かつらの湯 丸栄旅館-その1-

f0153497_1911543.jpg

母の見舞い帰り、長野県の白骨温泉に立ち寄りました。
この山あいの静かな宿には、今回二度目の宿泊であります。





f0153497_192654.jpg

丸栄旅館は山岳登山客の宿泊も多く、まるで“つげ義春”の漫画にでも出てきそうな、
一昔前の温泉宿というか、そんなレトロムード漂うマニアック感満載の素敵なお宿。




f0153497_1925039.jpg

白骨温泉が、どんだけ山奥かという証拠写真。
この画像だと、丸栄旅館は有名な「泡の湯」に隠れて見えませんが。。





f0153497_1935697.jpg

で、館内はこんな感じ。
泊まったのは新館でしたが、レトロ感の強い旧館の方が味わい深いかも。
ロビーの薪ストーブもいい味出してます。




f0153497_1951127.jpg

続いて女湯。湯は見事なまでの乳白色でもちろん源泉かけ流し。

硫黄の香り立つ熱い湯は、骨の髄まで染み通るような心地よさ。
窓の奥には露天風呂(しかも混浴)があり、老若男女がバスタオルを身体に巻き付けて
みんな仲良く入ります。初めて見たときには驚いたけど、若い女の子もお構いなしに
けっこう入ってましたな^^;  お風呂は24時間入浴可なのがありがたい。




f0153497_1961247.jpg

当旅館のアイドル犬、テンくん。
とにかく人懐っこいワンコで、毎晩-7℃の戸外の犬小屋で就寝している猛者です(笑)


その2に続く。

かつらの湯 丸栄旅館」の情報はこちらから。
by fukuzzz | 2011-04-19 20:52 | 日本の旅

リンクはどうぞご自由に


by fuku