<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

◇静かな森

f0153497_210249.jpg

広大な公園墓地の中、頬を撫でる優しい風と豊かな緑に抱かれて眠る友人の墓所へ
ママ友数人でお墓参りに。

ママ友たちと手分けして墓の掃除中、ふと十三回忌法要の卒塔婆が目に付き、
そういえば、今年は友人が亡くなってから12年目になるのだと気が付きました。

早いなあ、もうそんなに経ったんだっけ。

記憶の中の彼女はいつまでも若いままなのにな…何だかしみじみと寂しい。


墓掃除を終えて花を飾り、順番に焼香した後、友人の好きだったコーシーを
飲みながら、墓前でしばしお喋りタイム。
という、お定まりのパターンもすでに12回目を数えます。

けれど、たとえ12回が24回になろうとも、きっとこのパターンは変わらないでしょう。
彼女と私たちが友だちである限りは、ずっと。


また来年逢おうね、それまでしばしのお別れ^^

私たちは彼女に挨拶をして、ゆっくりと墓所を後にしました。
by fukuzzz | 2011-04-27 20:55 | 日記

白川郷

f0153497_16582896.jpg

記事の順番が後先になるのですが、信州の丸栄旅館に泊まる前にちらっと立ち寄った白川郷の写真をUP。
なんかこれ…ふるさと切手の絵柄みたいだ(笑)




f0153497_1765746.jpg

世界文化遺産・白川郷を訪れたのは、雪のまだ残る4月中旬。
山開きの近い時期ということもあり、気の早い観光客がどっと押しかけているかもと
思ったのですが、震災の影響で人気観光地も閑古鳥が鳴いている有様。




f0153497_1711865.jpg

小さな集落には、観光客相手のみやげ物屋や宿・食堂も多く有り、
また普通に生活していらっしゃる感じの民家もその中にちらほらと。
生活の匂いがするこんな洗濯物が好きだす。





f0153497_17311671.jpg

茅葺き屋根のお宿。屋根の重量感に圧倒される。





f0153497_17372029.jpg

売店で飛騨牛を使った一口牛めしや肉まんを食べました。旨い(写真忘れ・蹴)





f0153497_17452429.jpg

ふらふら歩いていると鎌倉に遭遇。
ガイジン夫妻が喜んで記念写真を撮っていましたね^^





f0153497_17511290.jpg

白川郷では小さな堀を街中に巡らせていて、清冽な流れが里を満たしておりました。
日々、放射性物質入りの水道水に怯える身としては、何とも羨ましい話しでした。
+ただし政府の放射線モニタリングデータに依れば、この頃ようやく神奈川の水道水も
安心して使用できるようにはなったんですけどね…。





f0153497_1844229.jpg

40~50年に一度という屋根の葺き替え現場に遭遇。
温かな陽光の中でのんびり作業する人々を見学しました。


今度は雪に埋もれた白川郷も見てみたいなあ是非。
次回来るときには、どうか此の地に観光客も戻っていますように。
by fukuzzz | 2011-04-23 16:52 | 日本の旅

ドカ弁ですが何か

f0153497_23455311.jpg

福島産の米買いました。

自分用の弁当は、おかずよりご飯が多いのが好みです。
いつも通りぎぅぎぅに詰め込みました。
まるでオヤジのドカ弁です。はっはっはっ(開き直るな)




f0153497_13152447.jpg

おかずは、一口ハンバーグ・茄子の煮浸し・小松菜としめじの玉子炒め
きんぴら牛蒡に赤カブの漬け物でした(けっこうおかず多いけど、前夜の残り物流用っす)


さ、バリバリ食って、バリバリ稼いで、バリバリ募金すっぞ~~~!!!
by fukuzzz | 2011-04-23 00:04 | 日記
f0153497_1911543.jpg

母の見舞い帰り、長野県の白骨温泉に立ち寄りました。
この山あいの静かな宿には、今回二度目の宿泊であります。





f0153497_192654.jpg

丸栄旅館は山岳登山客の宿泊も多く、まるで“つげ義春”の漫画にでも出てきそうな、
一昔前の温泉宿というか、そんなレトロムード漂うマニアック感満載の素敵なお宿。




f0153497_1925039.jpg

白骨温泉が、どんだけ山奥かという証拠写真。
この画像だと、丸栄旅館は有名な「泡の湯」に隠れて見えませんが。。





f0153497_1935697.jpg

で、館内はこんな感じ。
泊まったのは新館でしたが、レトロ感の強い旧館の方が味わい深いかも。
ロビーの薪ストーブもいい味出してます。




f0153497_1951127.jpg

続いて女湯。湯は見事なまでの乳白色でもちろん源泉かけ流し。

硫黄の香り立つ熱い湯は、骨の髄まで染み通るような心地よさ。
窓の奥には露天風呂(しかも混浴)があり、老若男女がバスタオルを身体に巻き付けて
みんな仲良く入ります。初めて見たときには驚いたけど、若い女の子もお構いなしに
けっこう入ってましたな^^;  お風呂は24時間入浴可なのがありがたい。




f0153497_1961247.jpg

当旅館のアイドル犬、テンくん。
とにかく人懐っこいワンコで、毎晩-7℃の戸外の犬小屋で就寝している猛者です(笑)


その2に続く。

かつらの湯 丸栄旅館」の情報はこちらから。
by fukuzzz | 2011-04-19 20:52 | 日本の旅
f0153497_19535721.jpg

さて、夕飯のご紹介。
ご覧の通り山の幸メインの素朴な食卓ですが、山奥の温泉宿に来てまで活アワビの踊り焼きや
マグロの刺身が食いたいとは思いません。
いわゆる定番の旅館飯を見飽きた目には、こういう地味ご飯がとても新鮮に映ります。
一品一品を大切に味わっていただきました。滋味豊かでたいへん旨かったです^^

【以下お品書き】
・岩魚の塩焼き
・岩魚の刺身
・なめこ和え
・豆腐の山芋包み焼き
・鯉の甘露煮
・しし肉?の陶板焼き
・一口蕎麦
・出汁豆腐
・独活の醤油漬け
・ごはん 岩魚の吸い物 香の物






f0153497_1957975.jpg

なかでもこの鯉の甘露煮が、くぅ~~っと唸るほど旨いのでありますよ♪





f0153497_1958813.jpg

翌朝の朝ご飯。
・温泉粥
・温泉玉子
・きんぴら
・野沢菜とじゃこのふりかけ
・岩魚の甘露煮
・焼き海苔
・煮豆
・山芋スライス
・ごはん 味噌汁 香の物 デザートの果物






f0153497_1958553.jpg

乳白色の温泉水で炊きあげた温泉粥。
身体の芯まで温もるような、微かに感じる酸味と塩気がたまらん絶品お粥でおました^^





f0153497_19593762.jpg

売店で購入した「とちの実煎餅」もオススメ。
栃の実を混ぜた生地に蕎麦の実が乗っていて、かりっと風味豊かに焼き上げられている。
パッケージがまたかわゆいし。





f0153497_2002336.jpg

丸栄の女将さんと大将。
オリーブ似の気さくで明るい女将さんは働き者。
見るからに山男な大将はおっとりしてるが頼り甲斐がありそう。


お二方、その節はたいへんお世話になりました。 
いかに震災後の影響とはいえ、あの日はたった2組の泊まり客のために、お心づくしのおもてなしを
ありがとうございます。お陰さまで疲れた身体と心が元気になりましたよ、ほんとうに。
また伺いますので、今度ともよろしくお願いします^^





f0153497_2083818.jpg

昨今のニュースでも伝えられているように、この震災で観光業界は大打撃を受けているとのこと。
実際に自分の目で見た限り、たしかにどこに行っても観光客の姿はまばらでした。

衝撃的な震災で気持ちがダウンするのは分かります。今もなお苦しんでいる被災地の方々を
横目に、自分だけ楽しむ気分になれないのも分かります。しかし、無傷の私たちがまず元気に
ならなければ、被災地に元気を届けることもできないのではとも思うのです。

ということで、個人的に自粛ムードを自粛することにしました。
元気になれニッポン!! と心に念じながら。

上の圧倒的に美しい山画像は、白骨温泉に行く途中に撮影したものです。
私が訪れたのは4月11日でしたが、山には残雪がまだありました。
4月下旬ともなれば一斉に緑が燃え立って、さぞかし見事な景色になるのでしょうね^^

「かつらの湯 丸栄旅館」の情報はこちらから
by fukuzzz | 2011-04-19 20:50 | 日本の旅

◇いつのまにか春でした

f0153497_84299.jpg

お久しぶりです^^;
母の見舞いでちょっくら田舎に行ってました。

震災や原発事故のことで、このひと月は何やら落ち着かない心持ちでしたが
そうこうしているうちにも季節はきちんと移り変わっていたんですね。



f0153497_8124589.jpg
気が付けば、近所の空き地につくしんぼがツンツン生えていて。



f0153497_8143933.jpg
公園の花ニラやムスカリも満開になってました。


早いなあ…もうそんな季節になったのか。
なんとなく心の余裕がない毎日だけど、せっかくの春だもの、肩の力を少し抜いて
深々と春の大気を吸い込みました。


f0153497_834593.jpg
けれど……気になる地震雲。。
脅かすつもりはありませんが、これは昨日の夕方に撮影したものです。

昨日、関東周辺地域ではたくさんの地震雲が出ているらしいです。
みなさん、どうかお気を付けて。
by fukuzzz | 2011-04-17 08:41 | 日記

怒りの原発ソング



youtubeに流出した斉藤和義の「ずっと好きだった」-原発ソング-。
(動画では「ずっと好きだった」の替え歌になってます)

みんな口には出さないけれど、T電やお上には相当頭に来ているに違いないと思います。
かく言うワタクシも腹の中は煮えくり返っておりますとも、ええ。

そんな国民の心の声を過激に代弁した歌。拍手!!

但し、今この時も自らの命をかけて、原発の事故処理に当たっている作業員のみなさんには
心からの敬意と感謝を捧げます。
by fukuzzz | 2011-04-08 23:10 | 日記

祈りの伝わるCM

f0153497_2326830.gif

震災後に作られたサントリーのCMのようです。

CMでは様々な有名人が登場し、名曲「見上げてごらん夜の星を」を一小節ずつ唄います。
控え目でシンプルな作りですが、震災に疲れた人々の心にそっと寄り添うような優しさと
みんなでこの困難に立ち向かっていこうじゃないか、という秘めたメッセージも伝わってきて
心を強く打ちました。

ほんとうに素晴らしいCMです。

企業の熱いハートを感じました。

「見上げてごらん夜の星をA篇」60秒篇は こちらのページからご覧ください。
「上を向いて歩こう」もいいなあ^^
by fukuzzz | 2011-04-06 21:52 | 日記
震災後から民法のCMは、ACジャパンのCMにその殆どが切り替わりました。

数パターンのバージョンしかないCMが、朝から晩までひっきりなしに流れました。
けっこう説教臭くて押しつけがましいマインドコントロール的なCMが。。
なんだか…政府がサブミナル効果狙ってるんじゃないかと疑心暗鬼になったりしてね。

そういったCM群のなかでも、これはずば抜けてマヌケな感じがしたものです。
と思ったのは、どうやら私だけじゃなかったようで(笑)

「好きなだけポポポポ~ンするボタン」というのを発見してしまったですよ。
まあひとつ、息抜きに遊んでみてくだされ^^

f0153497_15541338.gif

by fukuzzz | 2011-04-05 16:10 | 日記

お金を回そう

f0153497_8481522.jpg

先週のこと、顔面修正用ファンデを買い足しに久々に横浜へ出掛け、そのついでに横浜赤レンガ
倉庫で開催中のアフリカン・フェスティバルに立ち寄ってみました。

平日とはいえ、思った通り人影はまばらでした。

やはりみなさん自粛中だからなのかな…いつもだったら、家族連れや若人たちでごった返して
いるであろう会場も、何だか悲しい位にスカスカ。。
せっかくサンコンさんもいらっしゃったんですけどねえ。残念。

まあ、この催し物もお祭りではあるので、いま日本が直面している現状を考えれば、
気軽に参加して楽しもうという気分にはなれないのでしょう。

でも…
これから被災地の復興に向けて、およそ6万戸の仮設住宅を作るにしろ何にしろお金が必要に
なってくるわけですよね?
おそらくは巨額の復興資金が必要ですよね、これから先。

ここはひとつ、いっときの義捐金寄付だけじゃなくて、大いに消費活動にも協力して日本の経済が
少しでも元気になってもらわないといけません。


f0153497_9404289.jpg
で、アフリカンフェスでランチを食してみました。
トマトカレーと炊き込みご飯、玉子に薄切り肉を巻いてフライにしたエッグフライも旨かったっす^^


f0153497_952748.jpg
モロッコのバブーシュも安かったので購入。
多少の色むらはあったけど1000円!! 安っっ


スズメの涙ほどのお金を消費したところで、大した助けになるものでもないでしょうけれど、
使われたお金が巡り巡って、やがて復興のための活力になればいいなと思いました。

たかが少額の消費活動、されど塵も積もれば山となる。
そんな意識を持ってお金を回していくことも、今自分ができることのひとつです。


by fukuzzz | 2011-04-04 08:42 | 日記

リンクはどうぞご自由に


by fuku