カテゴリ:日本の旅( 30 )

f0153497_13563723.jpg

はい、この魚がどっさり入った1箱まるごと900円です! 見間違えではありません(笑)
いくら郊外の小さな漁港とはいえ、これはあんまりなお値段ですよね。
(ああ、大鍋いっぱいにブイヤベースなんぞ作って食べたら、さぞかし旨いだろうなあ。。)


ということで、
来春の新幹線開通に向けて、街中が熱く盛り上がっている金沢に行ってまいりました。
今回は小松空港でレンタカーを借り、そのまま市内をぐるぐる巡るスタイルだったので
気軽にちょっと郊外まで足を伸ばしました。
(とはいっても、金沢の街は狭いので車で約15分も走れば到着します。また金沢駅からは
たしかバスも出ているはずですが)



f0153497_14433558.jpg

金沢港いきいき魚市は、鄙びた漁港に建つ魚の直販市場です。




f0153497_1455071.jpg

ご覧の通り規模は小さく、並ぶ店とて近江町市場のような賑やかさや華やかさとは無縁の地味さ。
通うのは圧倒的に地元民で、情報通の観光客以外はほとんど立ち寄りません。




f0153497_15152076.jpg

ですので、
観光客価格ではないのと、売り子さんたちも変に観光客慣れしてないところに好感を持ちました。
この干物がまた安いし旨いんですよ~! 
思わず、お世話になった方々や親戚にまとめて地方発送してもらっちゃって^^




f0153497_15323149.jpg

わが家用にお持ち帰りした干物。
いったん醤油に漬けてから干した醤油干しの鯛や穴子で炊き込みごはんを、
糠さば(別名へしこ)はアンチョビ代わりに使ってぺペロンチーノでも、
そして、ふっくら身の厚いカレイは焼きたてをフーフーしながらいただきます。





f0153497_1527541.jpg

こちらのマルヤ水産では干物全般はもちろん、イカ墨の入ったままの丸干しスルメイカや、ここでしか売っていない加賀のとろりと甘い醤油が美味でした。


う~ん・・・それにしても、あの1箱900円の魚は惜しいことをした。
次回はきっと!!! と密かに誓うのでありました。


鄙びた漁港エリアには、意外な見所や旨いもんがあるものです。 その2につづく
 
by fukuzzz | 2014-10-16 16:00 | 日本の旅

博多の屋台サイコー!

f0153497_14295099.jpg

この夜は多くの屋台が立ち並ぶ中州でも長浜でもなく、博多川沿いの浜崎町に店を構える
たぶん今博多で一番ホットな人気屋台「かじしか」に行ってみました。
周辺は屋台も人の行き来も少ない場所ですが、かえって落ち着ける雰囲気でした。


屋台なのに予約のばんばん入る店らしいけれど、口開け直後だったために何とか滑り込み成功。

さあ、飲もうか^^ ←ゲコなのに飲み屋大好き。飲むのはもちろんウーロン茶




f0153497_14424824.jpg

いきなり、しょっぱなのお通しに一撃を喰らってしまった。

これね、オクラの花だそうです! 何ともたとえようのない食感に驚きました。
フワッとサクッとシャリッと軽くて微かに苦味がくる・・・というのか全く未体験の食べ物です。
塩ダレがよく合います。





f0153497_15183730.jpg

巨峰の豚肉巻き、アスパラ巻き、茹で蝦蛄、魚肉のコロッケ。うまか~!






f0153497_15213365.jpg

なんと、ウズラの卵を丸焼きにしてそのまま食すという凄い串焼き。
香ばしくクリスピー感たっぷりに焼きあがった卵の殻が激ウマな一品です!
いや・・・これは、店に行ったら絶対に食べて欲しいと思います。





f0153497_15391188.jpg

炭火で丁寧に炙った博多葱の豚肉巻きや牛タンなども相当旨い。
そういえば、
焼き物のちょっとした付け合せに、蓮の茎をスライスしたものがちょんと乗ってたりするのも
お客にとってはすごく嬉しいですね~。






f0153497_1557236.jpg

そして、最後の締めはやっぱりラーメンたい(笑) すっきりサッパリしたスープで旨かったなあ。


どの品も実に美味しく、店主が客に旨いものを食べさせようという気迫が伝わってくる料理の
数々でした。天晴れなり、料理人の心意気!! ほんとうにご馳走さまでした。


現在、博多ではぼったくり屋台や厳しい規制条例などの問題で、揺れに揺れている状況らしいのですが
外部者としては、どうかこの素晴らしい屋台の食文化を長く守って欲しいと祈ることしか出来ません。
がんばってね、かじしかさん!





さてさて、ようやく明日は釜山に向けて出航します(遅いんだよう)
by fukuzzz | 2013-09-12 16:22 | 日本の旅

うまか街・博多

f0153497_10223999.jpg

昼過ぎに博多空港に到着。
本日は博多泊なので、ゆっくり中州周辺の屋台や商店街などを見て回ります。
街中に吹き渡る川風がなんとも心地よいですのう^^





f0153497_12183458.jpg

ちょっと遅い昼ご飯を食べに「水たき 長野」へと向かいました。




f0153497_12463566.jpg

席に着くやいなや、ささっと運ばれてくる水炊き鍋。
濃厚な鶏スープに、あらかじめ火を通した骨付きの鶏ブツ切りが入っています。

コンロで温まったスープをまずは一口味見します。
かあ~~~っ、こりゃたまらんです!!! 鶏もつの酢の物もうま~い!


鍋に入っている鶏肉を食べつくせば、今度は鶏のミンチ、お次に野菜や白滝へと鍋の中身が
入れ替わり立ちかわりして、お客の舌を楽しませてくれる寸法です。
もちろん、最後の締めに鶏出汁の雑炊も忘れずにいただきました^^

いや満足満足。長野さん美味しかったです、ごちそうさまでした。






f0153497_12515931.jpg

腹ごなしにホテルまで歩いて帰る途中、すてきなカフェ発見。
「山水水出珈琲」読んで字のごとし、山の湧き水で淹れた水出しコーヒーを飲ませる店のようです。
ついでに手作りの焼きおはぎも注文してみる。コーヒーもおはぎもおいし!!!




さて、夜はいよいよ博多の屋台へと繰り出すばい。乞うご期待(期待していいのか?)
by fukuzzz | 2013-09-12 14:11 | 日本の旅

白骨温泉「泡の湯」

f0153497_1646373.jpg

帰路は白骨温泉に立ち寄って一泊。
今回はちょっと浮気して泡の湯へ(ごめんなさい丸栄さん、次回行きますね)

硫黄成分たっぷりな温泉の泉質については文句なしでした。素晴らしい温泉です!
翌朝、ツルツルぴかぴかになった肌に化粧が恐ろしいぐらい乗りましたね。
いやはや・・・できれば毎日でも入りたい←いつも和紙のようなゴワゴワな肌





f0153497_16464963.jpg

女将さんの気配りが行き届いているお宿「泡の湯」は、温泉以外に楽しむところも無いような静寂に
包まれた山奥にあります。けれど逆に、それが消耗している人間にとっては何より有難い。

実にゆっくりとノンビリと、心と身体の疲れをほぐすことができました。ありがとう^^
by fukuzzz | 2013-07-04 17:29 | 日本の旅

大好きな居酒屋さん

f0153497_15323641.jpg

できれば人にはあまり教えたくない店です。
金沢「いたる本店」。


この店、
料理に関しては一切の手抜きなし、地の物をふんだんに使ったきちんとした料理を出してくれます。
何を食べてもべらぼうに旨いってところが素敵。
そのくせ、お会計は良心的なのがありがたいんです。

きびきび立ち働く若い衆も見ていて気持ちがよいし、きりりとカッコイイ大将の粋な客あしらいも
なかなかどうして。オーダーを通す時に聞こえる大将の返事がまた可愛い。
小声で歌うように「あいよ~~♪」 ってね(笑)

店に流れるエディット・ピアフのBGMも心地よく、ついつい長居してしまうのが難点でしょうか。






f0153497_15434583.jpg
あまりの旨さに思わず唸った「のどぐろの塩焼き」と「金時草」のおひたし。





f0153497_15441888.jpg
そして、珍しい加賀棒茶のブリュレです(スイーツ好きならこれは外せない!)




いつも本当にごちそうさま。
いたるさんがあるお陰で、いっときでも浮世のうさを忘れて幸せな気分になれます。
これからもどうぞよろしく^^
by fukuzzz | 2013-07-04 16:29 | 日本の旅

幸せのでかプリン

f0153497_14382073.jpg

きちんと作られたカスタードプリンはことのほか旨い。
しかもこのプリン、コーヒーカップの約2倍はあろうかという大容量の器に入ってます。


ああ、幸せ・・・。
たっぷりと甘いものを食べれば、なんともいえず幸せな気分になれるのはどうして?
ふっふっふ、こりゃたまらんわい^^




f0153497_14393751.jpg

上高地・帝国ホテルのロビーラウンジ「グリンデルワルト」で。
by fukuzzz | 2013-07-03 16:12 | 日本の旅
f0153497_1751189.jpg

親が倒れて4度目の夏。
行ったり来たりの遠距離介護ももう随分と慣れてきました。
また、行く度に激しくへこむ気持ちの持ち直し方だって、かなり上手くなってきたようです。


今回は、車移動の途中で上高地に立ち寄って休憩。
瑞々しい緑と澄んだ空気、そして清冽な水に癒されてほっと一息^^



f0153497_175556.jpg

・・・ああ、きれい。もうすぐ夏も本番ですねえ。
by fukuzzz | 2013-07-02 17:26 | 日本の旅

忍野八海

f0153497_13503947.jpg

河口湖でのんびりと一晩を過ごし、翌日は帰りがけに忍野八海へと立ち寄りました。
上画像は忍野八海の峠の蕎麦屋「天祥庵」です。
ここは蕎麦が旨いんよ。お昼にみんなで食べました^^



f0153497_1354772.jpg

見るもの触れるもの何でも珍しくて、とくに駐車場に残っていた雪で大コーフンのフエちゃん。
そりゃそうだろう、生まれて初めて見る雪だもんね~。遊べ遊べ(笑)

なお、売店でフエちゃんがお買い上げしたのは、よもぎ餅、桜の花びら型の金粉入り
甲州ロゼワイン、キムチ味のたくわんでした。
いや~、とても面白いチョイスだな。ほっほっほ
by fukuzzz | 2013-02-22 14:32 | 日本の旅

富士山を見に

f0153497_1259418.jpg

長男家族の滞在中にはみんなで小旅行にも出掛けました。

若いのに好みの渋いフエちゃんは、日本に来たらぜひ富士山が見たかったそうで(笑)
そんなわけで、河口湖畔のうぶやへ1泊2日の小旅行と相成りました。

全室が富士山ビューのこの旅館には、なぜか館内に安産と子育ての神様である
木花咲耶姫(このはなさくやひめ)が祀ってあり、小さい子どもや赤ちゃん連れの
宿泊客で賑わっておりました。

サービスは痒いところに手が届くほど行き届いており、まことに快適な時間を過ごすことが
できました。うぶやのスタッフさん、その節はお世話になりました。ありがとう☆

しかしね、
なんてったって、大浴場で間近に迫る富士山を眺めてうっとりできる温泉はサイコーです!!!


フエちゃんは運悪く体調を崩してしまい、日本の温泉は未体験でしたが、それでも大変に
満足していたようです。次回はぜったい入ろうね~。

帰りがけ、木花咲耶姫の小さなお宮さんに孫(グズリーナ)の健康と幸福を祈願しました。

日本語とベトナム語でお願いごとが書かれている絵馬がいいなあ^o^
by fukuzzz | 2013-02-22 13:49 | 日本の旅
f0153497_18565459.jpg

翌朝、夜明け前の誰も居ない貸切風呂を心ゆくまで堪能したあと、
夫と一緒に宿周辺の散歩に出かけました。





f0153497_1945488.jpg

このあたりには土産物屋の1軒もなく(この地区に居住しているのはわずか7軒のみとのこと:宿主人談)、
あるのは眼前に迫る南アルプスの山々と広大な川原。どうやら近くにはダムもあるらしい。






f0153497_1985169.jpg

素敵なつり橋があったので渡ってみましょ。本当は高所恐怖症なんだけどね。。
この後、
後ろから付いてきた高いところ大好きな夫が、はしゃいで橋を揺らしたためケンカに。
ったくもう、このお子さまオヤジときたら。





f0153497_19105184.jpg

渡り終えた場所には誰が利用するのか分からない公園があり、こんな立て札も(怖)






f0153497_19174523.jpg

人っ子一人いないダムの入り口に到着。



f0153497_20251260.jpg

吸い込まれそうな水の色にしばし見とれていると、
「お~い、もうすぐ朝飯の時間だよ!」by夫  の声に我に返りました。
これは大変、何はともあれ大事なご飯の時間に遅れてはいけません。

というわけで朝の散歩は終了っす。←めしが人生の全てに優先するヤツ






f0153497_20442152.jpg

朝食を済ませ、またもや温泉に浸かってから午前10:00にチェックアウトしました。
そうそう、忘れずに温泉水ももらって帰ります。これで自宅でも美味しい温泉粥が作れそう^^




f0153497_20512513.jpg

帰路立ち寄った なるさわ道の駅で地場野菜や特産品なども購入。
こちらの道の駅は新鮮な野菜もたくさんあり、特産品の品数も多くてお勧めです。





f0153497_2103397.jpg

旅の仕上げは忍野の「渡辺手打ちうどん」へGO。
場所は忍野だけど、どーですかこの吉田うどん。
ごつごつのぶっとい麺に馬肉とキャベツ、つゆは甘めでさっぱりとしてます。
これに練り唐辛子を入れて食べると美味しいんだよ~~♪




f0153497_2111285.jpg
夫が頼んだ肉玉うどん(中)はトッピング数も多くて、そこはかとなく豪華ですな。




f0153497_21381987.jpg

今回の小旅行は、車移動でさっと行ける近場の温泉でしたが思いのほか楽しめました。

日本秘湯を守る会の温泉って、ひじょうにクオリティ高いみたいですね。とても良かったです。
同宿したポーランド人のおじさんも日本の温泉サイコー! って絶賛してましたし(笑)

この会の秘湯温泉は、東京や神奈川にもあるようなのでぜひ行ってみたいなあ^^
by fukuzzz | 2012-08-07 22:02 | 日本の旅

リンクはどうぞご自由に


by fuku