シン・ゴジラ

f0153497_18355521.jpg
近頃めっきり映画館に足を運ぶことがなくなりました。
夏場は暑さに弱い体質なので、わざわざ電車に乗ってまで映画館には行きたくないし、
冬は密閉した空間内で、風邪やインフルに感染するのが恐ろしくて行けない。
まあその、歳喰ってるんで出来るだけリスクは避ける方向になってきました。
ああ情けなや(泣笑)

で、ようやっとDVD借りてきて見たんですよ。
なんせあの庵野秀明監督のゴジラですから、かなり期待しておりました。


以下、率直な感想です(ネタバレあり)
まず、速射砲のごとく飛び交う膨大なセリフ量に付いていけず脳内パニック。
突如出現した謎の巨大生物への日本政府内での対応と、そこに描かれる人間模様がやたら長く
政府高官やらお偉いさんたちがワサワサ登場して、対ゴジラへの会議ばかりが延々と続きます。
長いんだわコレが、とにかく長すぎる。そして全員が早口だからわけわからん。


しかも、何故か作戦会議シーンではエヴァンゲリオンの「ヤシマ作戦」のBGMが流れ続けるものだから、ついついエヴァンゲリオンと混同し、だったらいっそエヴァを出撃させれば一気にカタが付くのにと。

う~ん、なんていうか、昔のゴジラ映画へのオマージュの気持ちも分からんわけではないけど
ゴジラが破壊しまくる街の作りが、所々で妙にちゃちっぽいのも目立って残念。

そしてゴジラが可愛くない! ここ重要。
昔のゴジラにこだわるのだったら、ずんぐりむっくりでキリッとした三白眼のゴジラじゃなきゃね。

f0153497_18393022.jpg
これはシン・ゴジラの第二形態ですが↑ 
あまりに間抜けっぽくて笑いが止まらなかったもん。



f0153497_18395370.jpg
かくて、最終形態を終えたゴジラは長すぎる尻尾が異様に目立ち、横から見るとリスみたいで
鬼神のような禍々しさというより、使徒NG版のような奇妙でへんてこりんな雰囲気。


ひとまず、人類の叡智を結集し熱いチームワークによって、好き勝手に暴れまわるゴジラの口にストローみたいなポンプを何本も突っ込んで冷却剤を流し込み、ゴジラの動きを止めたのはいいけれど、どうやら完璧に奴の息の根を止めたというわけではなさそう。
(映画では「目標は完全に沈黙しました」と言っていたが)
いずれ凍結が溶けて、また動き出すんじゃないのかな? 
・・・みたいな所で映画は終わりました。
これって続編を意識した終わり方なのでしょうか。


・・・・・・だったら、
非常時における日本政府の活躍やらの広報的なつまらん会議場面を短縮し、
今度は実写エヴァとの血沸き肉躍る対決にして欲しいですよな。そっちの方がよっぽど面白い

いや、ないでしょうそれは。( ̄∇ ̄;)


by fukuzzz | 2017-04-07 15:32 | 日記

リンクはどうぞご自由に


by fuku