<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

たむらけんじ

f0153497_19351552.jpg

女の子なのに超薄毛な孫にもようやく髪の毛が生え揃ってまいりました。
いやはや、よかったよねえ⌒.⌒

そんなわけで、ママのフエちゃんはよほど嬉しかったのか髪の毛で遊んでます。


たむらけんじ。あるいは横山ノック。あるいはたこ八郎。
つか、遊ぶの止めれ(笑)


f0153497_1947649.jpg

この子の性格が伺い知れる大胆な寝相。
お気に入りのおやすみタツノオトシゴくんをしっかり抱いて。
by fukuzzz | 2013-03-31 20:12 | 日記

映画のNG邦題

f0153497_1831779.jpg

常々疑問に感じていたことなんだけど・・・。

映画の配給会社の人ってのはあれですか、封切り前の映画をきちんと鑑賞した上で
それに見合った邦題付けたり、予告編作ったりしてるんでしょうかしらん。

時々出くわす、映画の物語とは微妙に(かなり)ずれちゃったタイトルだの予告編を見ると
なんとも言えない腹立たしさを感じるのは私だけですか?


この間、GyaO!で見た「恋するCAFE」なんかもそうでした。
原題が「CAFE」。
カフェに集う人々が織り成す群像劇ともいえる、一風変わったシュールな物語であるのに、
「恋するカフェ」という妙に甘ったるいタイトルや、ありきたりな恋愛メインの予告編のせいで
魅力半減、鑑賞意欲も激減。と~っても面白い映画だったのに残念。

お。そうだ。
「ヒューゴの不思議な発明」ってのも謎なタイトルでしたね~。
だって人類にとって夢の発明である映画技術を、ヒューゴ少年は発明してないわけだから
正しくは「ヒューゴと不思議な発明」なんだけどね。。
なかなか細部の作り込まれた良い映画だっただけに、邦題で滑るのは勿体無いことで。


ま、こういう勘違い邦題を挙げていけばキリがありませんが・・・
ほ~んとに思うわけですよ。テキトーなお題くっつけられた映画はとても可哀想だし、
作品に対しても失礼であると。
下手にひねったタイトルで作品の雰囲気だってぶち壊しだわよ、いやはや。


配給会社の、とくに邦題を考える方々には猛省を望みます。
もっと映画を大切にしてくださいね、頼むよほんと(涙)
by fukuzzz | 2013-03-29 19:14 | 日記

咲いて良し、散って良し

今週末あたりでそろそろ関東地方の桜も店じまいでしょうか。
風にあおられてハラハラと散っていく様も、桜はまた格別に美しいと思います。

なぜか、桜の季節は気分も高揚して浮かれ気味になりますよな。桜サイコー!
(日本に住む人のほとんどがそういう気分なんじゃないかな~)

今年も楽しませてもらいました。また来年ね^^

f0153497_1652339.jpg

撮影時は残念ながら曇天。




f0153497_16244755.jpg
桜見物客用、屋台の水あめ。どーすかこの過激色! かわいい(笑)
by fukuzzz | 2013-03-29 17:36 | 日記


f0153497_21154928.jpg

身に堪える寒い寒い冬も去りました。

さて、いよいよお待ちかねの春。嬉しいなあ。
何か良いことがありますように^^



f0153497_20593824.jpg

水鳥たちもうらうらと。
by fukuzzz | 2013-03-25 21:44 | 日記

落椿

木陰に浮かび上がる鮮やかな赤。きれい。

f0153497_19251480.jpg



椿といえば、

「椿・・・・・・三十郎。もっとも、もうすぐ四十郎ですが。なっはっは」

黒澤映画のこんな台詞を思い出しますな(笑)


f0153497_1940068.jpg

by fukuzzz | 2013-03-22 19:43 | 日記

猫だらけ

f0153497_1618297.jpg


「おかあさんは猫が好きですか?」
と、フエちゃん(長男のお嫁さんでベトナム人)から聞かれました。


・・・って、
そう聞かれるまで自覚症状もなかったんだけど、ふと気が付けば長年収集したり
友人に頂いた猫グッズが家中にあふれかえっておりました。



f0153497_17333533.jpg

猫の鼻煙壺、猫の香炉、猫時計に猫のリトグラフ。
カーテンボックスの上には猫の置物やら、猫の肉球がしおりになったブックカバーもあり、
友人からもらった猫の絵葉書や、食玩のリーメントは宝物だから大事に飾り、
なおかつ、切手入れには猫舌チョコの空き箱を愛用中・・・。


こうやって見ると、たしかに多いな。狭い家に猫さん過剰(笑)

好きなものはついつい増えてしまうのですが、多過ぎるのも全体的にバランス悪くなりますね。
ってことに改めて気付いたのでした(早く気付けよ)
by fukuzzz | 2013-03-21 17:04 | 日記

モフ犬

f0153497_2129051.jpg

断然ネコ派のわたくしのハートを激しく揺さぶったモフモフ犬です。

・・・・・・・・・・ううう、たまらん。この可愛さは罪!



中華街・関帝廟通りの雑貨屋さん付近で撮影。
by fukuzzz | 2013-03-15 21:37 | 日記
f0153497_219166.jpg

長男のお土産です。

ええと・・・韓国コスメのかたつむりクリームってのは知ってるけれど、なまこの化粧品は
さすがに知らないなあ。つか、なまこかい!?(笑)

なんでもこれ、マレーシアはランカウイ島の特産品とかいう話ですよ。
あのヌルヌル成分が、お肌にはとっても良いんですと。

う~ん、どうも微妙な感じもするが使ってみますわ。せっかくだし^^;


f0153497_21215367.jpg

でもさ、ヌルヌル成分なら「なめくじ」も負けてないんじゃないの?

そのうち、なめくじクリームなんかも発売されたりして~。うっはっは
by fukuzzz | 2013-03-15 21:27 | 日記

あら、また来たのね

f0153497_21394376.jpg

ついこの間、ベトナムへ帰ったばかりの長男がまた来日しました。
なんでも急遽本社の研修が入ったそうで。

その晩はありあわせの食材で、おでんとマカロニサラダに刺身なんかで誤魔化しました。
メタボ注意報の出始めた長男には、こんな普通のごはんが一番だし(言い訳)

ま、しかし、あの筋金入りオタク男だった長男が、おでんをつつきながら酒を飲み、
ごく一般的な世間話をするオッサンになるなんてねえ・・・。

いやはや、過ぎ行く月日の速さを実感するとともに感慨無量でございます。
よくぞ更生大人の男に成長してくれましたわい。


でも、
すこ~し、その度外れた親バカっぷりを見直したほうがいいんじゃない?

な~にが「Eちゅわ~~ん! パパでちゅよ~~~♪♪♪」←娘と電話中 
なんだろうかと。。。やめんか、傍目から見るとかなり怖いど。

まあ、初めての子どもが可愛くて仕方ないのはわかるけど、やれ英才教育だの
なんだのと鼻息荒すぎるのも子どもにとっては迷惑な話で。

そんな長男には、かつて私が実家の父から言われた言葉を贈りましょう。


「あんまり親バカになり過ぎず、子どもは世の中の役に立てる人間に育ててください」




ちなみに、時々ふてぶてしい笑顔をみせる胆の据わった孫は、長男には間違っても
言えませんが、見方によってはかの名悪役・上田吉二郎氏に激似ですの。ふふふ

f0153497_22241768.jpg

by fukuzzz | 2013-03-08 22:43 | 日記

猫の島

春のうらうらした陽気に誘われて、行ってきました江ノ島へ。
江ノ島といえば野良ねこさんたちのパラダイス。

f0153497_1763952.jpg

重い一眼を担いでいく根性もなく、この日はコンデジで撮影したため画像は微妙ですが
お天気が良かったせいか、たくさんのねこたちにも出逢えました。



f0153497_1718249.jpg

なんと、あのゆたかくんにも遭遇!!!
彼にはこの先、ずっと平穏な日々を送ってほしいものです。
いろいろと大変だったね、お疲れさまでした。



f0153497_17172093.jpg

かと思えば、メタボでたるみきったボディがまるで座布団のように見える巨大ねこも。
歩くたびに体中のお肉がたぷたぷ揺れちゃって。。あ~もう見てられないし←同類

こちらの座布団ねこは極端な例ですが、概して江ノ島のねこたちはきわめて栄養状態が良く、
みんなふっくらしておりました。



f0153497_17412945.jpg

この街では、以前から街をあげての地域猫活動も盛んなようです。
ま、ねこ好きさんならお約束の募金協力でしょうか。ほっほっほ



f0153497_17373849.jpg

江ノ島名物「エスカー」乗り場の改札付近で仕事中? のねこ。
そばにストーブがあるから暖かいんでしょ~ね。職員さんたちも黙認です(笑)


※エスカーとは。
江ノ島の山頂付近まで続くエスカレーターの略称です。
つい変わったネーミングにつられて、面白そうな乗り物を妄想しないように。



f0153497_1744792.jpg

使えないピンボケ写真も含めると、この日は軽くお散歩しただけで10匹以上の
ねこさんに逢えました。

いや~~、満足満足。のほほんしたばい^o^



f0153497_18214966.jpg

もちろん、江ノ島ランチはしらす丼で決まり☆
by fukuzzz | 2013-03-07 18:32 | 日記

リンクはどうぞご自由に


by fuku