自律神経失調症と神経症に関する覚書

f0153497_17044384.jpg
最初に身体の異変を感じたのは、歯周病でぐらぐらと抜けかかっていた臼歯を
抜歯した数日後、たちの悪い風邪を引いたあたりからでした。

咳と発熱、だるさと一緒に、右耳の後頭部周辺がキリで刺されるように痛み
続けて薬も効かない、しかも食欲はゼロ(私の場合これは緊急事態なのだ!)

夜は寝汗でひっきりなしに寝間着を取り換えなければならず、もちろん満足に
睡眠を取れていないはずなのに、なぜか昼間は神経が苛立って眠れない。
喉が異常に渇き、耳鳴りと動悸、お腹の調子が悪くて食べ物を見るのもイヤ。
この時点で、こいつはタダの風邪じゃないなと確信しました。かなりヤバいぞと。


結局、病院に4回続けて通い、その間【飛蚊症】という眼病まで発症するわ、
おまけに膀胱炎を起こしたと思ったら、とどめに【お腹にくる風邪】に襲われ
心身ともにボロボロとなって、一か月半で7キロ痩せました。
まるでゾンビみたいな顔つきになってしもうて、泣くに泣けません。。

普段は特別に健康には気を遣ってはいないけれども、ここまで簡単に自分の
身体と神経がぶっ壊れてしまうとは思いませなんだ。いや、ほんとうに。


現在は、漢方も使ってくれる心療内科に通院しております。
かなり状態は快方に向かってはいるでしょうが、壊れ方が激しかったので
元に戻すにはもう少し時間はかかるでしょう。
まあ仕事も休んで、この際ゆっくり体調を整えようと思います。

最後に心療内科にかかる際のポイントですが、やはりドクターとの信頼関係が
重要なので、なによりそこを慎重に選ぶことが最優先かと。
わたしは2回転院しましたわよ。


by fukuzzz | 2017-01-07 17:50 | 日記

リンクはどうぞご自由に


by fuku