<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

姉妹

f0153497_20203969.jpg

グズリーナの妹はビビリーナとまたもやテケトーに命名。


いえね、この子が気の小さなビビリーだからという理由ではありません。
逆に胆の据わっている感じがします。
・・・というか、
生まれたばかりのまだ見えぬ目で、じいーっと私を凝視するわけですよ。
なんか「ようきたのう、ワレ」とでも言っているような迫力ある目付きでした。
正直、極道みたいで怖かったです。

きっとこの先、この子にはたんとビビらされるんでしょうなあ。負けねーぞ。
by fukuzzz | 2016-04-23 20:40 | 日記

こんな時ですが

f0153497_1621580.jpg

連日のニュースを見るたびに胸がつぶれるような思いをしています。
被災地のみなさまには、心からのお見舞いとお悔やみを申し上げます。
どうか、ご無事でありますように。
そして一刻も早く救援の手が届きますように。



・・・画像は、フエちゃんのママと姉さんを案内したラーメン博物館内でついつい
懐かしくて買ってしまいました(歳のバレる駄菓子屋チョイスですけどね。。)

いや、間の抜けた画像でちょっと肩の力を抜きたかったの。ごめんなさい。
by fukuzzz | 2016-04-18 16:46 | 日記

ベトナムごはん

f0153497_1714502.jpg

しばらく料理関係の話がご無沙汰だったので、本日はベトナム人によるベトナムのごはんを
少しだけご紹介します。上画像は水で湿らせて使用するベトナムのライスペーパー。

・・・ですが、ベトナム現地で売っているライスペーパーはもっと薄くて柔らかなもので、
包んだ具材の水分だけでしっとりして扱いもラクチンなんだとか。



f0153497_1715546.jpg

春巻きの具はきくらげたっぷり、ベトナム産の干しキノコに人参に少しだけひき肉。うまそ~
硬いライスペーパーのせいで少し手間取ったけど、フエちゃんのおねーちゃんは器用に
くるくると春巻きを作ってみせてくれました。

フライパンに少々の油を注ぎ(揚げないんだね)じっくりゆっくりと焼きあげて、
タレはニョクマム+レモンの絞り汁と唐辛子に砂糖を調合。

いや、ホントにこれは美味しかったですわ! 
春巻きは野菜どっさりなのが旨いのね、揚げないから胃もたれも無し。




f0153497_17163157.jpg

こちら入院前のフエちゃんが作ってくれた料理。
厚揚げ豆腐をくりぬいてひき肉とネギを詰め、粉をはたいてこんがり焼き付けたところに
トマトと香味野菜にくりぬいた分の豆腐のあんかけ。優しい味の美味しい家庭料理でした。

わたしら日本人からみると、料理素材の組み合わせや調味料の使い方が良い意味で
想定外なのが毎回ものすごく勉強になります。



f0153497_1717329.jpg

そしてこれは、ホビロンという食べ物なんですがね。

要するにアレです、孵化する前のアヒルの卵。
これをボイルしてベトナムの香味野菜や調味塩と一緒に食します。

ビビることはない。白魚のおどり食いよかまだマシ・・・とはいうものの、やはり
なんまんだぶなんまんだぶと心の中で手を合わせちまった(笑)

だがしかし、かなりの美味であることは間違いないです。
卵のような鶏肉のような不思議な旨さが口中いっぱいに広がるのでございます。
機会があったら、ぜし一度お試しあれ。ベトナム人の国民食ともいうべき滋養に
あふれる食べ物です。



f0153497_17175478.jpg

今回はフエちゃんのお母さんやおねーちゃんと合宿したおかげで、野菜たっぷりで
旨くてヘルシーなベトナム家庭料理を満喫いたしました。ありがたや。

でね、
わたしもちょこっと料理したのだけど、二人ともお昼に作ってみた豚骨ラーメン
(スープと生めんがパック詰めになってるやつ)にいたく感動していましたっけ。
お母さんは相当気に入ったのか、お土産に絶対買って帰る! と豪語しておった。

これは是非、新横浜のラー博に二人を案内せねばと思う今日この頃^^
by fukuzzz | 2016-04-08 18:43 | ベトナム

めでたしめでたし

f0153497_16504818.jpg

長男ファミリーに第二子が誕生しました。
首にへその緒が巻いていたらしく、初産よりもかなり大変だったみたいです。
まあ何はともあれ、無事に産まれて本当に良かった。
フエちゃん、おつかれさまでした。よく頑張ったね^^


出産当日には、フエちゃんのママと姉さんがはるばるベトナムから駆けつけ、
一族打ち揃って生まれたばかりの赤子とフエちゃんを囲みました。

フエちゃんママと姉さんが日本の生活に慣れるまで、数日間でしたが合宿もしました。
姉さんが日本語堪能だけど、大事なところは言葉が通じなくても分かり合えたのが
すごく嬉しかったです。どんちゃん騒ぎで楽しい毎日でしたっけ。


赤子(女子)の個性はまだハッキリとは現れてはいないものの、気の強そうな迫力満点の
泣き声で、あれはグズリーナの路線を踏襲するかもですな(笑)
てなわけで、まだニックネームはございません。
(どっちみち、またテキトーな呼び名なんだろうなあ。へっへっへ)
by fukuzzz | 2016-04-04 17:15 | 日記

リンクはどうぞご自由に


by fuku