人気ブログランキング |

カテゴリ:日本の旅( 33 )

西山温泉から忍野八海へ

f0153497_14123251.jpg
さて、
山の恵みを思う存分堪能した後は、その日の宿泊地である西山温泉へと向かいました。
なんでもここは全館源泉のかけ流しの豊富な湯量が売りらしくて、洗面所の蛇口からも
温泉水が出てきたのには、ビックリを通り越してポカ~ンでありました。

硫黄の香り漂うお湯にゆったり浸かれば、疲れが身体中から溶け出していくのがわかります。
夕食後、露天風呂に入ってみたら、風呂の植栽に10cm超もある薄緑色の巨大な蛾が居るで
ねーか! 調べてみると、これはオオミズアオという名の巨大蛾のようでした。
なにこれキレイというか、夜に遭遇するとギョッとしますね。

なにはともあれ、従業員の方々の気の利いたきめ細かなサービスや、山の幸(牛肉もあったが)
で整えられた食事にも満足して、その日は心地よい瀬音を聞きながら早々と就寝。
はあ~、やっぱり温泉旅はサイコー!!




f0153497_14135927.jpg
翌日、帰路の途中で忍野八海に立ち寄ることに。
富士山も見たが、富士山を掌に乗っける構図で写真を撮っている陽気なオバサンも見た。
おそらくタイ人かベトナム人であろうと推測。大胆ポーズもいいけど落っこちないでよ(笑)





f0153497_14150541.jpg
忍野八海に来ると必ず立ち寄る峠の蕎麦屋天祥庵
まずはとろりと旨い卵のしょうゆ漬けをば。



f0153497_14154231.jpg
いつも頼むぶっかけ蕎麦を食す。
(手打ち蕎麦に様々な薬味と焼き味噌を乗っけ、冷たいそばつゆをかけ回して頂くという
一品。安定の旨さです)





f0153497_14161101.jpg
旅の終わりに、忍野八海をぶらぶら散歩して気になったことがひとつありました。
気のせいか前に来た時よりも、水の透明度が明らかに下がっているような。。
ゴミもたくさん浮いてるし。

ここ数年来、忍野八海も爆発的な観光ブームで海外からも観光客が押し寄せているようです。
まさかそれが原因だとは思いたくありませんが、人間が増えていくと少しづつ自然も汚れた
り壊れたりしていくものなのかも知れませんね。残念なり。


by fukuzzz | 2019-07-11 16:22 | 日本の旅

山梨にて

f0153497_13151009.jpg
草津で泊まった後、山梨県に移動してサントリーの白洲蒸留所やら仙人小屋を巡りました。
仙人小屋では以前から食べてみたかった『春の山菜定食』を満喫。



f0153497_13180875.jpg
採れたて山菜の天ぷら、煮物、和え物、汁物、漬物、サラダ等々がズラッと勢ぞろい。
いやはやまったく、これでもかという程の山菜祭りです。
飽きないように味をひとつづつ変えて盛り付けてはいるものの、なんせ圧巻のボリュームです。
途中、食べ切るのはちと無理っぽい感じもしましたが、そこは根性で完食しましたよ。ええ




f0153497_13480667.jpg
ごはんには桜の塩漬けがちょこんと。かわいいな。



f0153497_14064008.jpg
約3年ぶりに訪れた仙人小屋は、相変わらず深い山あいに抱かれて静かに佇んでおりました。
また、ジビエ料理もこの店の名物ですが、獲りたてで食べごろの熊や鹿や猪があればラッキー。
そんな時には迷わず注文してみようと思います。


by fukuzzz | 2019-07-07 14:51 | 日本の旅
f0153497_15101171.jpg
GW明けのある日、二泊三日で温泉旅行へと出かけました。
温泉大好きなのに今まで何故か草津にはご縁がありませんで、実は今回初の草津温泉でした。

まずは、超有名な湯畑見物。
鼻をつく硫黄の強い匂いと、もうもうと立ち昇る湯煙の凄まじさよ。
う~ん、実際こういうのを目の当たりにすると、いかにも温泉地に来たって実感がわきますな。

そして、草津温泉といえば『湯もみショー』がやはり超定番ですが・・・
人々がずらっと長い行列をつくっていまして、TVのニュースなどでも軽く100回以上は
見ているので軽くパスしました。ま、いっかってことで(笑)



f0153497_15250515.jpg
湯畑の下のほうには、こんな温泉池がありました。スゴイスゴイ! なんなのこの色?




f0153497_15291696.jpg
夜、ライトアップされた湯畑。
草津は標高が高い場所らしく、夜になるとぐっと冷え込んできます。
五月とはいえ、湯上りに軽装で街中を歩いていると寒気がします。ご注意あれ。
ところでこれ、
なんだか幻想的な色合いといえばいいのか。。ちょい怪奇趣味寄りな気もして怖い。



f0153497_15454285.jpg
久々の温泉旅で賑やかな温泉街をぶらぶら散歩した後、宿に戻ってもう一度温泉に浸かりました。
宿の温泉は館内湧出する源泉で、とろりと濃厚でけっこう熱め。
肌にじんじんくるほど熱い湯ですが、浸かるほどにうっとりと極楽気分になってまいります。
草津温泉、なんて素晴らしいお湯なんだろうか。
宿で出してくれた信州サーモンも美味しかったし(^o^)



f0153497_16001555.jpg
ケロリンの黄色い湯桶が欲しくて商店街をふらついていたら、こんなところに可愛い子が!
子猫のまわりには兄弟姉妹らしき猫たちも数匹いて、どうやら飼い猫ではないらしい。
よほど連れて帰ろうかと迷ったけれど、翌日は西山温泉泊の予定があって泣く泣く断念です。
ほんとうにこれだけは残念無念でありました。


by fukuzzz | 2019-07-05 16:27 | 日本の旅
f0153497_14455534.jpg
京都の帰りがてらに奈良にも立ち寄りました。
とはいえ、新幹線の時間を気にしつつ東大寺のみの見物です。


f0153497_17024743.jpg

可愛いバンビちゃんに逢えるのを楽しみにしていたグズリーナ。
駅構内に設置されたバンビにまたがってご機嫌な姉妹です。
そういや、せんとくんも居ました。いやはや何度見てもシュールだな⌒.⌒;



f0153497_14583843.jpg

がしかし、
大仏殿前の参道に群れを成す、大きな角の生えた雄鹿を目にした途端、
グズリーナの中で「かわゆいバンビちゃん」のイメージが崩壊したようです。
突然パニック状態となって泣き叫び、まるで猿の木登りかよと思える素早さで
息子の身体にスルスル登ったかと思ったら、首にしがみついて大泣きでした。

こわ~い!! こわ~~~い!!! うぎゃ~~~っ、こっちに来ないでぇ~ってね。
よく見るのだグズリーナ、寄って来てるのは雌鹿とちび雄鹿なのに(笑)

そんな大騒ぎの中、安全圏からきっちり敵情視察するビビリーナ。
慌てず騒がず良い子です(というか、生まれつき肝が太い)



昔の歌なのでご存じない方々も多いと思いますが、この記事の珍妙なタイトルは
かの吉永小百合さんの歌う「奈良の春日野」という歌詞から頂戴しました。
♪青芝に腰を下ろせば 鹿のフン
フンフンフンフ~ン 黒豆やぁ
フンフンフンフ~ン 黒豆や
フンフンフンフン 黒豆やぁ~♪

ほんとうにスゴイ歌ですが、思えば昭和時代にはこんなのがいっぱいありました。
そして、やはり歌になるぐらい周辺はフンだらけでした。。



f0153497_15275877.jpg

大仏殿を目前に力尽きたわたしは、修学旅行の団体を眺めながら木陰でひとり
アイス食べながら休憩タイム。←世界遺産よりアイスを選ぶ非国民

たしかに強行軍の子連れ旅行ではありましたが、フエちゃんは疲れながらも結構
この旅を楽しんでいた様子です。それが何より!
今度は子どもをわたしたちに預けて、息子とふたりでゆっくり京都・奈良を巡って
もっとたくさんの素敵な体験をして欲しいと思います。

あ、いやいや、
子ども達がもう少し大きくなって、爺婆とお留守番できるようになってからね(゚◇゚;


by fukuzzz | 2017-06-13 16:20 | 日本の旅
f0153497_15561118.jpg
京都滞在2日目は嵐山周辺をうろうろしました。
渡月橋(渡らずに眺めただけ)やら竹林やらの見物です。

やはりこの日も気温は軽く32℃ぐらい上がったらしくてね、ハイ。
吹き出す汗と押し寄せる観光客にまみれ、とてもじゃないが、いにしえの物語の
舞台となった地に想いを馳せる気にもなれず。。

でも、京都初上陸のフエちゃんや孫は元気いっぱいでした。
それだけでも、ほんとうに来てよかったと思えたのであります。
(息子一家の写真だけは沢山撮りました)


f0153497_16094329.jpg
竹林でも、やたら目立つ和服カップルと人力車が多くてビツクリどすえ。




その4(フンフンフンフン鹿のフン)につづく

by fukuzzz | 2017-06-08 16:36 | 日本の旅
f0153497_16035350.jpg
そもそもが京都は大人のための粋な街でございます。
決して、小さな子ども連れで右往左往するような場所ではないのです。

よって、生活のタイムスケジュールを子どもに合わせるのを最優先事項とした
わたし達の旅ごはんは、まずは子連れで入れる店が大前提であり、
なおかつオーダー品が、子ども達がぐずり出す前に素早くテーブルに到着する店に
限定されました。
それでも、錦市場のおばんざい料理「いけまさ」さんや川床のすきやき等々も
いちおう堪能。しかし、食べ物画像がまったく少なくて寂しさのあまり、以前
京都を訪れた時の写真も最終的手段として混ぜくってしまいました。
ど、どうぞ悪しからず。。(汗)




f0153497_16475771.jpg
ところで、
夫は京都初日の夜、京都在住の友人と二人でちゃらちゃら遊びに出かけまして、
ほろ酔いでホテルに帰還したときには、「壱銭洋食」の名物お好み焼きを4個も
抱えておりました。どうやら帰りがけに買ったらしい。
わたしは眠気をこらえて有難く食しましたが、隣室の息子一家に温かいうちに
と届けるも、早くも21時過ぎにはすでに全員が爆睡中だった様子で(はやっ)
何度かドアをノックしたりチャイムを鳴らしても無反応でした。
いやはや残念だったね~、おいしかったのにね~~。

ここのお好み焼きは、牛筋や九条ネギにコンニャクなんかも入っておりまして
旨いんですわ。店の雰囲気も何故か京都らしからぬギラギラ原色ディスプレイ。
そう、ここだけ大阪感たっぷりで、そりゃもう面白くて笑えるから。
機会がありましたら、ぜひ一度ご覧あれ。ぶっ飛んでますえ⌒.⌒
(写真はHPのをお借りしました)




f0153497_17303224.jpg
さて、こちらは京都銘菓のしたたりというお菓子です。
なんでも祇園祭にちなんだ夏の茶菓子なんだとか(今は通年販売のようですが)
寒天と黒糖と地下水で作った水羊羹風のもので、優しくツルリととろける味わい。
水のきれいな京都ならでは名物だといえるでしょう。店舗は錦市場からも近く
おみやげに買って帰りたかったのですけど、子連れの身でしたので断念。。
亀廣永(かめひろなが)というお店の商品です。ご参考まで。




その4につづく(まだ続くんかい)

by fukuzzz | 2017-06-02 20:32 | 日本の旅
f0153497_16354513.jpg
名所旧跡を巡ってみれば、どこへ行っても観光客でごった返す京都。
人波に揉まれ、暑いわ、むくんだ足におろしたての靴が痛いわ、子どもは疲れて
機嫌が悪くなるわ・・・ってんで、ありがたみも今一つ。


ところがですね、
朝早く、泊まったホテルの裏手に流れる美しい高瀬川周辺を散歩していたら、
錆びたフェンス越しではありましたが、大きなアオサギに遭遇。
よもやこんな大都市で、アオサギが生息しているなんてやはり京都は凄いなあと。
観光地巡礼も良いけれど、ほんとうの京都の素晴らしさは、実はこういうところに
あるのでしょう。環境保護にかなり力を入れているのがわかります。
たかが数日の滞在で、京都を知ったつもりになっちゃイカンよね。




f0153497_17080290.jpg
到着当日は、伏見稲荷→清水寺→金閣寺と猛暑の中でハードなスケジュール。
(写真は金閣寺を除き、あまり関係ない場所です)




f0153497_17205795.jpg
目についた電車の中吊り広告。う~む、なかなか可愛いではあ~りませんか!




f0153497_17224868.jpg
なお京都の電車の吊皮は、一部このようになっておりました。これいいかも(笑)



f0153497_17371326.jpg
ラブラブな爺さんと孫(所かまわず抱っこをせがむ孫を拒否できない大甘爺さん)
じぃじの身体に足を絡ませて離れない姿はまるでチンパンジー。
オマエは猿かと。




その3につづく

by fukuzzz | 2017-05-28 17:50 | 日本の旅
f0153497_14534151.jpg
♪なのにあなたは京都にゆくの 京都の町がそんなにいいの この私の愛よりも♪

べつにチェリッシュが好きなわけではありませぬが、家族で京都巡りしている間中、
脳内BGMでこの曲がなんとな~く流れておりました。なんでやねん(笑)
たぶんこれは、転勤あるいは学業のために京都行きとなった彼氏に、怨念まじりの
想いを訴える遠距離恋愛の歌なんでしょうか? なんだか物悲しくてみじめ。
カノジョもそんな男なんか、さっさと忘れて次行きなはれ。次! と言いたくなる。


ま、そんなことはどーでもよいことで、
今回の旅は日本に来てから久しいのに、まだ京都すら見たことがないという、
子育て真っ最中のフエちゃんのために企画した子連れ京都旅行です。

かくして息子一家と爺婆の総勢6名は、ある朝のこと新幹線で京都に出発しました。

f0153497_15030551.jpg
折しもこの日、京都の気温はまさかの32℃。まずは伏見稲荷へと向かいました。
カッと照り付ける灼熱の太陽の下、雪中行軍ならぬ熱中行軍(しかも子連れ)と
あいなりまして、この日だけでざっと約9㎞の道のりを歩き倒しました。


朱の鳥居だの、鍵と玉をくわえたお狐様だの、かわゆいお狐絵馬だのを、
溢れかえる観光客に(今、京都では一日着物レンタルで市内観光ってのが流行中)
混じりながら、キャッキャッとはしゃぎながら見物。
そうそう、もちろんお稲荷さんも食べましたよ←早くも体力の限界でヘロヘロ

その2につづく 

by fukuzzz | 2017-05-24 15:59 | 日本の旅

オキナワ写真

何年前だかに行った沖縄旅行の記事をようやくUPしたのですが、そのドサクサに紛れて
画像ファイルに残っている写真も載せることにしました。
なにせこの頃ちょいとボケてきたので、正確な情報や店名の記憶がどんどん頼りなく
なっておりますでな・・・忘れないうちに何とかしなくちゃ。はぁぁ~~(涙)



f0153497_12452828.jpg

夫が日本で一番好きな役所だと言う名護市の市役所。
なるほど、まるでどこかの国の遺跡を見ているような異国感というか異次元感が。




f0153497_21301156.jpg

なんなの? この怪しくもドラマチックな雰囲気。
カメラ好きさんなら、きっと飛びつく被写体天国だと思います。
撮影しなかったけれど、建物の上に並ぶ様々なシーサー達も壮観でした。




f0153497_1247222.jpg

こちらは、まるでRPGに出てきそうなファンタジー感いっぱいの建物。
好きだなあ、こういうの⌒.⌒



f0153497_12473798.jpg

塔の頂上から眺めた熱帯ドリームセンターの広大な敷地です。
この施設は、美ら海水族館のある海洋博公園内に併設されているとですよ。

園内では、蘭をメインに様々な花と緑が圧倒的な分量で迫ってきます。
歩いていると、たま~に謎の置物やら妙な建物に遭遇するのもまた一興(笑)

これだけ豪勢な施設なのになぜかお客がすくないので、非日常の楽園を味わうには
もってこいです。水族館もいいけど断然おススメなスポット。




f0153497_12482347.jpg

首里城見学をパスして行ってみた有名な石畳道。
ふらふら歩けば、樹齢300年ものご神木のような大木とか昔々の水道跡なんかにも
出会ったりしてそれはそれは面白かったです。ちゅらさんの家もあったよ。




f0153497_12491788.jpg

沖縄に行ったらやはりソーキそば食べなくては。
てなわけで、かき集めた情報を頼りに行ったのは「山原そば(やんばるそば)」
画像をご覧になられるとお分かりでしょう。ほんっとに旨かったです!!




f0153497_12494961.jpg

名護では超有名店な「ひがし食堂」のミルクぜんざい。360円也。
ここって小豆餡は自家製なんですかね、その旨さにちょっと感動しました。

良心的で素敵なお店です。機会があればまた立ち寄りたいなあ。



f0153497_12505468.jpg

暑いのが大の苦手で、わざわざ冬場を選んでオキナワに行きました。
冬でもあったかいはずのオキナワは、その当時最強の寒波襲来中で寒かったです。。
今度はもっと良い季節を選んで行ってみようと思います。はい。
by fukuzzz | 2016-08-25 14:49 | 日本の旅

沖縄「ままや」

f0153497_14125867.jpg

画像は2年ほど前に沖縄旅行したときのものです。

このお店にはとても良い印象を持ち、いつかご紹介したいと思いつつも、
例のなまけ癖であっという間に2年経過してしまったわけで。いやはや、どーにも(汗)

折しも本日、関東を中心とした広い範囲で台風が暴れまくっております。
不要不急の外出を避けている方々、お暇でしたら覗いて行ってくだされ。



f0153497_1414373.jpg

こちらの古民家風ダイニングが沖縄・那覇市の「ままや」さん。いい感じで落ち着きます。




f0153497_14144132.jpg

まずは突き出し3品。
島ラッキョウにはらりとかかった鰹節は削りたてっぽいね⌒.⌒




f0153497_14151451.jpg

どぅる天とノンアルコールビールでまずは乾杯。




f0153497_14155484.jpg

苦菜とそば茶のサラダ、繊細な味わいです。




f0153497_14162721.jpg

なんと山羊の刺身です! 肉が新鮮なせいか臭味もなくて美味しかったな。




f0153497_1417412.jpg

沖縄産の車麩をピカタで。
添えてあるのは豆板醤です。この組み合わせが素晴らしい!




f0153497_14173348.jpg

アグー豚の網焼きに柚子胡椒をのっけて食すのです。




f0153497_14175931.jpg

島ごぼうの炒め物も頼んでみます。うん、なかなかです⌒.⌒




f0153497_14182763.jpg

焼きテビチ。
いや~、豚足旨い! 沖縄は塩が特別なのかな? ほんとに絶妙の塩梅で。




f0153497_14185848.jpg

最後の〆の前に上品なゴーヤーチャンプルーも味わい、烏賊墨のジューシーをば。

ぜんぶ美味しかった! 満足満足!! ごちそうさまでした!!!




f0153497_14193953.jpg

このお店は旨い料理・店内の雰囲気・きれいな器の三拍子がばっちり決まっております。
バーカウンターでは穏やかに品よくお相手してくれるマスターも。


ままやはパワーに満ちた那覇市にあって、大人のために用意された素敵な空間を
感じさせる静かなお店。機会があれば、ぜひ一度訪れてみてください。
地元の人々でいつも賑わっているようなので、予約は入れた方が確実です。



f0153497_1420819.jpg

中庭にはかわいいにゃんこが(笑)
運が良ければ会えるかもしれませんよ。
by fukuzzz | 2016-08-22 15:33 | 日本の旅

リンクはどうぞご自由に


by fuku