ベトナムの結婚式とは

f0153497_1555814.jpg

国が違えばしきたりも違うということで、コメント欄でもベトナムの結婚式ってどういうものなの?
という話もありましたので、ここで軽くご説明したいと思います。
(とはいえ、私もまだ未体験ですから現段階で分かっていることだけ)



まず、
我が家のケースに限って申し上げれば、結婚式は二日間にわけて行われます。
その第一日目は花嫁の実家での結婚式(ここには結納の儀式も含まれるようです)



当日、
てんこもりの結納品を携えた人々と新郎・新郎両親が花嫁の実家を訪れ、新郎の両親は
花嫁一族の長老にご挨拶。
(本来ならば、新郎一族の長老と新婦一族の長老同士が挨拶するらしい)


さあ、めでたく長老のお許しが出ると新郎新婦が揃って登場し、二人は並み居る出席者の方々に
タバコやお茶を勧めて、かいがいしく接待します。



その後、ご先祖のお仏壇に向かって新郎新婦の拝礼や指輪交換等々が執り行われ。
それらが終了すれば約700名ほどのゲストと共に・・・
飲んだり、食べたり、歌ったり、踊ったり。

はい、そーなんです。来賓祝辞はさくっとカットされてます。
日本みたいに堅苦しいありがたい来賓祝辞をかしこまって聞くこともありません。
出席者全員が厳粛な儀式であるとの自覚を持ちつつ二人を祝福し、ただひたすら、


好き勝手に飲んだり、
食べたり、歌ったり、踊ったり。


すれば宜しいようでございます。
ちなみに散会の時間も決まっていないので、疲れたら自分だけ一足先に帰ることも可能。


あ~、こんな自由な結婚式だったらいつでも出たいよね~(笑)





↓参考動画





さて、第二日目は披露宴。
昨日同様に新郎と新郎両親が花嫁さんの実家までお迎えに行き、両家一族が揃ったところで披露宴会場へと向かいます。


式次第は日系のホテルでの披露宴だからか、ほぼ日本のものと変わりません。
ただし、ここでも来賓の祝辞その他は省略されます。面白いのは、場を盛り上げるためにプロの演奏家や歌手が来て
賑やかに楽しくやってくれるらしい。
そう、気分はまるでディナーショー♪♪←完全に浮かれている


てなわけで、軽くざっくりとですがベトナムにおける結婚式の様子をご紹介してみました。

f0153497_14395226.jpg

若いっていいよねえ。どうかその日を忘れずずっと幸せに^^
by fukuzzz | 2012-02-16 16:30 | ベトナム

リンクはどうぞご自由に


by fuku