街を歩けば

f0153497_13151215.jpg

それでは最後に、街歩きをしていて遭遇した面白いものなどをご覧くださいませ。





f0153497_13244490.jpg

映画「恋する惑星」のロケ地を回ってみました。このエスカレーターに見覚えありますか?





f0153497_13264986.jpg

主な出演者は金城武とブリジット・リン。そして、トニー・レオンとフェイ・ウォン。
この4人だったと思うのですが・・・いまいち記憶が定かではありません。





f0153497_14205584.jpg

香港ノアール映画の金字塔「男たちの挽歌」的地下駐車場。萌え・・・♪





f0153497_1342887.jpg

香港にはたくさんの日本人が出入りしている割に、街を歩けば間違った日本語やら変なものに出逢いました。
つか、だれか教えてあげればいいのに←ただ笑ってるだけの根性悪





f0153497_13481451.jpg

惜しい、一字違いだった。〇松坂牛 ×松板牛





f0153497_14115478.gif

日本食ブームが世界に蔓延している昨今ですが、多分海外にある和食の店のオーナーは
日本人じゃない率高いかと思われ。
こちらは繁華街にある日本甘味の店で見ちゃったものです。どうみてもウドンだし^^;





f0153497_15153146.jpg

怪しさ全開(笑)






f0153497_15134513.jpg

実は香港に来る前に上海旅行がありまして。
そこで風邪を悪化させてしまい、体調不全のまま香港に来たため終始苦しめられることに。。
けれどもまあ、
香港では映画も見られたことだし、水っ洟すすりながらもあちこち探検してけっこう楽しめました。





f0153497_14363776.jpg

いつか再び訪れることができたなら、今度こそ長州島で鹹魚を仕入れてこなくっちゃ。
それに、行き損ねたバード・ストリートにも行ってみたいし、毎朝陸羽で朝ご飯も食べたい。
・・・と言うより、次回は充分に体力と気力を蓄えてから行こうと思います。





f0153497_1513153.jpg

香港はキョーレツなパワーに満ちた街。
弱った体と心では、とうてい太刀打ちできずに踏みつぶされそうでした。
よしっ、待ってろよ香港。ではではまたね!!



f0153497_1555332.jpg

# by fukuzzz | 2007-12-20 13:12 | 香港

香港ラプソディー

f0153497_9475869.jpg






香港の人は、気温25℃でもお洒落のためにコートを着る。

香港の街角には、至るところに灰皿が設置されている。

香港の人々は、やたら忙しそうにセカセカ歩いている。

香港で一番目に付くのは、ショッピングバッグを抱えた日本人たちである。






f0153497_9552319.jpg




香港を訪れたのは、ざっと30年振りであります。

その昔、まだ私がほんの娘っ子の頃に来て見た香港の街と、現在の香港の姿とは
大きなギャップがありました。

いつの間に、こんな小洒落た街になっちゃったんだろうか?

ここはホントにあの香港なんだろうか?? そんなふうに感じて戸惑いました。
# by fukuzzz | 2007-12-20 13:00 | 香港

上海で鼻歌

f0153497_12192929.jpg

毎度のことながら、今回も日本を発つ前にひいた風邪のせいで現地でも体調が悪く、
上海到着1日目は移動もらくな団体ツアーに参加してみました。

二度目の上海、2泊3日の旅。
この旅で私はどんなものに出逢えるのでしょうか。






f0153497_1229543.jpg

ってことで、
団体ツアーは上海市内から一番近い水郷の街・七宝(ちーぱお)へ到着。






f0153497_12382835.jpg

七宝は小さな規模ではあるが、地元の観光客で賑わっているような郷土色豊かな街です。
下手に観光客を意識していじってる感も無く、かえってそれが新鮮でした。






f0153497_12521313.jpg

静かな水面に写る風景の美しさも圧巻です。






f0153497_12555051.jpg

「屋台の食べ物は食べないでください。お腹壊しても責任持てませんから」
と現地ガイドさんに釘を刺されていたにもかかわらず、そんなのカンケーないやとばかりに
買い食いしまくった私たち夫婦。

だって、どんなとこで何を食べようがお腹壊したことないもんね~♪ ←胃袋だけは強靭





f0153497_134160.jpg

具合悪いと言いながら、この七宝では臭豆腐や焼き饅頭やちまきを片っ端から食べました。
そして、特筆すべきはこの小籠包!!!





f0153497_1383460.jpg

ご覧下され、いかにも旨そうなオーラが漂っている繊細な皮を。
熱々の蒸したてを一口やれば、中からじゅわ~~っと美味しい肉汁があふれ出してまいります。
まさに至福!!! (南翔饅頭店のそれをはるかに凌駕する素晴らしさ)





f0153497_1316508.jpg

実はここ、バスの中でガイドさんにこっそり教えてもらった店でした(七宝入り口の橋のたもとにあります)


ガイド氏「ほんとうに変なもの食べないでくださいよ! わたしも怒られるんだから」
 

ワシ「まあそれは自己責任ってことで(ニヤニヤ) じゃ、逆にここなら安心で美味しい店ってあるの?」

このように、土地のうまいもんを現地ガイドさんに尋ねるのは、団体ツアーでは意外と使えるテクであります。
だってさ、ツアーの食事ときたら・・・想像を絶す(以下略)
# by fukuzzz | 2007-12-07 06:13 | 上海

豫園へ No.1

f0153497_1483089.jpg

前回の上海旅行では、豫園を訪れたのが日曜日で街中は観光客で大混雑でありました。

で、残念ながら、豫園見物は断念したわけですが、今回はツアーお任せで平日の比較的早い
時間帯に行ったのが正解だったようで、思ったより空いておりました。ほっ

画像は豫園の周りにある土産物屋街「豫園商場」です。
露出を間違え、まるで悪の牙城のような雰囲気・・・あいや~






f0153497_14403640.jpg

さて、明代に作られた(幾度か修復されてはいるが)豫園の見どころと言うべき場所は
そりゃ~、もう沢山あるんですが・・・

たとえば、うっとりするほど美しい中国式建築とか。

太湖の底から引き上げて運ばれてきた奇岩であるとか。





f0153497_14414362.jpg

壺の形にくり抜かれた壁の向こうに見える竹林とか。





f0153497_14424029.jpg

でっかい龍のオブジェがくっついてる龍壁などとか。





f0153497_14433187.jpg

よくみると、龍の足元にアートなカエル? いやホントに色々あって面白いですわ(笑)






f0153497_14474071.jpg

こちらは心奪われた飾り窓。






f0153497_14544636.jpg

光と影の美しさ、戸外の風景との融合に息を飲みました。
# by fukuzzz | 2007-12-06 08:03 | 上海

豫園へ No.2

f0153497_15135573.jpg

そして、伝統的な飾り窓以上に心を揺さぶられた石畳。

大昔の人々の手が作りだした見事な石畳アートです。
遠い昔を語る石たち。
なんとも味わい深い美しさに見とれました。






f0153497_1518580.jpg

しゃがみこんで石畳をじっくり観察。
きちんと整列した石たちのなんときれいなことか。

陽光がまるで慈しむように石畳を撫でて温めていました。





f0153497_15194417.jpg

ずっと石畳を眺めていたら、その昔、地べたにしゃがみ込んで、一心に石を埋め込む仕事をしている
人々の姿がふいに景色の向こう側に見えたような気がした・・・のであります。





f0153497_15241581.jpg

とにかく一度は見ておきたかった豫園。
団体ツアーだったから待ち時間なしのスルーパス。個人旅行だとこう簡単にはいかないでしょう。
ツアーもなかなか捨てたもんじゃありませんね^^
# by fukuzzz | 2007-12-05 07:20 | 上海

リンクはどうぞご自由に


by fuku