<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ばーさん大いそがし

f0153497_203917.jpg

明日、旧正月休みで帰国する息子一家のためにおせちの準備中です。

日がな一日台所にこもり、ちまちま料理を作るのはかなり体力を使うのですが実は好き。
なんだか全力でスポーツやったような感じがして、ちょっと癖になるんです(笑)

あ、時期はずれの鏡餅が出ているのは、ベトナムで育ったフエちゃんに日本のお正月っぽい
雰囲気を少しだけ感じて欲しくて^^
by fukuzzz | 2014-01-31 20:49 | 日記

じーさん大はしゃぎ

f0153497_15383661.jpg

いよいよ冬物バーゲンセールも終盤に近づき、夫は目の色を変えて子供服をあれこれと
買い集めています。
うにくろで女の子のパジャマまでいそいそと買ってきました。

ええ、これはグズリーナ用なんですよ。ちょっと男の子っぽいラインだけど(笑)

いよいよ今週末には息子一家がテト休みで帰ってきます。
さて、また忙しくて楽しい合宿生活が始まるのね。ふっふっふ^^




f0153497_15392039.jpg

グズリーナのご機嫌取り用グッズも抜かりなく。
(自分の子どもには、こげなキャラものは絶対着せなかったのに・・・孫だと何でもアリだし)
by fukuzzz | 2014-01-27 16:03 | 日記

うれしいお土産

f0153497_1316624.jpg

所用で東京に出掛けた夫が私の大好物を買ってきてくれました。
銀座千疋屋のフルーツサンド。


・薄切りパンと生クリームと無塩バターに果物。
↑材料だけみれば、お子ちゃま向けに作られた甘い生クリームまみれの果物入り
サンドイッチを想像してしまうのですが、いえいえとんでもございません。


甘味を抑えた濃厚な生クリーム、パンの薄さ、新鮮な果物、これらがまさに絶妙なバランスで整えられ、
あの洗練された大人のフルーツサンドになるんですねえ。
(こんな旨いもん、子どもなんぞに食わしてなるものかい。ふっふっふ)


ああ有難い有難い。ごちそうさまでした^^



ところで、
聞くところによれば、秋には期間限定でいちじくのフルーツサンドも販売されているんだそうで。

い・・・いちじくですよ、いちじく!!!(考えるだけでもう。。)

次回、ぜしお願いしますね>夫



f0153497_1316389.jpg

このパッケージがかわいいんだよね。なかなか捨てられない⌒_⌒;
by fukuzzz | 2014-01-23 14:09 | 日記



ほぼ日刊イトイ新聞より。
陶芸家の福森さんちの湯豆腐です・・・。もうたまらん(涙目)

どうして、美味しそうなものって一種独特なオーラが出てくるのでしょう。
食べなくとも美味しいのが分かっちゃう、というか。
by fukuzzz | 2014-01-21 19:24 | 日記

酔来丼

f0153497_1436378.jpg

横浜橋商店街にある酔来軒は、古くから地元で親しまれてきたラーメン屋さんで、
名物メニューともいえる酔来丼(スープ付きで400円!)は、丼の中身を見ると一目瞭然ですが、
ラーメンの麺抜きで代わりにご飯、その上にラーメンの具材や目玉焼きを乗っけたりして、
何と言うか【まかない飯】感たっぷりです。(実際、以前はお店のまかない飯だったらしい)
でもこれ安いし早いしそこそこ旨いし、お客さんにはかなりの人気メニューなんですよね^^


で、じぶんちでも手軽に食べられる酔来丼を作ってみました。
焼豚じゃなく薄味の煮豚、ゆでたモヤシにごま油+しょうゆ+唐辛子、メンマ、長ねぎをざくざく
切ったやつ、ふちをカリカリに焦がした目玉焼き。
これらを適当にご飯の上にトッピング。

タレは、
鶏がらスープ、しょうゆ(少し甘味のある煮豚のタレも投入)、葱油、酢、マスタードを各適量。



食べ方は、小皿のタレをよーく混ぜて丼にがーっと回しかけます。
で、後はひたすら混ぜくって、タレとごはんと具が渾然一体となったところをバクバク食します。
なんたって、下町のまかない飯ですので威勢のよさは必要ですから(笑)



f0153497_16285560.jpg

↑これが本家の酔来丼。

このご飯、タレさえうまく作れば手間要らずでけっこう使えます。
焼豚の代わりに、塩の焼き鳥とか豚串乗せてもいけると思うんですがどうでしょうか。



f0153497_16294939.jpg

↑ちなみに本家のタレ。

酔来丼を食した方々の殆どは、このタレは醤油ベースでごま油が入っているとレポしています。
でもなあ・・・どう考えても葱油の風味を強く感じるので、本当のところはごま油+葱油というのが正解
かもしれません。

タレは、スープとマスタードはたっぷりめ、酢はほんのひとたらしにすると美味しいですよ^^
油の分量は・・・あくまでお好み次第ですが、私は少なめ。
by fukuzzz | 2014-01-16 15:33 | 日記

ドロップアウト人生

f0153497_20521248.jpg

【勇者のつぶやき】
思えば・・・・・・、
世界を救う旅の途中、さえない宿場町に立ち寄ったのが運のつきだった。



そこは、ならず者の街パルミド。

ふと気が向いて入ってみた、こんなしょぼくれた賭場が人生を変えてしまうなんて・・・。



f0153497_20524486.jpg

崩れかけたボロ小屋でしかない名ばかりの公営カジノは、ろくな設備があるわけでもなく、
客の数よりあきらかに従業員の方が多かった。




f0153497_20532090.jpg

でも・・・なぜだか分からないが、ここのスロットマシーンはよく当りが出るのだ。

恐ろしいぐらいに大当たりを連発する俺。




そこのあなた、考えてみてくれないか。

毎度、浮かれたCMに乗せられて買う宝くじはもとより、お年玉付き年賀状のくじですら
見事に外すこの俺が今、当たりに当たって人生の絶好調期。

こんな時に遊び半分な冒険なんぞしちゃいられないっつーの。

ね、やっぱそうっすよね? ここはひとつ、思いっきり煩悩にまみれて正解。


使命がなんだ。世界平和がなんだ。

伝説の勇者? ・・・・・・・・・なんやそれ(笑)




f0153497_20534561.jpg

いいのいいの。

そのうち、気が向いたら冒険再開して魔王倒すから。今は好きにさせろてば^^
by fukuzzz | 2014-01-15 22:07 | 日記

ゆずのハンドローション

f0153497_16252087.jpg

以前ある料理研究家の方が、台所仕事の合間にゆずローションをハンドクリーム代わりに
使っていたのを見て、早速真似して作ってみたらこれが何とも便利。

お湯を大量に使う冬の水仕事は手が荒れるけれど、シンクの側に置いてこまめに
ローションでケアしていたら、ガサガサの汚い手が目立ってきれいになってきました。



というか、
適当な入れ物が無くて、ローションを醤油さしに入れちゃったし(笑)
実はこれ、グットデサイン賞に輝く白山陶器のC型醤油さしなんですが・・・差し口に醤油が固まって
ひんぱんに目詰まりを起こすため、腹立ち紛れに10年ほど食器棚の奥に放置していたんですね。


でも、そんなデザイン優先の醤油さしも中身が醤油以外なら問題なし(なんのこっちゃ)
出したい分量の微調整もお手のもの、抜群の液切れの良さで大変重宝しております^^




f0153497_16324653.jpg

お正月にたくさん使ったゆずの種を捨てないで、ホワイトリカーに漬け込んだら1週間ほどで
とろみのあるローションが出来上がりました。
ホワイトリカーは、お試しサイズにちょうど良いワンカップぐらいの小さいのが売られていますよ。


※ゆず種ローションの作り方は、検索をかけてみてぜひご自分のお肌に合ったものを
選ぶことをおすすめします。私は肌が丈夫なので焼酎オンリーで作りましたが、米焼酎や
日本酒を混ぜて作ったり、水のみで作る方法もあるようです。



f0153497_1631572.jpg

台所の片隅に置かれた醤油さしゆずローション。
なんだか妙に馴染むよなあ。はははは
by fukuzzz | 2014-01-09 12:22

七草粥

f0153497_13403673.jpg

今朝の6時20分撮影。
夫の朝食は異様に早い(じーさんだから)

今日は七草粥の日ですね。
一応お米から粥を炊いて、焼いた餅も加えて軽く一人前だけ作りました。


土鍋は、香港の長州島を旅した折に見つけた地元の金物屋さんのもの。150円だったっけ(笑)
by fukuzzz | 2014-01-07 13:56 | 日記

ベトナム版座敷わらし

f0153497_23253740.jpg

ベトナムのハノイ。
とあるショッピングセンター内の店頭にて、花の杖を手にしたベトナムの座敷わらしが商売繁盛の
魔法をかけているところ。





f0153497_15272943.jpg

そして、座敷わらしさまは人々の幸せを願ってお正月の街を巡回するのだった。
(ただし人間には見えないが)




f0153497_15281137.jpg

いえ、ほんとうはお正月に初アオザイを着せてもらったグズリーナでした。

この子ってば、あまりにもちっちゃくて妖精っぽいのでつい(殴)
by fukuzzz | 2014-01-06 15:57 | 日記
f0153497_16195098.jpg

新しい年が笑顔あふれる幸せな年になりますように。

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。




f0153497_9281936.jpg

去年に引き続き、旧正月(1月下旬)には息子一家がはるばるベトナムからやってまいります。


今考えてみると去年は、お嫁さんのフエちゃんには、日本で過ごす初めてのお正月だったはず。
なのに、日本のおせち料理を食べさせるのをすっかり忘れていました。ごめんね。

そんな可哀想なことをしてしまったので、今年は反省も込めて作り方も忘れかけたおせちの
予行演習をやってみました。彼らが帰って来た時に食卓に出そうと思って^^


うん、でもまあ・・・何とか形にはなっていますね。よしよし、こんな感じでいいかな。
by fukuzzz | 2014-01-02 10:21 | 日記

リンクはどうぞご自由に


by fuku