かつらの湯 丸栄旅館-その2-

f0153497_19535721.jpg

さて、夕飯のご紹介。
ご覧の通り山の幸メインの素朴な食卓ですが、山奥の温泉宿に来てまで活アワビの踊り焼きや
マグロの刺身が食いたいとは思いません。
いわゆる定番の旅館飯を見飽きた目には、こういう地味ご飯がとても新鮮に映ります。
一品一品を大切に味わっていただきました。滋味豊かでたいへん旨かったです^^

【以下お品書き】
・岩魚の塩焼き
・岩魚の刺身
・なめこ和え
・豆腐の山芋包み焼き
・鯉の甘露煮
・しし肉?の陶板焼き
・一口蕎麦
・出汁豆腐
・独活の醤油漬け
・ごはん 岩魚の吸い物 香の物






f0153497_1957975.jpg

なかでもこの鯉の甘露煮が、くぅ~~っと唸るほど旨いのでありますよ♪





f0153497_1958813.jpg

翌朝の朝ご飯。
・温泉粥
・温泉玉子
・きんぴら
・野沢菜とじゃこのふりかけ
・岩魚の甘露煮
・焼き海苔
・煮豆
・山芋スライス
・ごはん 味噌汁 香の物 デザートの果物






f0153497_1958553.jpg

乳白色の温泉水で炊きあげた温泉粥。
身体の芯まで温もるような、微かに感じる酸味と塩気がたまらん絶品お粥でおました^^





f0153497_19593762.jpg

売店で購入した「とちの実煎餅」もオススメ。
栃の実を混ぜた生地に蕎麦の実が乗っていて、かりっと風味豊かに焼き上げられている。
パッケージがまたかわゆいし。





f0153497_2002336.jpg

丸栄の女将さんと大将。
オリーブ似の気さくで明るい女将さんは働き者。
見るからに山男な大将はおっとりしてるが頼り甲斐がありそう。


お二方、その節はたいへんお世話になりました。 
いかに震災後の影響とはいえ、あの日はたった2組の泊まり客のために、お心づくしのおもてなしを
ありがとうございます。お陰さまで疲れた身体と心が元気になりましたよ、ほんとうに。
また伺いますので、今度ともよろしくお願いします^^





f0153497_2083818.jpg

昨今のニュースでも伝えられているように、この震災で観光業界は大打撃を受けているとのこと。
実際に自分の目で見た限り、たしかにどこに行っても観光客の姿はまばらでした。

衝撃的な震災で気持ちがダウンするのは分かります。今もなお苦しんでいる被災地の方々を
横目に、自分だけ楽しむ気分になれないのも分かります。しかし、無傷の私たちがまず元気に
ならなければ、被災地に元気を届けることもできないのではとも思うのです。

ということで、個人的に自粛ムードを自粛することにしました。
元気になれニッポン!! と心に念じながら。

上の圧倒的に美しい山画像は、白骨温泉に行く途中に撮影したものです。
私が訪れたのは4月11日でしたが、山には残雪がまだありました。
4月下旬ともなれば一斉に緑が燃え立って、さぞかし見事な景色になるのでしょうね^^

「かつらの湯 丸栄旅館」の情報はこちらから
by fukuzzz | 2011-04-19 20:50 | 日本の旅

リンクはどうぞご自由に


by fuku