f0153497_13415373.jpg

九龍・ 尖沙咀(チムサーチョイ)地区に建つ重慶大厦(チョンキン・マンション)は、
外国人いっぱい、怪しさいっぱい、ついでに犯罪の匂いもそこはかとなく漂う
安宿や飯屋や両替屋やら、様々な店がひしめく巨大雑居ビルであります。





f0153497_1357289.jpg

長州島から戻って香港の街をあちこち彷徨い歩き、最後の夜は探検がてらにこちらで夕食を
とろうと勇んで来た次第です。
重慶大厦はインド人率がべらぼうに高く、1Fの露店エリアをふらふら歩けばインドのお総菜が
通路でたくさん売られていて、それらは本当に旨そうでめまいがしそうでした。
(両替のレートもすごく良いので、香港にお出かけの折にはご利用ください)





f0153497_14172694.jpg

ある意味、たしかに魔窟的ではある重慶大厦内の階段付近。
ここは犯罪が多発する場所らしいので、安易に立ち入らない方が良いかもです。



f0153497_14213772.jpg

壁に貼り付いた剥き出しの配線を横目に、この暗くて怖い階段を通っていたら
ふと、その昔にやったゲーム「クーロンズ・ゲート」を思い出してしまいましたばい。



f0153497_1423164.jpg

クーロンズゲート的ワンショット(笑)



f0153497_14283444.jpg

何だか意味不明な矢印。マニアック臭がぷんぷんする。ははは

しかし、わざわざ危ない階段を使うより、エレベーターで来た方が
よっぽど安全なんですが、そのエレベーターがまた異常なほどに大混雑しているのね、
このビルは。。




f0153497_143444.jpg

そんなこんなで、やっと来ました。
同ビルB棟3Fの「タージマハル」。けっこうその筋では有名な印度レストランなんだそう。




f0153497_14405071.jpg

いかにもデンジャラスな雰囲気のわりに店内はごくフツーのレストランでして、
何やら隣のテーブルでは日本の会社員たちが合コンやってたり・・・ちと期待はずれ。
ま、そんなもんだよね(笑)

ってことで、この夜は2人用のディナーコースを注文してみました。
まずは、酸味のきいたトマトスープから。




f0153497_1447188.jpg

赤玉ねぎの甘いサラダや魚のフライを食べた後に、タンドリーチキンをパクパク。

普段、ほとんど飲めない私もこの日はビールをけっこう飲んでしまい
すでに顔はサルのように真っ赤かでありました。。ははは
やっぱ、カレーにはビールが合いますわね~。





f0153497_14492838.jpg

カレーは羊肉と野菜の2種類をチョイスしました。

羊肉はスパイシーでこってりと美味しく。
野菜のは野菜の旨味がぎゅっと詰まってて。
・・・・・・・・・うまか(感涙)





f0153497_14515213.jpg

そして、焼きたての山盛りナンでおます。
ガーリックが練り込んであって、千切ってはカレーにつけて食べ、千切っては食べてるうちに
すっかりきれいに無くなりました。

たしかこの後、一口デザートも食べたような気がするのだけど、その頃には完全に
酔っぱらっていたので、ハッキリ覚えておりません^^;




f0153497_14532413.jpg

いや~しかし、旨かったなあ。ごちそうさん!
チョンキンマンションでは、やはりカレーを食べなきゃウソだ!
# by fukuzzz | 2007-12-20 15:33 | 香港

香港のおいしい話

f0153497_9452227.jpg

古の昔から異国の風に触れてきた香港は、洗練を極めた美味が溢れる食の都でもあります。
本当は財を投げ打ってでも嫌というほど美食三昧&酒池肉林(別の意味でね)したい
ところでしたが、なにせ当方は小心者でございます。今回はお手軽な線で行きました←ケチ

てなわけで、「香港で出逢った美味しいものたち」。
先にご紹介した陸羽茶室 やタージマハルの記事と合わせてご覧ください。





f0153497_1036411.jpg

まずは中環にある鏞記酒家の特製皮蛋。
この皮蛋、皮蛋が家鴨の卵であるということを思い出させてくれるような大きさでした。
お味の方は・・・ふふふ、画像をご覧になればお分かりっすよね~~♪♪
頼めばテイクアウトもできるそうで、お土産にも良いと思います。





f0153497_10431366.jpg

同じく鏞記で食べたコース料理の“季節の野菜カニ肉あんかけ” 旨いっっ
じ、じつは食したコースの写真がほとんどピンボケとなってしまい、全く使い物にならなかったため、
かろうじて使えそうな数枚の写真だけをご紹介。




f0153497_10594012.jpg

で、こちらが鏞記名物“鵞鳥のロースト”です。炙り加減が最高!
ちなみにコース料理の内容は、
*スープ *季節の野菜カニ肉あんかけ *海鮮XO醤炒め *鵞鳥のロースト
*広東風五目炒飯 *マンゴープリン
の6品でございました。




f0153497_1112382.jpg

食後のマンゴープリン。
濃厚なマンゴーの香りとコクが素晴らしかったなあ。
きちんと仕事のしてあるものってホントに旨いですわ。コースも上品なお味で美味しかった(感涙)





f0153497_11155321.jpg

街のパン屋さんで発見した皮蛋酥?(ごめん、名前忘れた) です。
白あんにねっとりしたゴマの風味がプラス。
さらに感じる微かな塩味は・・・鹹蛋の黄身を混ぜ込んであるのでしょうか。




f0153497_11205752.jpg

ざっくりとしたパイ生地をガブッと行けば、中にはぷりぷりの皮蛋が隠れているって寸法です。
ほっほっほ~、旨いわこれ♪♪♪

パン屋さんの名前は香港で展開している人気チェーン店「凱施餅店」
お値段は1個が3.5香港ドルでした(1香港ドル=約15円)

下手なお土産買うより、こちらのほうがよっぽどいいかもですねえ。
但し、店には作り置きしている数が少ないようなので、あらかじめ予約しておいた方が
良さそうです。
店にあった6個全部を買い占めましたが、もっと沢山欲しかった(悲)




f0153497_1127459.jpg

尖沙咀の廣東燒味餐廳で鵞鳥のローストごはん。
ホテルが尖沙咀のど真ん中でしたので、この辺りはよく徘徊しました^^;




f0153497_11442176.jpg

たしかこれ、香港に着いた夜に食べたんだったっけ。お持ち帰りも可、リーズナブルで旨し。




f0153497_11475945.jpg

ローストごはんの後、マカオ料理屋の店頭で買ったマカオ蛋撻。
ホテルに帰ってからしっかり食べました。サクサク香ばしくてクリーミィ♪




f0153497_1156546.jpg

お次は香港でチェーン展開している「許留山」というデザート店のマンゴープリン。
ここのはフルーツがてんこ盛りで美味しかったですよ。





f0153497_129199.jpg

そして、香港の有名菓子屋「奇華餅家」
私の大好きなエリック・ツァン氏がイメージキャラクターです(笑)
おしゃれなパッケージにお手ごろな価格ってのがイイ。職場の同僚に購入した
蛋巻というロールクッキーは大好評でしたね~。

いや~、全部旨かった旨かった。ごちそうさまでした^^

f0153497_12281579.jpg

# by fukuzzz | 2007-12-20 14:35 | 香港

街を歩けば

f0153497_13151215.jpg

それでは最後に、街歩きをしていて遭遇した面白いものなどをご覧くださいませ。





f0153497_13244490.jpg

映画「恋する惑星」のロケ地を回ってみました。このエスカレーターに見覚えありますか?





f0153497_13264986.jpg

主な出演者は金城武とブリジット・リン。そして、トニー・レオンとフェイ・ウォン。
この4人だったと思うのですが・・・いまいち記憶が定かではありません。





f0153497_14205584.jpg

香港ノアール映画の金字塔「男たちの挽歌」的地下駐車場。萌え・・・♪





f0153497_1342887.jpg

香港にはたくさんの日本人が出入りしている割に、街を歩けば間違った日本語やら変なものに出逢いました。
つか、だれか教えてあげればいいのに←ただ笑ってるだけの根性悪





f0153497_13481451.jpg

惜しい、一字違いだった。〇松坂牛 ×松板牛





f0153497_14115478.gif

日本食ブームが世界に蔓延している昨今ですが、多分海外にある和食の店のオーナーは
日本人じゃない率高いかと思われ。
こちらは繁華街にある日本甘味の店で見ちゃったものです。どうみてもウドンだし^^;





f0153497_15153146.jpg

怪しさ全開(笑)






f0153497_15134513.jpg

実は香港に来る前に上海旅行がありまして。
そこで風邪を悪化させてしまい、体調不全のまま香港に来たため終始苦しめられることに。。
けれどもまあ、
香港では映画も見られたことだし、水っ洟すすりながらもあちこち探検してけっこう楽しめました。





f0153497_14363776.jpg

いつか再び訪れることができたなら、今度こそ長州島で鹹魚を仕入れてこなくっちゃ。
それに、行き損ねたバード・ストリートにも行ってみたいし、毎朝陸羽で朝ご飯も食べたい。
・・・と言うより、次回は充分に体力と気力を蓄えてから行こうと思います。





f0153497_1513153.jpg

香港はキョーレツなパワーに満ちた街。
弱った体と心では、とうてい太刀打ちできずに踏みつぶされそうでした。
よしっ、待ってろよ香港。ではではまたね!!



f0153497_1555332.jpg

# by fukuzzz | 2007-12-20 13:12 | 香港

香港ラプソディー

f0153497_9475869.jpg






香港の人は、気温25℃でもお洒落のためにコートを着る。

香港の街角には、至るところに灰皿が設置されている。

香港の人々は、やたら忙しそうにセカセカ歩いている。

香港で一番目に付くのは、ショッピングバッグを抱えた日本人たちである。






f0153497_9552319.jpg




香港を訪れたのは、ざっと30年振りであります。

その昔、まだ私がほんの娘っ子の頃に来て見た香港の街と、現在の香港の姿とは
大きなギャップがありました。

いつの間に、こんな小洒落た街になっちゃったんだろうか?

ここはホントにあの香港なんだろうか?? そんなふうに感じて戸惑いました。
# by fukuzzz | 2007-12-20 13:00 | 香港

上海で鼻歌

f0153497_12192929.jpg

毎度のことながら、今回も日本を発つ前にひいた風邪のせいで現地でも体調が悪く、
上海到着1日目は移動もらくな団体ツアーに参加してみました。

二度目の上海、2泊3日の旅。
この旅で私はどんなものに出逢えるのでしょうか。






f0153497_1229543.jpg

ってことで、
団体ツアーは上海市内から一番近い水郷の街・七宝(ちーぱお)へ到着。






f0153497_12382835.jpg

七宝は小さな規模ではあるが、地元の観光客で賑わっているような郷土色豊かな街です。
下手に観光客を意識していじってる感も無く、かえってそれが新鮮でした。






f0153497_12521313.jpg

静かな水面に写る風景の美しさも圧巻です。






f0153497_12555051.jpg

「屋台の食べ物は食べないでください。お腹壊しても責任持てませんから」
と現地ガイドさんに釘を刺されていたにもかかわらず、そんなのカンケーないやとばかりに
買い食いしまくった私たち夫婦。

だって、どんなとこで何を食べようがお腹壊したことないもんね~♪ ←胃袋だけは強靭





f0153497_134160.jpg

具合悪いと言いながら、この七宝では臭豆腐や焼き饅頭やちまきを片っ端から食べました。
そして、特筆すべきはこの小籠包!!!





f0153497_1383460.jpg

ご覧下され、いかにも旨そうなオーラが漂っている繊細な皮を。
熱々の蒸したてを一口やれば、中からじゅわ~~っと美味しい肉汁があふれ出してまいります。
まさに至福!!! (南翔饅頭店のそれをはるかに凌駕する素晴らしさ)





f0153497_1316508.jpg

実はここ、バスの中でガイドさんにこっそり教えてもらった店でした(七宝入り口の橋のたもとにあります)


ガイド氏「ほんとうに変なもの食べないでくださいよ! わたしも怒られるんだから」
 

ワシ「まあそれは自己責任ってことで(ニヤニヤ) じゃ、逆にここなら安心で美味しい店ってあるの?」

このように、土地のうまいもんを現地ガイドさんに尋ねるのは、団体ツアーでは意外と使えるテクであります。
だってさ、ツアーの食事ときたら・・・想像を絶す(以下略)
# by fukuzzz | 2007-12-07 06:13 | 上海

リンクはどうぞご自由に


by fuku