f0153497_16035350.jpg
そもそもが京都は大人のための粋な街でございます。
決して、小さな子ども連れで右往左往するような場所ではないのです。

よって、生活のタイムスケジュールを子どもに合わせるのを最優先事項とした
わたし達の旅ごはんは、まずは子連れで入れる店が大前提であり、
なおかつオーダー品が、子ども達がぐずり出す前に素早くテーブルに到着する店に
限定されました。
それでも、錦市場のおばんざい料理「いけまさ」さんや川床のすきやき等々も
いちおう堪能。しかし、食べ物画像がまったく少なくて寂しさのあまり、以前
京都を訪れた時の写真も最終的手段として混ぜくってしまいました。
ど、どうぞ悪しからず。。(汗)




f0153497_16475771.jpg
ところで、
夫は京都初日の夜、京都在住の友人と二人でちゃらちゃら遊びに出かけまして、
ほろ酔いでホテルに帰還したときには、「壱銭洋食」の名物お好み焼きを4個も
抱えておりました。どうやら帰りがけに買ったらしい。
わたしは眠気をこらえて有難く食しましたが、隣室の息子一家に温かいうちに
と届けるも、早くも21時過ぎにはすでに全員が爆睡中だった様子で(はやっ)
何度かドアをノックしたりチャイムを鳴らしても無反応でした。
いやはや残念だったね~、おいしかったのにね~~。

ここのお好み焼きは、牛筋や九条ネギにコンニャクなんかも入っておりまして
旨いんですわ。店の雰囲気も何故か京都らしからぬギラギラ原色ディスプレイ。
そう、ここだけ大阪感たっぷりで、そりゃもう面白くて笑えるから。
機会がありましたら、ぜひ一度ご覧あれ。ぶっ飛んでますえ⌒.⌒
(写真はHPのをお借りしました)




f0153497_17303224.jpg
さて、こちらは京都銘菓のしたたりというお菓子です。
なんでも祇園祭にちなんだ夏の茶菓子なんだとか(今は通年販売のようですが)
寒天と黒糖と地下水で作った水羊羹風のもので、優しくツルリととろける味わい。
水のきれいな京都ならでは名物だといえるでしょう。店舗は錦市場からも近く
おみやげに買って帰りたかったのですけど、子連れの身でしたので断念。。
亀廣永(かめひろなが)というお店の商品です。ご参考まで。




その4につづく(まだ続くんかい)

# by fukuzzz | 2017-06-02 20:32 | 日本の旅
f0153497_16354513.jpg
名所旧跡を巡ってみれば、どこへ行っても観光客でごった返す京都。
人波に揉まれ、暑いわ、むくんだ足におろしたての靴が痛いわ、子どもは疲れて
機嫌が悪くなるわ・・・ってんで、ありがたみも今一つ。


ところがですね、
朝早く、泊まったホテルの裏手に流れる美しい高瀬川周辺を散歩していたら、
錆びたフェンス越しではありましたが、大きなアオサギに遭遇。
よもやこんな大都市で、アオサギが生息しているなんてやはり京都は凄いなあと。
観光地巡礼も良いけれど、ほんとうの京都の素晴らしさは、実はこういうところに
あるのでしょう。環境保護にかなり力を入れているのがわかります。
たかが数日の滞在で、京都を知ったつもりになっちゃイカンよね。




f0153497_17080290.jpg
到着当日は、伏見稲荷→清水寺→金閣寺と猛暑の中でハードなスケジュール。
(写真は金閣寺を除き、あまり関係ない場所です)




f0153497_17205795.jpg
目についた電車の中吊り広告。う~む、なかなか可愛いではあ~りませんか!




f0153497_17224868.jpg
なお京都の電車の吊皮は、一部このようになっておりました。これいいかも(笑)



f0153497_17371326.jpg
ラブラブな爺さんと孫(所かまわず抱っこをせがむ孫を拒否できない大甘爺さん)
じぃじの身体に足を絡ませて離れない姿はまるでチンパンジー。
オマエは猿かと。




その3につづく

# by fukuzzz | 2017-05-28 17:50 | 日本の旅
f0153497_14534151.jpg
♪なのにあなたは京都にゆくの 京都の町がそんなにいいの この私の愛よりも♪

べつにチェリッシュが好きなわけではありませぬが、家族で京都巡りしている間中、
脳内BGMでこの曲がなんとな~く流れておりました。なんでやねん(笑)
たぶんこれは、転勤あるいは学業のために京都行きとなった彼氏に、怨念まじりの
想いを訴える遠距離恋愛の歌なんでしょうか? なんだか物悲しくてみじめ。
カノジョもそんな男なんか、さっさと忘れて次行きなはれ。次! と言いたくなる。


ま、そんなことはどーでもよいことで、
今回の旅は日本に来てから久しいのに、まだ京都すら見たことがないという、
子育て真っ最中のフエちゃんのために企画した子連れ京都旅行です。

かくして息子一家と爺婆の総勢6名は、ある朝のこと新幹線で京都に出発しました。

f0153497_15030551.jpg
折しもこの日、京都の気温はまさかの32℃。まずは伏見稲荷へと向かいました。
カッと照り付ける灼熱の太陽の下、雪中行軍ならぬ熱中行軍(しかも子連れ)と
あいなりまして、この日だけでざっと約9㎞の道のりを歩き倒しました。


朱の鳥居だの、鍵と玉をくわえたお狐様だの、かわゆいお狐絵馬だのを、
溢れかえる観光客に(今、京都では一日着物レンタルで市内観光ってのが流行中)
混じりながら、キャッキャッとはしゃぎながら見物。
そうそう、もちろんお稲荷さんも食べましたよ←早くも体力の限界でヘロヘロ

その2につづく 

# by fukuzzz | 2017-05-24 15:59 | 日本の旅

わたしの場合

かなり回復しましたが、昨年から自律神経失調症を患っております。
ひとまず、時折忘れたころにやってくる過活動膀胱の恐怖はありますけれど、
睡眠障害のほうも薬の力を借りて何とか落ち着いています。

ネットで検索すると、それこそ山のように自律神経失調症に効果のある体操やら
食生活やらが出てきまして、藁をもすがる思いで片っ端から試してみたわけですよ。
そして、
結局わたしの場合は、やはり馴染みのある養生功体操や太極拳が効果的でした。
長年の不摂生と運動不足で姿勢は常に前かがみ、知らず知らずのうちに呼吸が浅
く短くなっていて、そんな状態が続いて体内のバランスが崩れていったのかと。
今はいわゆる「腹式呼吸」を意識しながらの体操と、毎日の外歩きでかなり体力が
付いてきたのを実感しています。
やはり、生き物にとって呼吸というのは大切なものなんですねえ。


何がこの不愉快極まる病に効くのかは、正直、人それぞれでわかりません。
でも、ひとつの例としてここに覚書を残したいと思います。
わたしは、毎日この体操&太極拳をワンセットで実行し、外歩きも欠かさず行い、
夕方には更に軽めの体操をしています。

↓こういうの趣味じゃないわ~と思う方々もいらっしゃるでしょーね(笑)




日本語解説で動きに合わせた呼吸のタイミングを教えてくれます。
(こういう正しい呼吸法は、太極拳教室では教えてくれなかったなあ)
腹式呼吸は、簡単に言えば鼻から吸って口から息を吐けばいいだけ。
徐々にコツも呑み込めますんで大丈夫^^





前段・後段を一緒にやると、最初のうちはかなり疲れましたよ。ホントに。
わたくし的には後段のほうがカッコイイし好きです。





はい、ここで楊式太極拳24式をば。
背中をぴしっと伸ばして行うと気持ちもすっきりいたします。





なんやら怪しい感じのオッサンですが(ごめんなさい師父)
最後はこれで〆。
目を閉じて頭の中をからっぽにして行います。
(瞑想とは程遠いけど、まあそんなイメージで)
とんがった神経が、ゆるりとほどけていくのが分かると思います。


以上がリハビリとして実践している日課でございます。
うん、面倒くさいですわ。でも修行だと思ってやっているのだ⌒.⌒

# by fukuzzz | 2017-05-18 17:19 | 日記
f0153497_13365414.jpg
GWも終わり、遊びに来ていた孫の一家が帰りました。
世のおぢいちゃん、おばーちゃん達もお疲れさまでございました。


楽しかったねえ、可愛かったねえ、フエちゃんのバインミーも美味しかったねえ。
お嫁さんと息子にも感謝感謝、ありがとう!

でもなんたって爺と婆ですから、ぢつは体力が限界点超えでヘロヘロでした。

疲れを知らない子どものように~♬
子どもって疲れ知らずのエネルギーの塊のようなもの、いやマジで。
ふぅぅぅぅ~~~~。

# by fukuzzz | 2017-05-09 14:04 | 日記

リンクはどうぞご自由に


by fuku