湿潤療法って?

f0153497_15124778.jpg

約2週間ほど前、竹の子の下処理中に包丁でざっくり指を切りました。

流し台を血だらけにしながらも、急いで傷口に消毒液をふりかけて止血し、
ガーゼと包帯でしっかり手当てしたんですが・・・傷口はふやけたように
白くなっていつまでもくっ付かず、ガーゼ交換の度に流血して大変でした。。

どーもこれ、この頃の切り傷治療法からみると、大間違いのやり方らしいですよ。
し、知らなかったばい(恥)

ご参考までに、最近の治療法として注目を集めている湿潤療法のリンク



しかし、ある意味今までの常識を覆すような治し方だよねえ。
傷口の消毒は不必要であり、むしろ患部にとっては逆効果だなんて・・・。

そういえば、TVのCMでも湿潤療法のキズ絆ってのを見たような気がするけど、
こっちは昭和生まれで、子どもの頃から切り傷・擦り傷にはアカチン塗って
育ってる世代なんで、あれを見てもイマイチなんのこっちゃ!?でございました。


嗚呼・・・またひとつ、昭和は遠くになりにけり。ですかねえ(⌒.⌒;
あ、そうだ。
指の傷は、ものは試しとやってみた湿潤療法でかなり快方に向かっています。
(皮膚の再生に役立つ滲出液が消毒でダメになったので、紫雲膏を塗布して密封)
by fukuzzz | 2013-04-24 16:21 | 日記

リンクはどうぞご自由に


by fuku