【ベトナムカフェ方式】コーヒーの淹れ方

f0153497_1823379.jpg

フエちゃんのおねーちゃんは、学生時代にハノイのカフェでアルバイトしていたことが
あったのだそうで、この度の来日でたまたま我が家にお泊りしたおねーちゃんに、
あちらのカフェで定番の淹れ方を指導してもらいました。





f0153497_1825862.jpg

カフェでは、ベトナムコーヒーのこくと風味を引き出すために、ごく少量のバターを
金属フィルターの内側に丁寧に塗り付けていたんですね(内蓋部分の内側にも忘れずに)
指にラップを巻いてやると手が汚れませんよ。


こうすることにより、フィルターの穴からコーヒーの抽出液が一気に落ちてしまうことを
防ぎつつ、微かにバターの香りが付くんだそうで。

たしかにこうして淹れたコーヒーには、現地のカフェで飲むベトナムコーヒーの美味しさが
見事に再現されておりました。
(バターの油分はフィルターに残るようで、ろ過されたコーヒーはきれいなものなんです)


そうなんだよね・・・
ベトナムコーヒー飲んだ後、なぜかほんのり香るバターの存在感が長年の疑問だったので
ありますが。いえね、元々ベトナムコーヒーはローストする段階でバター投入するらしいの
だけど、煎った豆自体には殆どバター風味は残らんのよ。不思議なことに。




f0153497_1832082.jpg

さて、
細挽きにした豆をフィルターに入れ、内蓋を閉めたら少しだけお湯を注ぎまして、
豆を膨らませるために一呼吸置きましょう。
あとは分量のお湯をつぎ足し、外蓋をフィルターに乗せてじっと待つだけ。

少しばかり抽出時間は長めになりますがぜひ一度お試しを。
いやはや、聞いてびっくり、飲んで納得の裏技でございます。



f0153497_2115507.jpg

これからの季節は練乳を入れて飲むカフェ・スァ・ダーも旨いよねぇ。
by fukuzzz | 2016-05-10 19:14 | ベトナム

リンクはどうぞご自由に


by fuku