら
素早く2人前のタレを作ってくれました。

醤油ダレ・にんにくのみじん切り・マスタード・ペースト状の唐辛子などを適量取り分け、
左右の手にスプーンを持って、一気に混ぜ合わせるオバチャンの手…いやはや、プロです。
恐れ入りましてございます(平伏)




f0153497_1427832.jpg

鍋が煮えるまで、ワシらは手持ち無沙汰に付けダレにニラを加えてみたり、
大きな容器にたっぷり入った水キムチなんかをつまんで軽く一杯やっていました。

夫はかなり嬉しそうです(笑)





f0153497_14294452.jpg

タッカンマリとは韓国語で丸鶏という意味らしく、つまりは韓国風の鶏の水炊きのような鍋。

鶏もいい具合に火が通りました。
鍋に入っていたトッ(餅)も煮えました。
鶏を煮ているスープは、薬膳スープに似た仄かな香りもします。





f0153497_14315516.jpg

ささ、これを付けダレに絡めてパクっとやってみますと、鶏はジューシーで柔らかい♪
餅もムチムチ美味しいし♪ 
鍋の底に水没していたジャガ芋もほっくほく♪ 最後のシメは麺入れて♪

うひ~~~、こりゃいいわ。
何か、家でも真似して作れるような気がしてきた。





f0153497_1434114.jpg

結局、夫が目星を付けたタッカンマリの店にはたどり着けませんでしたが、
私たちは突き出た腹をさすりながら満足して店を出ました。

というか…ハングル文字は、馴染みのない者にとっては本当に難解ですよね。。
なんと書いてあるのかさっぱり分からず、これじゃ捜索しようにも無理でござんす^^;

早々とホテルに引き上げて、明日の予定を話しながら一杯(舐めるだけです)
さて、明日は大好きな市場巡りをします^^
# by fukuzzz | 2009-04-30 21:06 | 韓国

東大門 中部市場

f0153497_14431442.jpg

中部市場は、東大門近くにある主に乾物中心の庶民派市場でありました。
おそらくは観光客は滅多に行かない場所かなあとも思います。
当然のことながら韓国語しか通じません。。






f0153497_14451754.jpg

とある朝、電卓片手に日本語で話しかけるヘンなおばさんが中部市場に参上しました(ワシだよ)





f0153497_14461977.jpg

中部市場は小規模ながらけっこう様々な食材が揃います。

メインの乾物はもちろん、漢方食材や漬け物、それに雑貨店や金物屋なんかもあって楽しい♪
しかも、そんなに大きな市場じゃないから、歩き回って疲れ果てるということも無いしね^^

いやはや、本当にここは面白かったですよ。






f0153497_14481582.jpg

市場内のとある食器屋さんの店先に山積みされていた石鍋。

店のおにいさんに臆面もなく、
「これ、なんぼ?」
と電卓を差し出すおばさん…(って、私です)

おにいさん、苦笑しながら値段を教えてくれました。

それは、何と13000ウオンでした。
・・・・・ってことは、当時のレートで計算すると日本円で1000円ちょっと!!

石鍋は思いの外ずっしりと重いけど、今ここでコレを手に入れなくてどうする~~~!!!

ってことで、いやがる夫を説き伏せて、ついに大きな石鍋ゲットです♪♪♪





f0153497_14505799.jpg

こちらも中部市場をほっつき歩いている時に発見しました。
どうもお馴染みの岩海苔じゃなくて、藻類のようなものだと思うのですがどうでしょう?





f0153497_14523595.jpg

磯の香りとごま油の香りが強く、通常の韓国海苔より繊細な味わいもして
たいへん美味しゅうございました。

注:なにせデリケートなブツです。お持ち帰りの際は決してギュウギュウ詰めの
スーツケースには押し込まないでください。
海苔が潰れて油まみれの韓国海苔になってしまいますので←経験者は語る






f0153497_1504763.jpg

これも中部市場で購入したジョレンイ餅という、北朝鮮ではよく食されている雪だるま型の餅。
めっちゃキュートな形にやられまして。

仁寺洞には、この餅を使ったスープ餃子を食べさせる店があるようですが、残念ながら
私は食べそこねてしまいました。
ですので味付けはいつものテキトーな我流ですが。ははは




というわけで、
市場では珍しいお惣菜の試食をしたり、干し柿やら漬け物やらその他etcを
買い込んだりして、至福の時間を過ごしました。

いや~、ホントに旅先の市場って楽しいなあ~!
# by fukuzzz | 2009-04-30 20:39 | 韓国
f0153497_1532398.jpg

中部市場でお買い物を堪能した後、ランチは韓定食を食べてみたかったので、
評判の「トブロハムッケ」という店に行ってみました。画像はトブロハムッケの前庭部分。




まあ、丁度お昼時でもあり、店内も混雑していて写真をゆっくり撮れるような雰囲気ではなく
せっかくの旨そうなご飯写真はすべてピンぼけなのが残念でしたが。

f0153497_1536096.jpg

で、肝心のご飯はどうだったかと言えば、
私たちの頼んだのは「釜飯定食」という、五穀飯に栗・松の実・高麗人参・豆や種・茸などを
加えて炊き込まれたご飯と、23種類もの小皿のおかずが添えられたものでした。


おかずは煮たり焼いたり揚げたり蒸したり漬け込んだりと、様々な調理法で作られた野菜料理や
テンジャンチゲ(味噌スープ)。
また、ドングリ羹やイシモチの焼き魚など珍しいおかずもあって、手間暇かけたおかず群を
テーブル一杯ずらっと並べて食べるのは、ほんに贅沢な心持ちでございましたばい。


ご飯は釜飯の中身を全部ドンブリに移し、おこげの残った釜にユリの根茶を注いでおきまして
いい具合に飯が柔らかくなった頃を見計らって食します。
おこげのお茶漬け…っていう感じかな。これ、旨かった!!


23皿のおかずと釜飯をペロリと平らげたのに、お腹がずど~~んと重くならなかったのも
野菜中心食の良いところです。最高にヘルシーだったなあ^^


最後に出してくれたシナモン風味の甘いお茶も美味しかったし、マッコリはたぶん自家製なのか
絶妙な発酵具合の旨か酒でしたね。あま~くてトロリとした酒を口に含んだ瞬間に
シュワ~~~と発泡するですよ♪♪ こんな旨いマッコリは初めて飲みました。

「・・・なんか、ちょっと物足りなくない?」←肉食獣な夫

あいや~、また始まったよ。。この人の肉食わせ~~が。。凹





f0153497_15422113.jpg

そんな事情もあり(どんな事情や)ヘルシーな韓定食を食した後、広蔵市場あたりを
ぶらぶら歩いてみました。

洋品店や雑貨屋・飲食店などの商店がひしめき合う巨大アーケード街のど真ん中通路には、
何故か屋台が縦長に数十メートルも続いているのであります(笑)

食べ物の匂いが充満し、わんわんと凄い活気です。





f0153497_15445751.jpg

屋台のメニューはどこも似たり寄ったりで、韓国海苔巻きやトッポッキ、おでんに豚足、
それに今回の旅行で初めてみた巨大なソーセージ? などが所狭しと積み上げられています。

ちょっとオヤツに食べてみたくなったワシらは、屋台の中でも混んでいる店を選んで
狭いカウンター席に滑り込みました(まだ食うのか)

初めての場所では、地元民に人気がある店に入ればまず間違いありませぬ^^





f0153497_15475318.jpg

さっき昼ご飯を食べ終えたばかりなのに、夫はよく煮込まれた豚足(お約束の肉系)と
韓国海苔巻きを頼んで、ビールと共にぱくぱくやり出しました。

んで、私も市場に入った時から気になっていたコレを注文。

店頭に並べてあるコレを初めて見て仰天しましたばい。
な~んか、子どもの腕ほどの太さがあるどす黒い腸? がのたうっているように
見えるんだもんよ^^;
しかし、結局好奇心には勝てずですよ。旨そうな匂いだったし(笑)




店のオバチャンがよっく切れる包丁で、蒸し上げた腸をスパスパっと切って出してくれました。

で、腸の断面を見てまた吃驚。
あっっ、中には米と豚血を混ぜたものが詰まってたんだ! よくみると春雨も入ってるし!!
もぐもぐもぐ・・・・・・・・・・・・・う、うめぇ♪♪♪
スペインの豚血入りソーセージとか、台湾の豚血料理よか旨いっっっっ~~~!!!

後日、この謎の腸詰めは韓国ではポピュラーな人気料理「スンデ」という食べ物だと
ちゅこさんが教えてくれました。コマスミダちゅこさん (=^・^=)
# by fukuzzz | 2009-04-30 20:05 | 韓国

暗渠からの再生

f0153497_1558694.jpg

もうこれ以上喰えませんというほど胃袋満タンになったわたしたちは、
腹ごなしに清渓川(チョンゲチョン)のほとりを散歩がてらに歩きました。

なんでも4年前までは、コンクリートに覆われたドブ川だったという川です。






f0153497_15591993.jpg

水の美しさにしばし足を止めて見とれました…。






f0153497_1655150.jpg

清渓川は、ソウルの中心部に流れる全長5.8㎞の人工河川です。

聞くところによれば、数年前までは生活排水などの流れ込む下水道であったばかりか、
その上には高架道路がどで~んと乗っかっていたそうな。





f0153497_1614938.jpg

約30年の間放置されていたそれを掘り起こし、水をきれいにして元通りに復元するには
並大抵の苦労では無かったでしょう。
世界的にも注目された都市再生事業でもあったらしいです。





f0153497_1673777.jpg

ソウル滞在中、何度も清渓川を渡ったり遊歩道を散策しているうちに、この川に愛着を感じる
ようになりました。

街を歩き回って人混みに疲れた時、すぐそばにこんな川が流れていて一息入れられるのは
とても有り難かったなあ。本当にほっとするような良い場所でした。





f0153497_1693393.jpg

人の力で見事に蘇った川辺を歩きつつ感じたこと。

韓国って国の民は、溢れるばかりの情熱と知恵をもっているんだなあと今更ながら感心しました。
いや、本当にこのスポットは素晴らしかったです。
ソウルへお出かけの際には是非お立ち寄りください^^
# by fukuzzz | 2009-04-30 19:55 | 韓国

街で出逢ったもの

f0153497_1642121.jpg

【その1-ロケ隊】
おそらくTVドラマのロケ隊かと思います。
少人数のスタッフでやって来て、サクッと撮影してましたね~。
足長小顔のカッコイイ男優さんだったけど、韓国ドラマ事情にはあまり詳しくないので
よく分かりません。。いや~~~、やっぱ芸能人ってナマでみるとええわ←ミーハー





f0153497_16441257.jpg

【その2-マツケンとクラウザーさん】
異国で発見した邦画だった(笑)
にしても、たしかこれ日本では去年の夏頃公開してませんでした?
随分と韓国公開になるのに時間がかかるんだね。






f0153497_1646871.jpg

【その3-地下鉄の電話ボックス】
ケータイ全盛の世の中でこういうのを見るとほっとしますな。
しかし、そこはかとなくオサレですね。この電話^^






f0153497_16481632.jpg

【その4-オンギ】
韓国の瓶をオンギと言います。
この巨大な瓶は、仁寺洞の伝統茶館の庭に置いてありました。
チャングムのドラマで、こういう瓶に味噌を入れて仕込んでいたのを思い出したりして。

う~~ん…やっぱり小さいのを一つ買ってくるべきだった。。米びつ用に。






f0153497_16533268.jpg

【その5-デコ過剰なケーキ】
思わずスゲーと呟いてしまったですよ。はっはっは
ロッテデパート内のフォションで売られておりました。






f0153497_16582730.jpg

【その6-アートな露出配管】
大学路で発見。
なんかカッコイイじゃない♪ 安全性はともかくも(笑)





f0153497_17124639.gif

【その7-飛行機に搭乗する直前に食べたカリフォルニア・ロール】
もともとカリフォルニア・ロール自体が逆輸入された「スシ」ですから、寿司であって寿司では
ないのかも知れませぬけど、面白い食べものだとは思います。


つけ合わせも面白いんですよ。
スープはチキンスープにめんつゆを加えたような微妙な味、しかも揚げ玉入ってるし。
醤油は四国の三歳醤油を思わせる濃厚な甘口。
そして、なぜかラッキョウ。ゲラゲラゲラ

いや~~、なかなか異国情緒溢れる寿司でした!! 
仁川空港のカリフォルニア・ロール、ぜしお試しください。
# by fukuzzz | 2009-04-30 18:39 | 韓国

リンクはどうぞご自由に


by fuku