<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

召しませ台北

f0153497_14571043.jpg

旅すれば、美しい風景写真や人物の記念写真より断然多い食べ物写真の数々。
帰宅してから旅の写真を整理する度に、こんなに食ったのかい。。といつものことながら
ゾッといたします。ですがその割に反省なしです・・・いいのさそれで、食い気バンザイ!


では、サクサクまいりましょう。
ディンタイフォン(鼎泰豐)の小籠包は日本人ならみんな好き。
ということで、行ってみました。たしかに嫌みのない旨さと絵になるビジュアルはさすが。
f0153497_1936304.jpg
ここは小籠包以外のメニューも充実しているのが嬉しい。牛肉麺や泡菜もなかなかです。




f0153497_15335180.jpg
お次は蚵仔煎(牡蠣のお好み焼き)、漬蜆仔(しじみの醤油漬け)、台湾スイーツです。
これらは一度は押さえておきたい台湾名物ですね。





f0153497_14463791.jpg
台湾在住のKさんご夫妻に連れていってもらった【勺勺客】中正区仁愛路。
珍しい中国陜西料理の美味しい店です。
羊肉串焼きや歯ごたえもっちり餃子、ビンロウの炒め物などもあったりしてかなり面白い。
店内も落ち着く隠れ家のような雰囲気でした。また行きたいと思う店の第一位です。





f0153497_14393524.jpg
ごく庶民的なマーケット内にある【皇上皇燒臘】は、ともすれば見落としてしまいそうなほど地味な店。こちらは炙り肉の小売り店兼食堂で、お客は地元民率100%かと思われます。

しかし、この旨そうオーラが炸裂している画像を見てくだされば納得していただけるでしょう。
さして期待もしないで頼んだ雲吞スープと炙り鴨肉ライスはバカ旨でございました!
きれいなレストランでの食事も良いものですが、十数年経った今でも思い出すのは何故か
こういった庶民の食堂で食べた美味しい地元ごはんです。


f0153497_15344633.jpg
店は台湾スイーツの有名店【東区粉圓】大安区忠孝東路の並びにあったと記憶しています。
お近くまでいらしたら、ちょっと覗いてみてくださいね。




f0153497_1537496.jpg
台北・吉野家の微妙な朝食プレート。これ店舗前に貼ってあったポスターなんですけどね、
日式早餐とは日本式朝飯ってことなのよ。。いやはや、ほぼ国辱ものの恥ずかしさ(笑)
台湾の朝食としては、甘い豆乳に油条のっけて食す豆漿や鮮肉包(台湾おやき)等がポピュラー。





f0153497_20313516.jpg
また台湾のコンビニには、日式おでんやらお茶で煮込んだ茶葉蛋という味付け卵もございます。ちょっと小腹が減った時、台湾おにぎり(飯団)と一緒に食せばもっと幸せ。




f0153497_20485673.jpg
最後に海鮮料理の店「北海漁村」をご覧くだされ。
画像が悪くて申し訳ないのだけれど、この店は台湾の澎湖群島で獲れる新鮮な魚介をふんだんに使った料理が素晴らしかったです。
青海苔のスープとか澎湖蟹が忘れられない美味しさでした。そしてお安い。
機会があればぜひどうぞ⌒.⌒
by fukuzzz | 2016-10-20 18:41 | 台湾

九份の例の場所 sanpo

f0153497_2059638.jpg

阿妹茶酒館が「千と千尋」の油屋モデルだと知ったのは、九份を訪れてから随分と年月が
経っていたように思います。
いや、その当時はたしか道後温泉の本館がモデルだという噂でしたね。

というより、この店は名画「悲情城市」の舞台として超有名だったので、ここに来るのを
楽しみにして九份のしんどい坂道を登ったという憶えがあります。



f0153497_10502286.jpg

はい、こんな感じですね、阿妹茶酒館の全景。



f0153497_18255250.jpg

この辺りは元々が地元の人気スポットなんだけど、とくに阿妹茶酒館は例のアニメ以降は
日本人観光客が爆発的に増えているそうな。
う~ん・・・空いている時に行けてよかったかも。

それはそうと、若い人たちにも「悲情城市」見てほしいですね。
感動も2倍になりますよ、ぜひとも。



f0153497_10564960.jpg

さて、こちらの食べ物ですが「肉圓(ばーわん)」と呼ばれる九份名物。
穂先メンマと赤糟で調味した肉を、さつま芋のデンプンや米粉で包んで蒸した饅頭です。
(油で揚げるバージョンもあるようです)
この半透明のぷるぷる饅頭に、熱々のあんをドロリとかけてパクチーぱらりで食します。

筍や肉の旨味とぷるぷるでデロデロの食感がたまりません。
しかも、あんをかけているからダブル攻撃でぷるぷるデロデロします。ちょとキモい。

向かって左画像が本場の肉圓、右側が私のテキトーな創作肉圓です。
皮をじゃが芋のいも餅でつくったら、食感もぷりぷりムッチリとなって良い感じに。
いも餅は茹でたじゃが芋潰してたっぷり片栗粉投入、あとは捏ねればOK。お試しを。




f0153497_21142596.jpg

閉館したまま朽ち果てた映画館まだあるのかなあ? この映画も良かったよね。
昔の台湾映画は決まって眠くなったけど(笑)




f0153497_18275364.jpg

阿妹の店内にあった壺、たぶん紹興酒が入っていたのでしょう。
これは自分でもお気に入りの写真なんです⌒.⌒

何気なくかっこいいオブジェが置いてあるんですよ、あの店は。こんなのとか↓
f0153497_9504213.jpg

by fukuzzz | 2016-10-18 23:49 | 台湾

いつか、台北で

f0153497_6272233.jpg

水面に照り映える夕陽を眺め、夕暮れ前のひと時を仲睦まじく過ごす恋人たち。
微笑ましい光景でした。二人の幸せがずっと続きますように。

f0153497_212950.gif




ほぼ13年ほど前の写真です。
以前HPをやっていた頃に台湾旅行の記録として載せていたものですが、サイトを閉鎖して
膨大な量の画像が残りました。

で、たまたまこの間、久々に台湾の画像を眺めていたらけっこう良くて・・・。
もったいないからブログにしてみるべえかと欲が出たという(こらこら)

正直、13年前の出来事なんてきちんと思い出せるはずもなく、記憶もあやふやなものに
なっておりますが、なるべく正確な情報を記載するべく努めますのでよろしくお願いします。


それでは台北旅の(但し情報古い&まつがい有り)思い出スナップです。
お時間がありましたら眺めて行ってください。



f0153497_657452.jpg

まずは台北郊外のヒーリング・スポット【淡水】から。
ゆったりと広い川幅の淡水河が台湾海峡に注ぎこむ河口にこの観光地はあります。

淡水の見どころは、いうまでもなく圧巻の美しい夕陽。
お祭り気分も味わえる賑やかな淡水の街には、休日ともなれば人々が大挙して押し寄せます。
なかでもカップル率が断然高し。←言うだけ野暮だわ



f0153497_659667.jpg

さて、川岸にずらりと並ぶ露店の食べ物を覗いてみます。
名物の魚丸湯(魚ボールのスープ)に、蝦捲、孔雀蛤(ムール貝)、臭くて美味しい臭豆腐、
ちょっとドッキリなトマト飴など、たくさんあって載せ切れないほどの露店オヤツたちが
お客さんを待ち構えております。楽しくてワクワクしますね、こういうの。


そういえば、最近淡水は【台湾のベニス】と呼ばれているんですと。
おそらく、街にはスペイン人が建てたという古い洋風建築物(城とか礼拝堂とか)もあるし、
そんなふうにネーミングしてみたんでしょうか。
でも、2回ほど淡水には行ったけど、露店や老街の土産物屋の多さと迫力ある賑々しさは
ベニスというより、ちょい江ノ島寄りな感じだったけどなあ昔は。



f0153497_659585.jpg

人々でごった返す魚丸湯の老舗。
なんてことはない、白身魚の練り物入りスープなんですが旨いのですこれが。
魚ボールの真ん中には豚挽き肉も忍ばせてあって⌒.⌒




f0153497_711690.jpg

日没前ともなれば、川縁の遊歩道あたりに殺到する観光客。
やがて、静まり返ったそこかしこから人々の嘆声が漏れ始めます。
川岸に優しく打ちつけるリズミカルな波音、神々しいまでに美しい夕陽。なんだこの安らぎ感。

国や言葉は異なれど、
あの時あの場所に居合わせた人々は間違いなく感動を共有していました。


いや~、ええもの見せてもろたわ。ありがたや。



f0153497_75124.jpg

川岸のカフェで夕陽を眺めながら一杯もオサレなり。
いつかまた訪れることが出来たなら、対岸の八里という街にも行ってみたいと思います。
好好淡水!
by fukuzzz | 2016-10-17 15:53 | 台湾

唐辛子飾り

f0153497_10184736.jpg

1年分の唐辛子を干してためこんでおく季節がやってきました。早いもんだなあ。
もちろん辛い物好きな我が家では、こんな分量では1年持ちません。
唐辛子のシーズン中、何度も買い足しては保存の作業を繰り返します。


いつもは平ざるに並べたのを何日間か天日干しの後、ガラス瓶に入れていましたが、
今年はちょいと趣向を変えて、唐辛子飾りのまま保存することに。

稲わらがないから麻ひもで代用。
思いのほか簡単にできて、しかも可愛いじゃあーりませんか⌒.⌒
真ん中あたりの糸がよれて雑な仕上がり。。でも、そんなの気にしない気にしない。



↓わかりやすい作り方です。

わたしは麻ひもで編んだけど、稲わら代わりにラフィア(ヤシの葉を裂いたひも)を
使っても雰囲気出ると思います。ラフィアは花屋さんとか百均でも手に入りますよ。
by fukuzzz | 2016-10-12 10:44 | 日記

秋色カフェ

f0153497_17415319.jpg

昨日は日中気温が31℃もあった関東地方でありました。
なんじゃこの暑さは! と思っていたらば、本日は一気に6℃も気温が下がりまして。

す、涼しい。嬉しい。この調子でもっと寒くなれ~い(前世はきっとホッキョク熊)と
天に祈りを捧げる今日この頃。
なかなか本格的な秋に突入しない関東地方ですが、せめて気分だけでも一足先に好きな
季節に浸りたくて、秋っぽい色調の写真をUPしてみました。

渋い色合いがいい感じのカフェは、ハノイ市内にある「カフェ・マイ」です。
ベトナムコーヒーが美味しいんだよ⌒.⌒




f0153497_18562337.jpg

で、余談ですが、
今日からテレビ東京で 勇者ヨシヒコの新シリーズ がオンエアされるらしいです。
今まで見た中で一番すごい破壊力ですよ、このドラマ。たまらんわ(笑)
by fukuzzz | 2016-10-07 19:14 | 日記

わたしのおべんと

f0153497_16453580.jpg

職場で美味しい昼ご飯を食べるべく、自分でも楽しみながら作り続けた弁当なのですが、
この頃は特定の食材にドクターストップがかかったり、好きなものでも食べている途中で
飽きてくるという勢いの無さ。我ながら情けない。。
そんなことで、だんだんと作るのが面倒くさくなってまいりましてな。

だけど、
やっぱり外食やコンビニ食は嫌だから、結局は旨いもん食べたさに我慢して作るけど。
まあ、こんな時には無理せずユルくやってれば続けられるんでしょう。



f0153497_16461891.jpg

↑わが弁当の変遷(笑)
ぐるぐる巻きの海苔チーズとかチャーハン弁当とか頑張っちゃってますが、ここ1~2年は
盛り付けや色合いなどお構いなしで、前日のおかずの残りとかそこらにあるものを飯の上に
荒々しく乗っけ盛りするスタイルです。
乗っけ盛りは、おかずの味がごはんに染みてけっこう美味しいんだよ。


おっさん弁当? うむ、そうとも言えますのう。
地味で余計な色気も飾りもなく実質オンリー、しかしホッとする旨さ。
いつしか、そんなのがピタッとくる年代になりました(言い訳にしか聞こえない)
by fukuzzz | 2016-10-04 19:51 | 日記

リンクはどうぞご自由に


by fuku