甘川洞文化村

f0153497_11441341.jpg

夫は船旅を楽しみながら釜山に行きたかったと言い、私は釜山に行くならぜひここを訪れてみたい
と思っていました。




f0153497_1203235.jpg

甘川洞文化村(カムチョンドン ムナマウル)。
港町・釜山を取り囲む山々の一角にその街はあります。


古くから北朝鮮の移民たちが住み着いたというこの集落には、急勾配の山肌に小さな家々が
肩を寄せ合うようにびっしりと建ち並んでいます。


どこか広島の尾道を彷彿とさせる街の作りですが、まるでオモチャ箱をひっくり返したみたいな
カラフルな色彩にドッキリ。







f0153497_12553587.jpg

この風情漂う山の集落で、町おこしのための美術プロジェクトが動き出したのが2009年。





f0153497_12121822.jpg

以来、寂れた集落の活性化のためにアーティストと住民たちは力をあわせ、現在のような魅力的な
スポットへと街を変貌させたのだそう。





f0153497_1222199.jpg

今では国内外から人々がやってくる大人気の観光スポットとなりました。断然女子多し(笑)





f0153497_12574789.jpg

甘川洞文化村は、南浦洞のチャガルチ市場あたりからタクシーで約10分(バスも出ています)
山の上にある総合案内所で地図を購入し、展望台で街の全景を眺めてから山のふもとに向かって
家々の細い路地を分け入り、思う存分探検してくださいまし。




f0153497_11234766.jpg

☆文化村の地図は韓国語で書かれていて意味不明でしたが、街の中にいくつかある観光ルートの
順路はかろうじて理解できました。

たいがいの順路には目印もあり、素敵なオブジェや面白い見所なども点在しています。

ですが、街にお住まいの方々にとっては、ここが日常生活の場でもあるのです。
お互いマナーを守って楽しみましょうね^^
by fukuzzz | 2013-09-16 14:15 | 韓国

リンクはどうぞご自由に


by fuku