カテゴリ:日本の旅( 30 )

f0153497_17163338.jpg

部屋でゴロゴロしているうちにとっぷりと日も暮れました。画像は夜の白根館。
さて、いよいよお待ちかねのご飯の時間です。




f0153497_17229100.jpg

山里らしい野趣豊かな食卓で、とくに感動したのがこちら。
ニジマスをかる~く桜のチップで燻製した料理です。
食卓に運ばれてきたときには湯気が上がってました。




f0153497_1726309.jpg

身はふっくらとして柔らかく、燻製の良い香りが魚全体を包み込んでいました。
思わず一気に食べ尽くすような美味しさですよ、これ。う~~~ん、旨いっっっ!!!




f0153497_17294740.jpg

揚げた蕎麦がきは、なんでも奈良田地方の郷土料理なんだそうです。
熱々の揚げたて蕎麦がきの外側はかりっと、中はふわっと、汁がじゅわっと! 




f0153497_17362053.jpg

左上から、
・鹿肉の陶板焼き(やっぱり鹿肉の旨さが一味違うんですよ)
・山蕗、山独活、筍などの田舎風煮物(こういうのがあるとホッとしますね)
・自家栽培の椎茸フライ(揚げたてをパクリ、ジューシーな肉厚の椎茸に感動)
・手作り刺身こんにゃく(生芋から作ったらしいっす。臭みありません)
・鹿汁(鹿肉の旨みが溶け出した味噌汁。うま~い)
・湯葉刺し(薄い生湯葉をミルフィーユ状に重ねたお刺身)





f0153497_17572582.jpg

自家製のえごまふりかけ。えごま独特の風味がこれまた旨い。
ヤバイです、ごはんが進む進む。





f0153497_1873251.jpg

そして、翌朝にはヨモギ入りの温泉粥がたっぷりと。
いや~、美味しかったなあ。ここのご飯!
by fukuzzz | 2012-08-07 18:12 | 日本の旅
f0153497_15245355.jpg

連日の猛暑に疲れ果て、ドライブがてらに近県への小旅行に行ってまいりました。
目指すは山梨県・南アルプスの温泉宿であります。





f0153497_15355873.jpg

まずは、忍野の「峠の蕎麦屋・天祥庵」で腹ごしらえを。
香ばしい焼き味噌と薬味ををのっけたぶっかけをすすり、冷え冷えのもろきゅうをポリポリ食べれば
すっと汗が引いていきます。






f0153497_15563320.jpg

道中、高速道路での事故渋滞に巻き込まれながらも早々と目的地に到着。
・・・というか、山奥といっても標高差が800mあまりの奈良田温泉は異様に暑いのでした。
途中に立ち寄った精進湖あたりでは、車の室外計は38℃を指していたし。。
し、しまった! 山梨県は場所によって盆地気候もあるのだった。と気付いたけど後の祭り。





f0153497_16142414.jpg

そんな杞憂を一気に吹き飛ばした 「日本秘湯を守る会・白根館」
どこか懐かしく、落ち着いた造りの館内には涼しい風が吹き渡っておりました。





f0153497_16344088.jpg

いかにもオーナーが猟師さんらしい宿。
クマノイ・・・子どものころ、体調を崩したとき祖母に飲まされた思い出が(笑)





f0153497_16445220.jpg

まだ日も高くて暑いので、露天風呂はパスして内湯でさっと汗を流しました。
その日によって白濁したり色が変わる泉質は、硫黄の香りが強くトロミもあって最高です。
温泉場入り口の一休みコーナーには囲炉裏も。





f0153497_16485228.jpg

あまちゃづる茶のサービスもございます。





f0153497_16585139.jpg

ひとっ風呂浴びて落ち着きを取り戻したので、後はエアコンのきいた部屋でオリンピック観戦でも
しましょうか。
真夏の露天風呂は、日が暮れてからゆっくり浸かるのが吉^^
by fukuzzz | 2012-08-07 16:11 | 日本の旅

雪景色

f0153497_10214568.jpg

母の見舞い帰りに、少し足を伸ばして日本海方面と白川郷などに立ち寄りました。
ちょうど前日の夜に雪が降り積もり、この日は目にするものすべてが美しい新雪に覆われることに。
やっぱ日頃の行いが良いからなのでせうか?(蹴)
ああ、きれいきれい。幸せ^^




f0153497_10221793.jpg

冬の日本海。
どんより重い鉛色の雲の上には抜けるような青空が。




f0153497_10224620.jpg

海岸に放置された漂着物(どうやら巨大な浮きのようです)には、消えかけたハングル文字も。
北朝鮮から流れてきたのかねえ・・・。
by fukuzzz | 2011-12-20 10:41 | 日本の旅

白骨温泉でのほほん

f0153497_14131723.jpg

今度の旅は、とにかく温泉に浸かって日頃の疲れを癒すことがテーマでありました。
まあ結果オーライですが、この山あいの静かな温泉郷で二晩のんびりできて良かったです。




f0153497_1534254.jpg

白骨温泉の最大の魅力は、なんといっても温泉以外に余分なものが何も存在しない。
ということに尽きるでしょう。




f0153497_1553694.jpg

11軒の温泉宿以外に土産物屋がふたつと飲食店が3軒。
それに小さな観光案内所に公共露天風呂。これが、この鄙びた温泉郷の全てです。





f0153497_1633623.jpg

つまり、
開けた土地の賑やかな温泉街に付き物の、賑やかすぎてかえって疲れる街並みも無いし、
夜遅くまで町中に繰り出して、どんちゃん騒ぎするようなマナーの悪い酔っぱらいも居ない
ってことなんですね(そういうのも、元気な時なら楽しめるのですが。。)





f0153497_16374498.jpg

飽きるまで温泉に浸かって部屋でボンヤリくつろげば、ストレスで絡まり合った神経回路が
ゆっくり解けていくのが分かります。聞こえるのは、谷川の微かな瀬音のみ。


何もない。

何もしない。

あるのはとびきり気持ちの良い温泉と、身に染み入るような静寂と、清浄な山の空気。

いやはや、なんと贅沢な時間を過ごせたことか。





f0153497_175923100.jpg

おっと忘れるとこだったけど、白骨で食べた岩魚の卵も美味しかったです^^
(信州サーモンと岩魚の刺身に岩魚の塩漬け卵の一品です)





f0153497_1843316.jpg

そして、
かつらの湯 丸栄旅館のテンくんもますます男っぷりが上がってました(なじぇ後姿なんだ)





f0153497_1745526.jpg

三日間続けて入浴すれば、三年風邪を引かないと言われる白骨温泉。
みなさまも、機会がありましたらぜし一度行ってみてつかあさい。まっこと良かところですよ~。
by fukuzzz | 2011-09-16 20:09 | 日本の旅

安曇野

f0153497_12293629.jpg

白骨温泉で思う存分温泉三昧した翌日、さらに山奥の秘湯に向かおうとしたところ
台風のため山道が通行止めになっているとの報せがありまして…。
で、急遽旅のスケジュールを変更し、白骨温泉にもう一泊することに。





f0153497_15114426.jpg

しかし、せっかくここまで足を伸ばしたのだから、せめて温泉から近場の安曇野あたりを
チラッと見物しようではないかと、やって来たのが安曇野の「大王わさび農場」。


このわさび農場、黒澤明監督の映画「夢」のロケ地としても知られていますし、
只今放映中の朝ドラ「おひさま」もロケをやっていたようです。
川を流れる水の美しさはさすが!






f0153497_13275466.jpg

「おひさま」に登場する家のセットらしく、人々が入れ替わり立ち替わりして賑やかに
記念撮影してました。なかなかにシュール感漂うセットの裏側でありますね(笑)





f0153497_13134787.jpg

広々とした敷地には、清らかな水が引き込まれたわさび田が至るところで目に付き、
わさび達は静かにスクスクと育っておりました。





f0153497_1327230.jpg

また、農場内にはわさびを使った数々の名物も販売しています。
わさびコロッケとか、わさびソフトクリームとか、わさび最中アイスとかetc。
写真は撮らなかったけど全部食べてみた結果、イチオシはわさび最中アイスってことで♪♪





f0153497_1364540.jpg

そうそう、こういうのもありましたね。目の醒めるようなわさびの緑カレー(笑)





f0153497_1404860.jpg

子どもの頃から、何故か水のきれいな場所に引き寄せられる私。
今回は突然思い立ってこちらを訪れてみたのですが、どうせ来るなら事前にもう少し
安曇野周辺をリサーチしてくりゃよかったと後悔しました。

この近くには、美しい水ともっと親しめそうなこんなところもありました。
小さい子ども連れてきたら、きっと大喜びしそうだなあ^^





f0153497_14181565.jpg

帰りに立ち寄ったとあるワイナリー(それまでの曇天が嘘のようなピーカンに。。)
ここではお昼に、あqwせdrftgyふじこlp味のイタ飯を食べました。ええ(涙)
旅先で出逢うごはんが美味しいと、思い出がより鮮明に胸に刻まれたりするもの
なんですけどね……うう、残念なり。
by fukuzzz | 2011-09-15 14:31 | 日本の旅

信州そばとコーシーと

f0153497_13242158.jpg

信州に来たからにゃ蕎麦を食さずどーする! (画像は今が満開の蕎麦の花) 
ということで、まずは乗鞍高原の「中之屋」で昼食をば。





f0153497_13293743.jpg

悪天候でお客が居なかったせいか、すぐに運ばれてきた水車挽きの10割そば。
*この店、人気店の為なかなか入店できませんのです。。
私たちは3回訪れてやっと入れました。





f0153497_13543666.jpg

喉ごし滑らかで繊細なそば。旨いっっっ





f0153497_1341109.jpg

そばとセットのそば定食もキタ~。をを、素朴なおかずがいっぱい♪♪ 





f0153497_13453730.jpg

とくに岩魚の笹焼きが美味。味噌がこんがり焦げてて、笹の香りもよくて素敵。





f0153497_1353242.jpg

たっぷり盛られた漬け物が嬉しくて、ごはんもススムわススム。ほっほっほ





f0153497_14234266.jpg

美味しいそばで満腹になった後、中之屋の向かいにあるカフェバー「スプリング・バンク」
でお茶とケーキを(どんだけ食ったら気が済むのか)





f0153497_14324877.jpg

ここのケーキ(画像はガトーショコラ)とコーシーは、きちんと作られていて
とても美味しかったですよ。ぜひ乗鞍高原にお出かけの時には立ち寄ってみてくださいな。





f0153497_14384529.jpg

さてと…食べるものも食べたし、あとは温泉に浸かってひたすらノンビリするべえ(笑)
by fukuzzz | 2011-09-13 14:44 | 日本の旅

信州プチ旅行

f0153497_1047563.jpg

夏の間は夫と休みが合わずに何処へも行けず、9月になったらゆっくり温泉にでも
浸かりに行こうじゃないかと二人で話していました。



当初は山梨の秘湯にも泊まりに行く予定でしたが、台風の影響で道路が通行止めとなり断念。
楽しみにしていた乗鞍岳登山(山頂までバスが運行している)も悪天候のため運休。
てなわけで、今回はけっこう行き当たりバッタリ的な旅行になりまして。。

でも実は私、予定をきっちり立てた過密スケジュールの旅より、気の向くままにフラフラと
彷徨う旅の方が好きだったりしますけどね(笑)




f0153497_21184018.jpg

乗鞍高原の自然保護センター前で見つけた花。
なんだか、少しばかり怪しい雰囲気の花だなあと思って撮影したけれど、
帰ってきて調べてみたら、なんとこれが有名な毒草「トリカブト」だった! 
バスターミナルもあるような場所に、ワサワサ自生する猛毒トリカブト…って、怖いジャマイカ。





f0153497_21291181.jpg

オミナエシも咲いて、高山はすっかり秋の装いであります。





f0153497_2302957.jpg

ところで、この日の乗鞍高原の外気温は14℃。
いくら高地とはいえ、こんなに在住地との気温差があるとは思ってもみませんでした。

うっかり薄着の軽装で来ちゃった。。秋の山を舐めてたよう(涙)
by fukuzzz | 2011-09-09 23:16 | 日本の旅

白川郷

f0153497_16582896.jpg

記事の順番が後先になるのですが、信州の丸栄旅館に泊まる前にちらっと立ち寄った白川郷の写真をUP。
なんかこれ…ふるさと切手の絵柄みたいだ(笑)




f0153497_1765746.jpg

世界文化遺産・白川郷を訪れたのは、雪のまだ残る4月中旬。
山開きの近い時期ということもあり、気の早い観光客がどっと押しかけているかもと
思ったのですが、震災の影響で人気観光地も閑古鳥が鳴いている有様。




f0153497_1711865.jpg

小さな集落には、観光客相手のみやげ物屋や宿・食堂も多く有り、
また普通に生活していらっしゃる感じの民家もその中にちらほらと。
生活の匂いがするこんな洗濯物が好きだす。





f0153497_17311671.jpg

茅葺き屋根のお宿。屋根の重量感に圧倒される。





f0153497_17372029.jpg

売店で飛騨牛を使った一口牛めしや肉まんを食べました。旨い(写真忘れ・蹴)





f0153497_17452429.jpg

ふらふら歩いていると鎌倉に遭遇。
ガイジン夫妻が喜んで記念写真を撮っていましたね^^





f0153497_17511290.jpg

白川郷では小さな堀を街中に巡らせていて、清冽な流れが里を満たしておりました。
日々、放射性物質入りの水道水に怯える身としては、何とも羨ましい話しでした。
+ただし政府の放射線モニタリングデータに依れば、この頃ようやく神奈川の水道水も
安心して使用できるようにはなったんですけどね…。





f0153497_1844229.jpg

40~50年に一度という屋根の葺き替え現場に遭遇。
温かな陽光の中でのんびり作業する人々を見学しました。


今度は雪に埋もれた白川郷も見てみたいなあ是非。
次回来るときには、どうか此の地に観光客も戻っていますように。
by fukuzzz | 2011-04-23 16:52 | 日本の旅
f0153497_1911543.jpg

母の見舞い帰り、長野県の白骨温泉に立ち寄りました。
この山あいの静かな宿には、今回二度目の宿泊であります。





f0153497_192654.jpg

丸栄旅館は山岳登山客の宿泊も多く、まるで“つげ義春”の漫画にでも出てきそうな、
一昔前の温泉宿というか、そんなレトロムード漂うマニアック感満載の素敵なお宿。




f0153497_1925039.jpg

白骨温泉が、どんだけ山奥かという証拠写真。
この画像だと、丸栄旅館は有名な「泡の湯」に隠れて見えませんが。。





f0153497_1935697.jpg

で、館内はこんな感じ。
泊まったのは新館でしたが、レトロ感の強い旧館の方が味わい深いかも。
ロビーの薪ストーブもいい味出してます。




f0153497_1951127.jpg

続いて女湯。湯は見事なまでの乳白色でもちろん源泉かけ流し。

硫黄の香り立つ熱い湯は、骨の髄まで染み通るような心地よさ。
窓の奥には露天風呂(しかも混浴)があり、老若男女がバスタオルを身体に巻き付けて
みんな仲良く入ります。初めて見たときには驚いたけど、若い女の子もお構いなしに
けっこう入ってましたな^^;  お風呂は24時間入浴可なのがありがたい。




f0153497_1961247.jpg

当旅館のアイドル犬、テンくん。
とにかく人懐っこいワンコで、毎晩-7℃の戸外の犬小屋で就寝している猛者です(笑)


その2に続く。

かつらの湯 丸栄旅館」の情報はこちらから。
by fukuzzz | 2011-04-19 20:52 | 日本の旅
f0153497_19535721.jpg

さて、夕飯のご紹介。
ご覧の通り山の幸メインの素朴な食卓ですが、山奥の温泉宿に来てまで活アワビの踊り焼きや
マグロの刺身が食いたいとは思いません。
いわゆる定番の旅館飯を見飽きた目には、こういう地味ご飯がとても新鮮に映ります。
一品一品を大切に味わっていただきました。滋味豊かでたいへん旨かったです^^

【以下お品書き】
・岩魚の塩焼き
・岩魚の刺身
・なめこ和え
・豆腐の山芋包み焼き
・鯉の甘露煮
・しし肉?の陶板焼き
・一口蕎麦
・出汁豆腐
・独活の醤油漬け
・ごはん 岩魚の吸い物 香の物






f0153497_1957975.jpg

なかでもこの鯉の甘露煮が、くぅ~~っと唸るほど旨いのでありますよ♪





f0153497_1958813.jpg

翌朝の朝ご飯。
・温泉粥
・温泉玉子
・きんぴら
・野沢菜とじゃこのふりかけ
・岩魚の甘露煮
・焼き海苔
・煮豆
・山芋スライス
・ごはん 味噌汁 香の物 デザートの果物






f0153497_1958553.jpg

乳白色の温泉水で炊きあげた温泉粥。
身体の芯まで温もるような、微かに感じる酸味と塩気がたまらん絶品お粥でおました^^





f0153497_19593762.jpg

売店で購入した「とちの実煎餅」もオススメ。
栃の実を混ぜた生地に蕎麦の実が乗っていて、かりっと風味豊かに焼き上げられている。
パッケージがまたかわゆいし。





f0153497_2002336.jpg

丸栄の女将さんと大将。
オリーブ似の気さくで明るい女将さんは働き者。
見るからに山男な大将はおっとりしてるが頼り甲斐がありそう。


お二方、その節はたいへんお世話になりました。 
いかに震災後の影響とはいえ、あの日はたった2組の泊まり客のために、お心づくしのおもてなしを
ありがとうございます。お陰さまで疲れた身体と心が元気になりましたよ、ほんとうに。
また伺いますので、今度ともよろしくお願いします^^





f0153497_2083818.jpg

昨今のニュースでも伝えられているように、この震災で観光業界は大打撃を受けているとのこと。
実際に自分の目で見た限り、たしかにどこに行っても観光客の姿はまばらでした。

衝撃的な震災で気持ちがダウンするのは分かります。今もなお苦しんでいる被災地の方々を
横目に、自分だけ楽しむ気分になれないのも分かります。しかし、無傷の私たちがまず元気に
ならなければ、被災地に元気を届けることもできないのではとも思うのです。

ということで、個人的に自粛ムードを自粛することにしました。
元気になれニッポン!! と心に念じながら。

上の圧倒的に美しい山画像は、白骨温泉に行く途中に撮影したものです。
私が訪れたのは4月11日でしたが、山には残雪がまだありました。
4月下旬ともなれば一斉に緑が燃え立って、さぞかし見事な景色になるのでしょうね^^

「かつらの湯 丸栄旅館」の情報はこちらから
by fukuzzz | 2011-04-19 20:50 | 日本の旅

リンクはどうぞご自由に


by fuku