バインチュン(ベトナムのちまき)

f0153497_160074.jpg

バインチュンは、テト(旧正月)やおめでたい席には付き物のベトナムのお祝い料理です。
今まで何度かご馳走になったにもかかわらず、正しい食べ方を知らなかったもので、
遊びに来ていたフエちゃんにいろいろと指導してもらいました。




f0153497_16524233.jpg

まずは正しい切り方。
このように葉っぱの包みを外したら、バインチュンを包んでいる竹のひもを細かく裂いて
放射状に並べる。葉っぱの緑色がもち米に移っていてきれいですね。

これね~、無理して包丁でカットしようとするとベトベトになって苦労しますのさ←経験者





f0153497_170779.jpg

さて、それをひっくり返して皿に乗せ、竹のひもをクロスさせてぐいっと引っ張ると。





f0153497_1725399.jpg

はい、このようにスカッときれいに切れるんです。





f0153497_1755186.jpg

中には味付けした豚肉と、たんねんに緑豆をすりつぶした物が詰まってます。

もち米を葉っぱで丁寧に密封して大鍋で煮ること半日以上、こうして作ったバインチュンは
常温で長期間の保存に耐える優れた保存食なんだそう。





f0153497_16452963.jpg

もちろん、そのまま食すのが基本の薄味バインチュンですが、こんなふうに焦げ目がつくまで
フライパンでこんがり焼いて食べるというやり方を今回教わりました。

うんま~いんだコレが!!
さらにベトナム醤油をたらして食べるとがっつり味に変化します。うまか・・・(感涙)

ちなみに、こちらのバインチュンはフエちゃんの実家のお父さん謹製でした。
おと~さん、いつもおいしいバインチュンをご馳走さま!


f0153497_17153970.jpg

by fukuzzz | 2013-02-25 17:29 | ベトナム

リンクはどうぞご自由に


by fuku