<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

レトロ・モダンなカフェ

f0153497_2132032.jpg

ホテルニッコー・ハノイのお向かいにある「カフェ・マイ」で一服したときの画像です。

なんちう可愛い扇風機なのだ^^

カフェ・マイはハノイで展開しているカフェのチェーン店で、懐かしい雰囲気のあるインテリアと
一度飲んだらくせになる美味しいベトナムコーヒーのお店。
ハノイに来ると必ず入り浸る大のお気に入り店なのであります。





f0153497_22101429.jpg

ごらんの通り、ほぼオープンカフェで(これは2階席)エアコンなどもありませんが、
風通しもよくて涼しげでしょ?






f0153497_22494290.jpg

観光シーズン中でもなければ、平日の午前中はかなり空いていて
ゆったりノンビリくつろげますよ。






f0153497_9385352.jpg

さりげなく可愛い店内もツボ。





f0153497_22134812.jpg

ハノイには、このカフェ・マイが何店舗かあるようですが、おススメはこちらのお店。
コーヒー豆の鮮度が違います→ 「カフェ・マイ」
by fukuzzz | 2012-06-26 23:26 | 日記




やっぱり面白いなあ^^
by fukuzzz | 2012-06-25 22:31 | 日記

ベトナムのライム塩

f0153497_947181.jpg

以前、ハノイのヴィンコム・タワー内にあるスーパーで見つけて衝動買いしました。

実は、美味しさでは定評のあるベトナム塩をぜひ手に入れようとスーパーに行ってみたものの、
塩コーナーには様々な種類のものが恐ろしいほど並んでまして...。
結局、どんな内容の塩か分からなかったけれど、かわいいボトルだったこともあり直感で選んだ次第。
しかも1個日本円で約40円だったし(笑)

で、
帰ってきてから開封してみると、化学調味料なども入ったライム風味塩だったんですねコレが。
残念ながら、ライムの存在は殆ど感じられないケミカル味の塩です。
まあ、少しがっかりしたけれど、食べてみると案外悪くないお味でした。
以来、わが家では料理の下ごしらえ用に使っています。




ちなみに同メーカーの「とうがらし塩」も面白いです。
f0153497_21583684.jpg

唐辛子がたくさん入っていてかなり辛目ですが、味もケミカルっぽくなくて自然な感じ。
炒め物や煮物など、ちょっと辛味と塩味を足したいときに重宝しています。




そういえばベトナムでは、昔から塩に様々なスパイスやら食材などを混ぜ込んで、各家庭独自の
混ぜ塩というか調味塩をこしらえていたようですね。

う~ん...この際あまり難しく考えないで、自分流に作ってみるのも楽しいかもという気が。

たとえば、フリーズドライのゆず皮をフープロで砕いて+昆布茶+塩=ゆず塩とか。
同じくフリーズドライのレモン+胡椒+塩=レモン塩とか。

あらら~面白い、どんどん出てくるわ奥さん。ど~しよう(勝手にやってなさい)





f0153497_6584470.jpg

また、とくにベトナム調味塩でおすすめしたいのが、こちらのBOT CANH IOTという塩。
ヨード(海草類)入りで粒子が粗く、塩の旨みが柔らかくて美味しい。

ベトナムではこの塩にライムを絞り込み、生唐辛子を加えたものをよく使います。
画像のようにきゅうりを付けて食べても、鶏料理や魚なども美味しくいただけますのよ。ご参考まで。

※厳密に言えば、ベトナム語で「CANH」はスープの素という意味があり、袋にも鍋物? の画像が
使われておりますが、ベトナムの家庭ではこれを日常的に普通の料理にも使っています。
(↑ベトナム人のお嫁さん談でした)

 


【追記】
日記タイトルの「ベトナムのライム塩」で検索をして当ブログに来てくださる方が多いので、
その後、ベトナム塩について調べたことなども書き加え、記事を少しばかり手直ししました。
by fukuzzz | 2012-06-23 23:19 | ベトナム
f0153497_22401638.jpg
参列者に見守られながら、花婿・花嫁・両家親族による結婚証明書への署名もつつがなく終わり、
一同はホテル2階の披露宴会場に向かいます。



f0153497_2363280.jpg
会場入り口には韓流スター風な二人のポートレートが飾られており、日本のお友達に大ウケでした(笑)



f0153497_234736.jpg
受付にご祝儀を入れるボックスも設置してありましたね。



f0153497_22543896.jpg
会場内は日本と違ってゲスト席や親族席も特に決まっていないので、各々が好きな場所へ座って歓談します。

しかも、お祝いスピーチは長男の会社上司のみというシンプルさ。なんとすばらしい^^
あとはひたすら、飲んだり、食べたり、踊ったり、好き勝手にしてれば良いわけで。



f0153497_23181187.jpg
なんだかワシらががっついいている間にも、二人は休むことなくプログラムを次々とこなし・・・。



f0153497_232637100.jpg
すっかり二人の世界に入って酔いしれていた模様(あ~幸せそうでいいねえ)



f0153497_23334938.jpg
実は今回ホテルで行った結婚式、かなり日本色を意識したプログラムだったようです。
こちらの画像は、日本じゃ知らない人がない「花嫁の手紙」&両親への花束贈呈。

・・・・・・・・が、
うら若い花嫁が、いっしょうけんめいに日本語とベトナム語で両家の親へと手紙を読みあげる姿が
なんともいじらしくて、つい涙腺がゆるんでしまいました。

やはり当事者という立場ですと、あれはちょっと胸に迫るものがありますなあ・・・。
(ハノイでは初の試みだったそうで、会場では涙腺崩壊者が続出しました)


f0153497_064684.jpg
とめどなく頬を伝う涙を拭う花婿。

とても素敵な手紙をありがとう、かわいい花嫁さん。一生忘れません(涙)



f0153497_03552.jpg
こうして2日間に及ぶ結婚式は無事にエンディングを迎えました。

こんな素晴らしい体験は二度と出来ないでしょう。
この度縁を結んだベトナムの親族の方々、ホテルニッコー・ハノイのスタッフの方々、
ご列席いただいたお友達やお知り合いの方々、そして長男とお嫁さん。心から感謝します。

心に残る結婚式をありがとう。



f0153497_0274314.jpg
                なんと、ベトナムに親戚ができました♪♪♪
by fukuzzz | 2012-06-22 00:28
f0153497_19514748.jpg

前夜は花嫁宅の盛大なお披露目パーティで、ベトナムの方々とご一緒に心ゆくまで

飲んだり、食べたり、踊ったり  して楽しませてもらった私たちでしたが、
その後、長男や日本から駆けつけてくれたお友達と夜のハノイで豪遊^^;

翌日は、少しばかり二日酔い気味になりながらも(旦那と次男が) いよいよホテルニッコーハノイでの
人前結婚式&披露宴と相成りました。




f0153497_204619.jpg

当日、まずはお宅まで花嫁をお迎えに。
昨日のアオザイ姿もきれいだったけど、今日のウエディングドレスはそりゃもう美しい。
長男デレデレでございます(笑)



f0153497_215086.jpg

親族同士のご挨拶を済ませると、二人はテント会場を走り回ってお客さんの接待に大わらわ。
親族たちが入れ替わり立ち代りして、記念の集合写真をがんがん撮って盛り上がります。




f0153497_21244073.jpg

そんなこんなで、夕方近くにようやくホテルに移動完了。




f0153497_21423129.jpg

人前結婚式の会場となるホテルロビーです。




f0153497_2147458.jpg

花嫁が父に付き添われてバージンロードを歩いてきました。
ベトナムの結婚式で一般的だという人前結婚式。仏前でも神前でもない結婚式というのは、
実は私初めての経験でありました。




f0153497_22181154.jpg

ベトナム語と日本語が交互に飛び交う式の司会は、ホテルニッコー・ハノイのホテルスタッフさんたち。
とても丁寧で心のこもった司会をありがとうございました。感謝しています。

そして、花嫁と花婿は指輪交換と愛のチッスを交わし、皆の前で誓いの言葉(やはりベトナム語と日本語で)を力強く述べるのでした。




f0153497_22281371.jpg

おめでとう! いつまでも幸せに!!





f0153497_0384783.jpg

越南式ウエディングのラストは、記事更新日が前後しますがこちらにつづく 「いい日旅立ち」
by fukuzzz | 2012-06-21 21:54 | ベトナム
f0153497_22461845.jpg

まずは客間へ通され、花嫁一族の長老様たちにご挨拶する私たち家族とその絵を狙う多数のカメラマン。

よほど日本人との結婚が物珍しいから写真撮るのかしらんと思っていたけど、ベトナムではこれが
ごく普通の結婚式の光景らしいです。
つまり、ベトナム人は日本人以上にカメラ大好き。撮るのも撮られるのも大好きなんですと。
お陰さまで気分はまるでゲーノージンでした(笑)




f0153497_23133638.jpg

お祝いの席で出されたベトナム緑茶にひまわりの種やキャンディー。



f0153497_2315025.jpg

な、なんとビンロウもある!
これは台湾での試食経験アリですけど・・・口の中が人喰ったように真っ赤に染まるので
ちょっと遠慮しときました。ははは




f0153497_2325647.jpg

長老様との話し合いも終わり、無事結婚のお許しをいただいた後はいよいよ宴会が始まります。
画像はテーブルにセッティングされていたお祝い料理。チキンライスのような色合いの赤いおこわや
なぜかキムチ(なじぇベトナムでキムチなのだ?????)が印象的でした。




f0153497_23324382.jpg

宴が始まると、魚の蒸し物や炒め物なども運ばれてきて食卓はいっそう賑やかに^^




f0153497_23364987.jpg

食卓の舞台裏風景。
花嫁宅はとても大きく、住居部分とは別に独立した台所・食堂の別棟があって
700人分の料理はそこで作られていた模様。しかしこの量・・・半端じゃない。
料理担当の方々お疲れ様です。とても美味しゅうございました^^




f0153497_23484725.jpg

景気のいいクラブ・ミュージックの調べをBGMに宴はまさに絶好調。
むろんベトナムの結婚式では、日本と違って堅苦しい決まりごともないしスピーチもございません。
参列者はただひたすらに、飲んで、喰って、歌って、踊るだけ(嘘)

・・・と、何やらアルバムに見入っているお客さんもいらっしゃいます。



f0153497_23574185.jpg

このアルバム、実は結婚式前に撮影した新郎新婦の記念アルバム。
カラオケマシーンの隣に置いてあって、参列者の方々はご自由にご覧くださいということのようです。




f0153497_022413.jpg

まるで映画のワンシーンのような写真の数々。
撮られる方も相当な演技力を要求されるのだそうで・・・つか、私はバカ受けでした。
ぶ、ぶわっはっはっはっは~~~~~←一応親なんですが



f0153497_018097.jpg
越南式ウエディングその3につづく。
by fukuzzz | 2012-06-16 00:19 | ベトナム
f0153497_21292048.jpg

3月に執り行われた息子の挙式からだいぶ日にちが経ってしましましたが、のべ2日間に及ぶ
ベトナムでの結婚式をばご紹介しようと思います。
なお写真は息子のお友達に提供してもらいました。みなさん、ご協力ありがとうございます^^




f0153497_2144351.jpg

結納式も含む結婚式初日。
私たち親族は、このような車に乗り込んで花嫁の実家へと向かいました。




f0153497_21481011.jpg

お家の前に到着すると、親族を先頭に結納品を抱えた男子たちの行列が続きます。重そうだな(笑)




f0153497_21551073.jpg

結婚式会場となる大テント。ふと初期状況劇場のテントを思い出したりして。




f0153497_21595890.jpg

入り口ではおしゃれしたイケメン兄弟もお出迎え。




f0153497_2236256.jpg

さて、男子たちが次々と結納の品を花嫁宅に運び込み、




f0153497_22103424.jpg

赤いアオザイを着た美しい女子たちが、それらを受け取るという儀式もありまして。




f0153497_22193385.jpg

とにかく人が多いのなんのって、家の玄関にたどり着くまで一苦労なのです^^;
なにげに赤いアオザイに揃いのお帽子を身に着けた花嫁も庭先におりました(笑)




f0153497_22292252.jpg
越南式ウエディングその2へつづく。
by fukuzzz | 2012-06-15 22:40 | ベトナム
f0153497_1554420.jpg

この3月にハノイを訪れた時、「ダックキム」という旧市街のブンチャー専門店へ行きました。
ええと・・・いまさらのUPですが、どうかご覧ください。




f0153497_1552364.jpg

地元民で賑わう狭い店内で、オーダーを通すとすぐさま運ばれてきた品。
素麺に似た米の麺とてんこ盛りハーブ、そして肉団子や豚の三枚肉を炙ったもの。




f0153497_16122794.jpg

ニョクマム風味の甘酸っぱいタレに浸かったがっつりな炙り肉です。スゲ~(笑)




f0153497_1631962.jpg

補充用のタレと薄切りパパイヤ(その歯触りから生大根かと勘違いしておりましたが)




f0153497_16535100.jpg

ブンチャーとセットされている春巻きも到着。



さて、食べ方ですが・・・。
これらを好きなだけ小鉢に取りタレをかけて食すだけなのですが、甘みの強いタレは人によっては
少しくどく感じられるかもしれません。



f0153497_16212910.jpg

なので、私はテーブルに置いてあるにんにく&唐辛子入りの酢やライムを搾り入れて自己調味しました。
周りの人々を見れば、みなさんそんな風にして食べていたしね。ほっほっほ、旨い旨い^^

※ライムや調味料の画像は別店のものです(たいがいの料理店には置いてありますので)




f0153497_1637271.jpg

しかしこの店、やけに盛がよろしいです。
人数分のオーダーだけでボリューム一杯、腹一杯でございましたよ。う~ん幸せ。




f0153497_16511733.jpg

ダックキムは旧市街のホアンキエム湖近く。
狭い建坪の細長く伸びた5階建てビルの店内は、食事時には人々でごった返しておりますが、
なかなか面白いローカル飯体験ができるでしょう。
お近くにお寄りの際はぜし^^


「Dac Kim」 1 Hang Manh Hanoi
by fukuzzz | 2012-06-13 16:56 | ベトナム

梅雨入り間近

f0153497_12524250.jpg
関東地方は本日もぐずついた天気が続いています。これは走り梅雨ってやつでしょうか?

じめじめジトジトはうっとおしいけれど、まあ野に山に降り注ぐ恵みの雨と解釈すれば
少しは我慢できるというものです。汚れた大気もきれいに洗い流してくれるしね^^

しかし、いやな雨降りも休みの日だったりすると妙に気分が落ち着きますな^^


f0153497_1355528.jpg

                        ゲコ♪♪
by fukuzzz | 2012-06-06 14:14 | 日記

リンクはどうぞご自由に


by fuku