海辺にて

f0153497_1155054.jpg

このところ、身内を亡くしたりご近所さんの思いがけない訃報にも接して気分が滅入りがちです。



毎日、数えきれないほどの命が誕生し、同じ数だけ滅びていく命。
この歳になれば、ごく自然に生と死は隣り合わせで身近に存在していることが
ある日、胸にすとんと落ちるように納得できてしまいます。

いや、それらは自然のいとなみの一つであると理解したつもりでも、
やはりまだ解脱の境地にはほど遠く、どうしても切なさややり切れなさで
心は乱れに乱れてジタバタするのですけどね。




何気なくシャッターを切った海辺の写真と、そこに映し出された人々。
きっとそれぞれの人生やドラマもあるでしょう。
ふと、輝く命たちにいとおしさを感じました。
by fukuzzz | 2016-05-31 14:33 | 日記

リンクはどうぞご自由に


by fuku